PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、解像度4,096×2,400の4Kプロジェクターを開発中。短い設置距離でも大画面投写が可能

News

キヤノン、解像度4,096×2,400の4Kプロジェクターを開発中。短い設置距離でも大画面投写が可能

2015-09-01 掲載

キヤノンは、4Kデジタルシネマ(4,096×2,160)を上回る解像度4,096×2,400に対応した5,000lmのLCOS液晶プロジェクターを開発中であることを発表した。2016年に4Kプロジェクター市場参入を目指している。

プロジェクターは、高輝度になるほどランプや冷却装置が大きくなりサイズが大型化してしまうが、開発中の同4Kプロジェクターは、同社独自の光学システム「AISYS」により、5,000lmの輝度と小型・軽量化を同時に実現しているという。また、新開発の4K対応ワイドズームレンズを搭載しており、短い設置距離でも大画面投写が可能で、ドーム型スクリーンなどの曲面に光学的にピントを合わせることが可能だという。


[ Category : ]
[ DATE : 2015-09-01 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、120dBのハイダイナミックレンジを実現した監視カメラ向けCMOSセンサーを開発

キヤノンは、ハイダイナミックレンジ(HDR)での撮影を実現し、1/2.32型で有効画素数約280万画素のCMOSセンサー「3U3MRXSAAC」の開発を発表した。2019年5月下旬... 続きを読む

[NAB2019]Canonブース(動画)

NAB2019のCanonブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019:Canon]新しい映像表現を実現したPLマウントプライムレンズ「Sumire Prime」や小型ハンドヘルドの「XA」シリーズなどの新製品を展示

Canonブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、PLマウントのシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を発表

キヤノンは、PLマウントを採用したデジタルシネマカメラ用単焦点レンズシリーズ「Sumire Prime」を新たに展開し、同シリーズ7機種を2019年6月上旬より順次発売する。希望小... 続きを読む

[NAB2019]キヤノン、1.0型CMOSセンサーと光学15倍ズームレンズを搭載した4K撮影が可能な業務用ビデオカメラ「XA55」を発表

キヤノンは、業務用4Kビデオカメラの新製品として、1.0型CMOSセンサー搭載で4K/30P映像を撮影可能な「XA55」を2019年6月上旬に発売する。希望小売価格はオープン。同社... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、解像度4,096×2,400の4Kプロジェクターを開発中。短い設置距離でも大画面投写が可能