PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. BlackmagicDesign製品事例:4K StudiosのUltra HDネットワーク「UltraFlix」の場合
News

BlackmagicDesign製品事例:4K StudiosのUltra HDネットワーク「UltraFlix」の場合

2015-01-09 掲載

Blackmagic Designの発表によると、サンフランシスコの4K Studiosが、新しい4KワークフローにBlackmagic Production Camera 4K、ATEM Production Studio 4K、DaVinci Resolveなどの同社製品を多数使用しているという。4K Studiosは既存メディアの変換やオリジナル素材の作成を行い、新しいUltra HDネットワーク「UltraFlix」を運営している。

4K Studiosは、3D、ゲーム、メディア&IPテレビ、モバイルアプリ、製造など、エンターテイメント業界の全分野に重点を置くテクノロジー企業であるNanoTech Entertainmentの完全所有子会社。CES2014で発表されたUltraFlixは完全4K Ultra HDストリーミングネットワークで、Samsung、VIZIO、Sonyなどのアンドロイドデバイスや、Smart 4K Ultra HDテレビを含む多くのプラットフォームで使用されている。

Blackmagic Production Camera 4K、ATEM Production Studio 4K、DaVinci Resolveに加え、4K StudiosはHyperDeck Studio Pro SSDレコーダー、SmartScope Duo 4Kモニター、DeckLink 4K Extremeキャプチャーカード、多数のMini Converters HDMI to SDIを使用して、同スタジオの持つ多くのデジタルチャンネル用の多種類のデジタルフォーマットやストリーミング対応メディアを作成している。

4K Studiosのシニア・プロデューサーであるオーウェン・モリス氏は、様々なコンテンツソースのクリーンアップと圧縮を担当。同スタジオの受け取るコンテンツソースは、その多くが35mmフィルムだという。

モリス氏:35mmフィルムを4Kでスキャンした後、それをDaVinci Resolveで開いてカラー調整とクリーンアップを行います。さらにマスタリングしたフィルムを、ストリーム対応のクラウドに保存します。DaVinci Resolveは、今までで最大の変革をもたらしました。私たちは1本のフィルムを6TBの非圧縮4Kにスキャンします。フィルムの1リールあたり約1TBになります。さらにそれらの巨大なシーケンスのカラーグレーディング、つなぎ、同期を行う必要があります。

DaVinci Resolveは素晴らしいオールインワン・アプリケーションで、完成したマスターファイルを1ステップで出力できます。DaVinci Resolveのダストクリーニング・ツールはクリーンアップ能力が非常に高く、他のダメージ修復ソフトウェアを使う必要がないので、制作の時間を大幅に削減できます。

150109_BMD_01b

HyperDeck Studio ProおよびSmartScope 4Kは、古いカンフー映画のキャプチャーに使用されている。キャプチャーされたコンテンツは、クリーンアップしてHDに変換される。

モリス氏:古いテープを低解像度でリアルタイムでキャプチャーし、そのファイルをHDに変換します。HyperDeckとSmartScopeを組み合わせて使用することで、古いフォーマットから作業可能なファイルを作成できます。

4K Studiosは既存のコンテンツを変換するだけでなく、Blackmagic Production Camera 4Kを使用して独自のUltra HDコンテンツも作成している。4K Studiosは4Kチャンネルの素材として、30分のエピソードシリーズの制作や、様々な題材のショートビデオ/プロモーションビデオの撮影も行っている。

モリス氏:高品質の4Kで撮影できるカメラから、4Kライブをインターネットにストリーミングできるのは本当に素晴らしいですね。それだけでなく、カメラをATEMおよびDeckLinkと併せて使用して、DaVinci Resolveでライブグレーディングも行っています。現在は、4Kゲームチャンネルを計画しています。Blackmagicのカメラ、ATEM、DeckLinkを使用して、素晴らしい4Kストリームが制作できると期待しています。

150109_BMD_03b

モリス氏はTwitchのようなストリーミングチャンネルを計画しており、ゲーマーやエンターティナーたちが集い、ゲームを楽しめる場所が提供される予定だという。Blackmagic Production Camera 4Kと他の数種類のカメラで撮影を行い、ATEM Production Studio 4Kでカメラのフッテージとゲームのライブフィードをミックスして4Kストリームを作成する。

モリス氏:ビデオゲームを4Kで放送するのがアイデアです。ATEMなら、種類の異なるビデオソースのキャプチャーや取り扱いだけでなく、最終的な4K信号の放送までもが可能です。ゲーム開発者は、Blackmagic Design 4K製品の付加価値によって、自分のゲームを高解像度で紹介できるのです。


[ Category : ]
[ DATE : 2015-01-09 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. BlackmagicDesign製品事例:4K StudiosのUltra HDネットワーク「UltraFlix」の場合