PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニーPCL、8K対応ポスト編集室を8月下旬からオープン。Pablo Rio 8Kを業務用として世界初導入

News

ソニーPCL、8K対応ポスト編集室を8月下旬からオープン。Pablo Rio 8Kを業務用として世界初導入

2015-06-23 掲載

ソニーピーシーエル株式会社(ソニーPCL)は、現行の4Kポスト編集室「208 Pablo Rio 4K/3D Editing Room」の中核システムであるQuantel社製「Pablo Rio 4K」を「Pablo Rio 8K」にアップグレードし、8月下旬から運用を開始すると発表した。

Pablo Rio 8Kは、8K/60pまでのカラーグレーディング・編集、リアルタイムでのプレビューが可能なシステム。4K映像制作の効率向上も期待でき、8Kキャンバスの広さの有効に8K×2K、8K×1といった4K以上の解像度且つアスペクトフリーの映像表現を叶える制作環境が実現するという。Quantel社曰く、Pablo Rio 8KはNHKから技術協力を得て開発された。8系統の3Gインターフェイスをシングルカードで持つAJA社製のCorvid 88マルチチャンネルI/Oにより、5GB/秒という高速データ転送が実現する。ストレージはRAID 60×3構成のEBODで、8K60pの映像データを160分ほど格納できるという。

ソニーPCLは併せて、206編集室の「iQ Pablo」もハイフレームレート対応のシステム「Pablo Rio 4K HFR」へ更新する。コントロールパネルをNeo Nanoから大型Neoに替え、カラーグレーディング、4K/60pのリアルタイムプレビューが可能になる。CineAlta Premium 4Kカメラ「F65」/CineAlta 4Kカメラ「PMW-F55」のRAWデータ素材や、XAVC素材をネイティブに取り扱える。更に301編集室の3D VFXシステムのAutodesk社製「Flame Premium」のシステム環境を4K/60pのリアルタイムプレビュー対応できるよう7月下旬にプラットフォームをバージョンアップする予定。

ソニーPCLが、国内初の3D/4K対応として208編集室に「iQ Pablo 4K」を導入・運用開始したのは2009年。当時も4K対応モニターを揃えて忠実な映像の確認ができる環境を整えるのが難しかったとみられるが、今回の8K編集環境に備えての8Kモニターについては、同社から開示されていない。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-06-23 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発

3次元映像の表⽰例 NHKは、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独自の3次元映像表示方式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の高精細な3次元... 続きを読む

アストロデザイン、「“さっぽろ雪まつり”8K非圧縮映像伝送実験」に参加

アストロデザイン株式会社は、国立研究開発法人 情報通信研究機構 総合テストベッド研究開発推進センターが主催する「“さっぽろ雪まつり”8K非圧縮映像伝送実験」に参加したことを発表した... 続きを読む

アストロデザイン製品事例:韓国放送公社(KBS)の場合

8K120Hz対応ポータブルカメラ AB-4815 アストロデザイン株式会社の発表によると、韓国の公営放送局である韓国放送公社(以下:KBS)が、8K 120Hz対応ポータブ... 続きを読む

シャープ、5G対応の8Kワイドカメラ搭載スマートフォン「AQUOS R5G」を発表

「AQUOS R5G」(左から、アースブルー、ブラックレイ、オーロラホワイト)※開発中につき、発売時にデザインや仕様が変更になる可能性がある シャープは、第5世代移動通信シス... 続きを読む

ソニーPCL/スタジオブロス/モデリングブロス、リアルタイムCG制作技術を用いたコンテンツビジネス拡大を目的とした協業に合意

ソニーピーシーエル株式会社(以下:ソニーPCL)と株式会社スタジオブロスおよび株式会社モデリングブロスは、B2B市場におけるリアルタイムCG制作技術を用いたコンテンツ制作ビジネスの... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニーPCL、8K対応ポスト編集室を8月下旬からオープン。Pablo Rio 8Kを業務用として世界初導入