PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > JVC、4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-LS300」を発売

News

JVC、4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-LS300」を発売

2015-02-19 掲載

株式会社JVCケンウッドは、4K解像度で映像記録・再生が可能なハンドヘルドタイプの業務用4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY‐LS300」を2015年3月下旬より発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税抜46万円。

GY‐LS300は、AltaSens社が新開発した4K対応Super35mm CMOSセンサー(総画素数約1,350万画素)を搭載しており、4K(3840×2160)で24/25/30pの記録・再生が可能。H.264コーデックで4K撮影時には150Mbpsの高解像度記録、HD撮影時には50Mbps4:2:2の記録に対応する。レンズマウントには、マイクロフォーサーズシステムマウントを採用しており、対応するマイクロフォーサーズレンズであれば、アイリス、フォーカス、ズーム、光学手ブレ補正といった機能を本体から操作可能。マウントアダプターの使用により、EFやPLマウントのシネマレンズ等にも対応。

同社独自のバリアブルスキャンマッピング技術の搭載により、レンズ有効径がセンサーサイズ未満の時でも、スキャンサイズを変更することで最適なセンサー領域を設定可能だという。「Super35mm」「マイクロフォーサーズ」「Super16mm」などのさまざまなレンズに対応。

150219_JVC_GY-LS300_2133 SDHC/SDXCメモリーカード2枚でリレー記録、デュアル記録、バックアップ記録が選択可能

記録メディアはSDHC/SDXCメモリーカード。カードスロットを2基搭載し、リレー記録、デュアル記録、バックアップ記録の3つの記録方式が選択可能。ビデオフォーマットは、MPEG‐4 AVC/H.264(4K/HD/SD/Web)、AVCHD(HD/SD)、ファイルフォーマットは、QuickTime(MOV)とAVCHDに対応する。また、デジタル出力としてHD/SD SDI端子とHDMI端子を装備。3G対応のSDI出力や、HDMI端子からは4Kを含めた外部出力が可能。非圧縮フルHD映像信号と音声信号をSDI端子とHDMI端子から同時に出力することも可能だ。

150219_JVC_GY-LS300_2186 ネットワークアダプター端子の搭載により、モバイル端末でのリモート操作が可能

ネットワークアダプター端子を装備し、カメラへの直接接続、またはアクセスポイント経由で各種モバイル端末によるリモートビューイングに対応。REC/PAUSE、フルオート、ズーム、アイリス、フォーカス調整等のカメラ操作や、ゲイン、シャッタースピード、ホワイトバランス等の詳細設定も各種モバイル端末からリモートコントロールが可能。ネットワーク経由で映像(HD/SD/Proxy)・音声のストリーミングが可能だ。クラウドサービス「Zixi」や、「Ustream」によるライブストリーミングにも対応している。

またJVCケンウッドは今回の新製品発表にあわせ、2月19日に同社丸の内ショールームにて開催されたGY‐LS300の体験会イベントでは、新製品GY-LS300の説明や、オリンパス社のマイクロフォーサーズレンズ「M.ZUIKOレンズ」の紹介が行われた。

150219_JVC_GY-LS300_yamada GY-LS300の説明を行う株式会社JVCケンウッド 光学&オーディオセグメント クリエーションBU 商品企画部の山田宏氏

JVCケンウッドの山田氏より、GY-LS300の主な特長である、Super35mm CMOSセンサー、マイクロフォーサーズシステムマウント、バリアブルスキャンマッピング機能などの紹介や、バリアブルスキャンマッピング機能のデモが行われた。

150219_JVC_GY-LS300_2164 バリアブルスキャンマッピング機能により、レンズ有効径がセンサーサイズ未満の時でもスキャンサイズを変更して、最適なセンサー領域を設定可能だ 150219_JVC_GY-LS300_2135 GY-LS300とATOMOS社のSHOGUNも動作確認済みとのことで会場に展示されていた 150219_JVC_GY-LS300_2205 会場にはJVCケンウッドの体験会では初となるミニスタジオが用意され、実際にGY-LS300で撮影することができた 150219_JVC_GY-LS300_kato マイクロフォーサーズレンズ「M.ZUIKOレンズ」の紹介を行うオリンパス イメージング 開発本部 光学開発部 加藤茂氏

GY-LS300の推奨レンズとしてオリンパス社製ミラーレス一眼専用設計レンズ「M.ZUIKO」が挙げられており、オリンパス イメージング株式会社の加藤氏よりM.ZUIKOレンズを動画撮影で活かせるポイントについての解説が行われた。加藤氏によると、今まで静止画撮影向けにレンズを開発してきたが、今後は動画撮影向けのレンズもどんどん開発していく予定で、今後ラインナップも拡大していくようだ。

150219_JVC_GY-LS300_2195 M.ZUIKOレンズも展示されていた

なお、JVCケンウッドは来る2月26日(木)に、GY-LS300の機能や特長の紹介、機能デモンストレーションを行う「GY-LS300新製品セミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム。なお、参加は無料だが事前の登録が必要だ。詳細や申し込みは以下の案内ページより。
http://info.system5.jp/proseminar/archives/9437


[ Category : ]
[ DATE : 2015-02-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[IBC2019]JVCケンウッド、“CONNECTED CAM”の進化と拡大をテーマに、最新のIP映像制作ソリューションを展示

ブースイメージ 株式会社JVCケンウッドは、2019年9月13日~17日の5日間、オランダのRAIアムステルダムコンベンションセンターにて開催される欧州放送機器展「IBC20... 続きを読む

JVCケンウッド・ビデオテック、⽶国TPNによるハリウッド推奨のセキュリティ監査を実施

株式会社JVCケンウッド・ビデオテックは、米国の非営利組織Trusted Partner Network(以下:TPN)によるハリウッド推奨のセキュリティ監査を実施したことを発表し... 続きを読む

「JVCケンウッド ソリューションフェア 2019」が開催!新製品「CONNECTED CAM STUDIO」や、4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-HC550/HC500」を展示

株式会社JVCケンウッドと株式会社JVCケンウッド・公共産業システムは、2019年7月22日~23日の2日間、東京・秋葉原のアキバ・スクエアにて「JVCケンウッド ソリューションフ... 続きを読む

JVCケンウッド、「JVCケンウッド ソリューションフェア 2019」を開催。「映像」「音響」「無線」技術を生かしたさまざまなソリューションを提案

株式会社JVCケンウッドと株式会社JVCケンウッド・公共産業システムは、2019年7月22日~23日の2日間、東京・秋葉原のアキバ・スクエアにて「JVCケンウッド ソリューションフ... 続きを読む

[NAB2019:JVCケンウッド]カメララインアップの拡大や、IP映像制作に向けた新たなソリューションを展示

JVCケンウッドブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goo... 続きを読む

トップ > ニュース > JVC、4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-LS300」を発売