PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ディストーム、3DCG制作ソフトウェアの新バージョン「LightWave 2015 日本語版」を発売
News

ディストーム、3DCG制作ソフトウェアの新バージョン「LightWave 2015 日本語版」を発売

2015-03-03 掲載

株式会社ディストームは、同社が取り扱うNewTek社製3DCG制作ソフトウェアLightWave 3Dの新バージョン「LightWave 2015 日本語版」を発売開始した。希望小売価格は以下の通り。

■新規ライセンス製品

  • LightWave 2015 日本語版/ダウンロード版
    税抜148,000円
  • LightWave 2015 日本語版/パッケージ版
    税抜149,000円

■アップグレード製品
※対象者:LightWave 11.X以下の日本国内登録ユーザー

  • LightWave 2015 日本語版アップグレード/ダウンロード版
    税抜58,800円
  • LightWave 2015 日本語版アップグレード/パッケージ版
    税抜59,800円

LightWave 2015は、Bullet物理演算に新たにコンストレイント機能の搭載、リグセットアップシステムGENOMAの改善と強化、ジオメトリの交差箇所におけるセルエッジを実現する交差エッジ機能、背景画像を利用してシーン上の床面やオブジェクトを容易に配置可能なパースペクティブとのマッチング機能、ペアレント作業をインタラクティブに設定可能な機能、ボーンに対するダイナミクスの設定などの新機能を搭載。さらに制作作業の効率化を考慮し、アイテム検索機能、モデラー上でダブルクリックによる選択解除、イメージビューワーからのコピーアンドペーストなどの機能も搭載している。新機能の詳細は下記の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • BULLET物理演算
    物理演算シミュレーションに、スプリングやヒンジといったパワフルな「コンストレイント機能」が追加されました。このコンストレイント機能の強化により、車のサスペンションを地形に沿わせて動かしたり、人形が階段から転げ落ちるようなシミュレーションといった非常にパワフルな演出ができるようになりました。
  • GENOMA 2
    LightWave 2015のリグセットアップシステムに新しく「GENOMA2 リギング開発キット(RDK)」が搭載されました。リギングに精通している方であれば、GENOMA2を使うことで、数学的エクスプレッションやスクリプトを組み入れ、どんな複雑なキャラクタアニメーションのパイプラインにもフィットするカスタムプリセットを生成することができます。
  • エッジのレンダリングを改善
    「交差エッジ(Intersection Edge)機能」のサポートにより、アニメスタジオ待望のジオメトリの交差箇所におけるセルエッジをVPR(ビューポートプレビューレンダリング)上でリアルタイムに確認しながらセルレンダリングをコントロールできるようになりました。加えて、「パッチ境界(Patch Borders)機能」のサポートにより、サブディビジョンパッチの境界線をレンダリングできるようになりました。メッシュのトポロジを表示させたい方には最適です。更に、「エッジバッファ(Edge Buffer)機能」のサポートによりレンダリングした全てのエッジ情報をバッファとして保存することができるようになり、合成ソフトウェアを利用して後処理を行うことが可能になりました。
  • 重点サンプリング機能
    LightWave 2015にて新しく搭載された「重点サンプリング」機能を利用することで、シーン上の背景照明によるライトの品質を向上させ、更にアンチエイリアシング処理による複雑な設定を必要とすることなく、様々なライティングの輝度の強弱から生じるノイズや斑点を除去し、よりクリーンに、より正確なレンダリング結果を作り出すことができるようになりました。
  • パースペクティブとのマッチング
    これまで背景画像に対してLightWaveのシーン上を合成させることは経験と熟練のテクニックを必要としていました。この「パースペクティブとのマッチング」機能の実装によって、背景画像に対して、シーン上の床面や壁、オブジェクトの配置をインタラクティブにマッチングさせることができるようになりました。
  • インタラクティブなダイナミックペアレント
    LightWave2015にて新しく搭載された「ダイナミックペアレント(動的な親子関係)」機能により、アイテム間の親子関係の切り替えをビューポート上で直感的に設定できるようになりました。アニメーション制作の作業効率を飛躍的にスピードアップさせることができます。

[ Category : ]
[ DATE : 2015-03-03 ]
[ TAG : ]

関連記事

アスク、KiloviewのNDI対応コンバーターおよびストリーミングデバイスの国内取扱い開始

株式会社アスクは、ビデオエンコーダー、デコーダー、コンバーターなど、IPベースのビデオ伝送デバイスを開発・製造するKiloview社製品を日本国内で取扱い開始すると発表した。 ... 続きを読む

ヴァイテックイメージング、「JOBY ブイログ コンテスト~Have fun.Create.ジョビーを使って、"楽しい、笑顔の夏を撮ろう"」開催

ヴァイテックイメージング株式会社は、2021年8月1日〜9月30日までの期間中、「JOBY ブイログ コンテスト~Have fun.Create.ジョビーを使って、"楽し... 続きを読む

ソニー、Vlogコンテスト「Sony Vlog Challenge 2021」開催

ソニーは、世界の映像クリエイターからVlog作品を募集するVlogコンテスト「Sony Vlog Challenge 2021」を開催中だ。作品の応募期間は2021年9月27日まで... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、ライブプロダクション用Blackmagic Studio Cameraの新シリーズを発売。すべてのコネクターを搭載したProモデルと低価格のPlusモデル登場

Blackmagic Designは、ライブプロダクション用Blackmagic Studio Cameraの新シリーズを発売した。ラインナップと希望小売価格は以下の通り。 ... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、HyperDeck Studio新シリーズを発売。SDカードまたはSSDメディアを使用して、H.264、ProRes、DNxファイルを収録・再生可能

Blackmagic Designは、HyperDeck Studioの新シリーズを発売した。ラインナップと希望小売価格は以下の通り。 HyperD... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、「Blackmagic Web Presenter 4K」発売。H.264ハードウェアエンコーダーを搭載してUltra HDネイティブ解像度での配信に対応

Blackmagic Designは、Blackmagic Web Presenterシリーズの新製品「 Blackmagic Web Presenter 4K」を発売した。... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ディストーム、3DCG制作ソフトウェアの新バージョン「LightWave 2015 日本語版」を発売