PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2015:キヤノン]新製品XC10やEOS C300 Mark II、放送用ズームレンズなどの4K対応新製品が勢揃い
News

[NAB2015:キヤノン]新製品XC10やEOS C300 Mark II、放送用ズームレンズなどの4K対応新製品が勢揃い

#NAB SHOW #Canon #ブースレポート #NAB2015

2015-04-15 掲載

キヤノンブース動画

キヤノンブースレポート

NAB開催直前に4KビデオカメラXC10および、4K対応のデジタルシネマカメラEOS C300 Mark II、業務用24型4KリファレンスディスプレーDP-V2410などを発表したほか、放送用スタジオ/フィールドレンズDIGISUPERシリーズの試作機をNABに出展することも発表した同社。

会場にはこうした新製品のほか、歴代の箱型ズームレンズやENGズームレンズ、PLマウントレンズなどがショーケースに並べられていたり、レンズメンテナンスの実演コーナーやレンズに搭載されている各種技術展示、ハンズオンコーナー、プリンターなど同社の製品の過去から未来、そして投入されている関連技術やメンテナンスの実際など幅広い内容となっていた。

カメラとレンズの試作機は数台しかなかったが、スタジオ周囲にあるカメラには新製品の4KモニターDP-V2410が数多く投入されており、カメラの画質がよく分かるようになっていた。こうした展示会では他社製のモニターだったり、個々のモニターの調節がバラバラで横並びの比較ができないことが多いがリファレンスディスプレーDP-V2410はクオリティも高く、よく見るとカメラのアラも識別できるほどだ。

NAB2015_Canon_0795 PLマウントレンズのラインナップ NAB2015_Canon_0801 普段見ることのできないレンズのメンテナンス作業のデモ

やはり人気なのは4KカメラXC10で、いつも人だかりで順番待ちとなっていたが、間近で見るとかなり小さいという印象で、民生機のようにタッチディスプレイモニターを採用している。3型のモニターなので画面選択はちょっとやりづらい気もするが操作性はスマホとそれほど差はなく扱える。ボディサイズが小さいので操作ボタンなどを配置するより合理的といえるだろう。ピントの確認も画面拡大機能があるので安心だ。

XC10はキヤノン独自のビデオフォーマットXF-AVCを採用しているほかCanon LogガンマやワイドDRガンマを選択可能となっており、小さいながらも業務用カメラとしてしっかりした設計になっている。4K収録となると圧縮コーデックにもよるが転送レートも高い必要がありCFast 2.0メモリーを使用するようになっている。国内ではまだあまり普及しておらず価格的にもまだ値頃感が出ていないが、今後こうしたカメラの普及により解消していくと思う。ちなみにHD記録ではSDメモリーに記録可能となっている。

NAB2015_Canon_0825 4KカメラXC10。民生機のような大きさとデザインだがCanon LogガンマやXF-AVCなどを搭載している NAB2015_Canon_0819 人の指の大きさで比較してみるとそのサイズがなんとなくわかると思う。ディスプレイの視認性はよく、ピント確認のために拡大表示に対応している NAB2015_Canon_0778 参考出品の4Kレンズ。F1.7、2倍のエクステンダーとIMAGE STABILIZERを搭載している

参考出品の4Kレンズは現状のHD対応機種と同等の運用性や操作性を備えた仕様となっており、4K撮影時でもHDと同じ運用性を実現している。マウントはB4で2/3型3板プリズム光学系を搭載したカメラ用だ。すでに今回のNABでカメラメーカーが対応したカメラを発表しており、こうしたカメラに適合したレンズとなっている。発参考出品なので正式な仕様は公開されていないが2倍のエクステンダーとIMAGE STABILIZERを搭載。展示のレンズはF1.7となっており、レンズサイドには“UHD DIGISUPER”のロゴが付いていた。

NAB2015_Canon_0804 小型HDビデオカメラXF205。フォーカスとズーム、アイリスは独立操作可能なほか最大120°回転可能なグリップを採用している NAB2015_Canon_0808 視認性のよい3.5型の有機ELモニターを搭載のXF205

[ Category : , , ]
[ DATE : 2015-04-15 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[Camera Preview 2020]Vol.03 C300 Mark IIとVideo Assist 12GでBlackmagic RAW収録を実現

txt:松盛俊道 構成:編集部 Video Assistにレコーダーを搭載。バックアップレコーダーとして活用可能 筆者は神戸や大阪を中心に、ブライダルの撮影や映像製作に... 続きを読む

[Camera Preview 2020]Vol.01 スキントーンが破綻しにくいDGOセンサー搭載シネマカメラ「C300 Mark III」登場。カメラマン手嶋氏に聞く

txt 構成:編集部 撮影:小山田有作 「フィッシュマンズ」のヒューマンドキュメンタリー制作をC300 Mark IIで撮影 今年の春に発表されたシネマカメラの中でも、... 続きを読む

[再現NAB2020]まとめ:キヤノン編

製品レポート EOS C300 Mark III CINE-SERVOレンズ 業務用... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]新開発センサー搭載により16+Stopsの高ダイナミックレンジと低ノイズを実現した「EOS C300 Mark III」

4K120P撮影に対応したデジタルシネマカメラ「EOS C300 Mark III」 キヤノンがNAB2020で展示予定だった新製品「EOS C300 Mark III」は、... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]1.5倍のエクステンダーをレンズ本体に内蔵したEFシネマレンズ「CINE-SERVOレンズ」シリーズ

CN10×25 IAS S/E1(EFマウント)、CN10×25 IAS S/P1(PLマウント) キヤノンがNAB2020で発表予定だったのは、8Kカメラに対応する光学性能... 続きを読む

[再現NAB2020:キヤノン]業務用4Kディスプレイ7製品のファームウェア発表

DP-V3120/V2421/V2420/V2411/V2410/V1711/V1710のファームウェア発表 キヤノンは、同社の業務用4Kディスプレイ7製品(DP-V3120... 続きを読む

[再現:CP+2020]Vol.04 キヤノンはプロ向けとともにコンセプトカメラ展示を大プッシュ

取材・文:編集部 撮影:小山田有作 この緑のエリアは何?若者や女性に支持される新型カメラを本気で展示予定だった 毎年、CP+展示会場の中でも圧倒的な存在感のキヤ... 続きを読む

[Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019]Vol.16 会場で気になったあれこれ

txt・構成:編集部 美しい肌の色調と滑らかなボケ味を実現したPLプライムレンズ「Sumire Prime」 キヤノンは、NABで発表したSumire Prim... 続きを読む

特集記事

ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2015:キヤノン]新製品XC10やEOS C300 Mark II、放送用ズームレンズなどの4K対応新製品が勢揃い