PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NHKの世界初8K SHV対応中継車が完成。池上通信機がシステム構築
News

NHKの世界初8K SHV対応中継車が完成。池上通信機がシステム構築

#NHK #Ikegami

2015-10-13 掲載

池上通信機は、9月にNHKへ8K SHV対応中継車を納車したことを発表した。8K SHVの番組制作ができる本中継車は、全長約12mで全幅2.5m、全高3.3mのハイデッカーサイズ。運用時には1m拡幅する。グローバルでの運用も配慮した「オリンピック等の世界的なスポーツイベントでの運用が可能な仕様」となっている。

NHKは海外の国際スポーツ競技の場で8K収録およびライブプロダクションの実験を積み重ねている。今回の8K中継車は、その際に現場に置かれた8Kプロダクショントレーラーの参考に、2K/4Kからのアップコンバートではなく、8K対応の機材を配置できる拡張性を備えている。NHKは来年2016年での8K中継試験を、2月にNFLサンフランシスコ49ersのリーバイス・スタジアムで開かれるスーパーボウル50とリオ五輪で実施する予定。

151013_NHK_SHC-02_1

本中継車は、池上通信機社製の8K対応カメラなど最大10台までの8Kカメラが搭載可能で、車内のライブプロダクションシステムは、16入力4出力の1M/Eスイッチャー(NEC社製)、8Kまでの各ルーター、VE用4K対応マルチビューワー(朋栄社製)、SSDスロー再生機(アストロデザイン社製)、8K録再機(パナソニック社製)、8Kテロップ装置(日興通信社製)などで構築されている。なお、8K中継車用の波長多重光伝送装置(CWDM)は平河ヒューテック社製。

池上通信機はNHK向けの中継車システム構築で多くの実績を持ち、これまでにNHKを含め800台以上の中継車を納入したという。またNHKと共同で8K SHV対応のシステムカメラを開発しており、今年3月には第4世代目の8K-SHVカメラとして、初代カメラと比べ約1/10の小型・軽量化した、初のハンドヘルド型の8K-SHVシステムカメラ「SHK-810」を発表、7月には米MLBのヤンキーズ対マリナーズ戦での8K中継試験にて採用された。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-10-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK、有機膜を積層した3層カラー撮像素子を開発

開発した3層カラー撮像素子と動作原理 NHKは、青色のみ、緑色のみの光を検出する有機膜を、赤色の光を検出するCMOSイメージセンサーの上に垂直方向に重ねて配置した、3層構造の... 続きを読む

NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発

3次元映像の表⽰例 NHKは、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独自の3次元映像表示方式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の高精細な3次元... 続きを読む

NHK、8K 22.2chでの上映イベントを開催

NHKは、BS8Kで1月から放送している8Kクラシック番組「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」を8K映像と22.2chサラウンド音響で体感できる8K上映イベントを2020年2月1... 続きを読む

[InterBEE2019]NHK、InterBEE2019出展概要を発表。“8Kスポーツ”コンテンツと最新の8K制作への取り組みを紹介

NHKは一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」... 続きを読む

NHK、フレキシブルディスプレイの長寿命化に向けた有機EL用材料を開発

フレキシブルディスプレイのイメージ NHKは、巻き取りや折り曲げができるフレキシブルディスプレイの実現を⽬指し、有機ELの研究開発を進めており、今回長寿命化に向けて新たな有機... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NHKの世界初8K SHV対応中継車が完成。池上通信機がシステム構築