PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、解像度4,096×2,400の4Kプロジェクターを開発中。短い設置距離でも大画面投写が可能

News

キヤノン、解像度4,096×2,400の4Kプロジェクターを開発中。短い設置距離でも大画面投写が可能

2015-09-01 掲載

キヤノンは、4Kデジタルシネマ(4,096×2,160)を上回る解像度4,096×2,400に対応した5,000lmのLCOS液晶プロジェクターを開発中であることを発表した。2016年に4Kプロジェクター市場参入を目指している。

プロジェクターは、高輝度になるほどランプや冷却装置が大きくなりサイズが大型化してしまうが、開発中の同4Kプロジェクターは、同社独自の光学システム「AISYS」により、5,000lmの輝度と小型・軽量化を同時に実現しているという。また、新開発の4K対応ワイドズームレンズを搭載しており、短い設置距離でも大画面投写が可能で、ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせることが可能だという。


[ Category : ]
[ DATE : 2015-09-01 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、ポップアップ式EVFを採用した「PowerShot G5 X Mark II」を発売

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として、ポップアップ式のEVF(電子ビューファインダー)を採用した「PowerShot G5 X Mark II」を2019... 続きを読む

キヤノン、光学10倍の高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を発売

キヤノンは、同社の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、広角24mmから望遠240mmまでカバーする高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を201... 続きを読む

キヤノン、ライブ配信サービスに対応した「PowerShot G7 X Mark III」を発売。4K動画や縦位置動画にも対応

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラGシリーズの新製品として、ライブ配信サービスに対応した「PowerShot G7 X Mark III」を2019年8月上旬に発売する。希望小... 続きを読む

キヤノン、話題のシネマプライムレンズを国内初展示「Sumire Prime内覧会」開催

txt・構成:編集部 人物描写が柔らかく浮き上がるように見えるSumire Prime キヤノンは6月25日~26日の2日間、同社港南事業所で今年4月に発表したSumi... 続きを読む

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、解像度4,096×2,400の4Kプロジェクターを開発中。短い設置距離でも大画面投写が可能