PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 屋内でも利用できる自動モーショントラッキング・ロボットカメラPIXIO

News

屋内でも利用できる自動モーショントラッキング・ロボットカメラPIXIO

2015-02-09 掲載

屋内外問わずできるロボットカメラシステム「PIXIO」を紹介する。1月に開催されたCES2015が初めての一般公開となったPIXIOは、仏Move ‘N Seeが開発している業界初めての屋内用ロボットカメラシステム。従来のようにGPS追跡技術を使わず、レーダー誘導技術を利用することで屋内でのトラッキング機能を可能にした。

150209_BMX-Trick-rotation

PIXIOでは1mから最大100mの距離内で利用でき、ウェアラブルのトランスミッター(タグ)を装着している被写体を追いかけて360度パンニング、ズームしながら撮影する。屋内での撮影であればズームだけで十分で、チルトの動作は必要ないという。トラッキング速度は秒速90度。たとえば、20m離れたところだと100km/hの速度で動く。PIXIOにマウントできるカメラはカムコーダーからDSLR、アクションカムと問わず、トランスミッターから撮影のオンオフやズーム機能が反映できるカメラモデルも幅広い。PIXIOのバッテリーはリチウムイオンで、USBで充電を行う。稼働時間は3時間程度。タグはワイヤレスで充電でき、一回の充電で4時間駆動する。

150209_remoteapp

PIXIOは1台で16個のタグを、また16台のPIXIOで1個のタグを認識できる。複数のタグの場合は距離の一番近いタグ、もしくはタグからPIXIOを呼んで接続する。またはリリースされるリモートアプリで、自由にPIXIOとタグを結び付けられる。インドアのチームスポーツのトレーニングなどでトレーナーが撮りたい選手のタグとPIXIOを自由に変えられる。このリモートアプリではタイムラプスの時間間隔を設定する機能がつくようだ。

本体は800g、タグは70g。製品は現在、最終的段階のプロトタイプで量産に向けて予定を進めている。出荷は9月頃を予定。価格は現在IndieGoGoで499ドル~599ドルに設定されている。日本での発売は未定だが、IndieGoGoでは日本への出荷も受け付けている。Move ‘N Seeは既に2011年に一般のGPSを利用する屋外用ロボットカメラ「E-FullMotion」をリリースしている。E-FullMotionは1km範囲まで認識し、カメラのチルトも自動化されている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-02-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CES2018]パナソニック、高感度撮影に対応したCinema4K/60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-GH5S」を発売

パナソニックは、Cinema4K/60p動画記録が可能なレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX DC-GH5S」を2018年1月25日より発売する。希望小売価格はオープン。市場... 続きを読む

[CES2018]Arashi Vision、8レンズのVRカメラと6DOFライトフィールドカメラを発表

写真はライトフィールドカメラ用の新製品 360°カメラメーカーのArashi Visionは、CES2018で2つの次世代カメラを発表した。1つが8個のレンズを搭載したVRク... 続きを読む

[CES2018]LG電子、斬新なデザインの4K HDRホームプロジェクターを発表

LG電子はCES2018開催前に、HDR対応4Kプロジェクター「HU80KA」を発表した。本プロジェクターは、外姿が縦型という今までにないデザインで、サイズを従来の横置きデザインの... 続きを読む

[CES2018]DJI、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初の片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を発表

DJIは、一眼レフとミラーレスカメラ用に設計されたDJI初となる片手持ちスタビライザー「Ronin-S」を2018年第2四半期(7月~9月)に発売する。価格は未定。 DJIの... 続きを読む

[CES2018]DJI、ハンドヘルドスマートフォンカメラスタビライザー「Osmo Mobile 2」を発表

DJIは、CES 2018にてハンドヘルドカメラスタビライザ「Osmo Mobile 2」を発表した。2018年1月23日よりApple.comで先行予約を開始し、2月上旬よりDJ... 続きを読む

トップ > ニュース > 屋内でも利用できる自動モーショントラッキング・ロボットカメラPIXIO