PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、PXW-FS5のタッチ&トライベント「FS5:Grab and Shoot」を開催

News

ソニー、PXW-FS5のタッチ&トライベント「FS5:Grab and Shoot」を開催

2015-10-15 掲載

ソニービジネスソリューション株式会社は、2015年10月15日~16日の2日間、東京・銀座のソニービル8階OPUSにて、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS5」の体験イベント「FS5:Grab and Shoot」が開催中だ。同イベントへの入場は無料だが同社案内ページより事前の登録が必要。

同イベントでは、PXW-FS5や同社製大判カメラで撮影されたコンテンツの上映、PXW-FS5をはじめとするPXW-FS7、PMW-F55、α7シリーズなどの同社製品が展示されている。

151015_sony_4993 PMW-FS5は4K Exmor スーパー35mm CMOSイメージセンサー(総画素数約1160万画素、有効画素数約830万画素)を搭載し、4K(3840×2160)での本体記録に対応したレンズ交換式XDCAMメモリーカムコーダー 151015_sony_4998 PMW-FS5や、FS7、α7S IIのハンズオンコーナー 151015_sony_5100 2015年11月16日発売(市場想定価格:税抜42万円前後)のα7S IIも多数展示されていた

また、神奈川県を拠点に映画、CM、プロモーションビデオなどの映像制作を行っているCoast Vision Productionsの山本康士氏と、撮影監督の關根靖享氏によるFS5を使用した撮影話を、実際にFS5を使用した感想などを含めトークセッション形式でユーザーセミナーが行われている。

151015_sony_5041 FS5のコンセプト・製品ポイントの紹介、α7S IIの紹介を行うソニービジネスソリューション株式会社の井出貴大氏 151015_sony_5078 ユーザーセミナーを行ったCoast Vision Productionsの山本康士氏(写真左)と、撮影監督の關根靖享氏(写真右)

山本氏と關根しはFS5を使用した感想を次のようにコメントしている。

山本氏:今の時代に十分な予算があるプロダクションは少なく、環境や条件に制限がある中で、すごく使い勝手の良いカメラだと思います。低価格で、多くの機能を求める方にはいいカメラだと思います。

關根氏:今まで色々と重いカメラを使って撮影したことがありますが、複数のアシスタントをつけたりしないと、やはり自由に、思った時に思った通りに動かせなかったです。今回これだけ軽くて、使い勝手がよいので、自由にふりまわして撮影してみてもよいのではと思います。

FS5を使用して海外で撮影を行ったデモコンテンツ。会場では4Kスクリーンで上映されている

[ Category : ]
[ DATE : 2015-10-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、「HXR-NX80」と「PXW-Z90」に新機能のシンプルライブストリーミングを追加するソフトウェアアップデートを発表

写真左:HXR-NX80、写真右:PXW-Z90 ソニービジネスソリューション株式会社は、4K HDR対応の業務用カムコーダー「HXR-NX80」および「PXW-Z90」に、... 続きを読む

ソニー、焦点距離200mmから600mmまでをカバーする超望遠ズームレンズGレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」を発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応α(Alpha)Eマウントレンズとして、望遠200mmから超望遠600mmまでをカバーする超望遠ズームレンズGレンズ「FE 200-600mm F5... 続きを読む

ソニー、大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OS」を発売

ソニーは、35mmフルサイズ対応のα(Alpha)Eマウントレンズとして大口径超望遠単焦点レンズGマスター「FE 600mm F4 GM OSS」を2019年6月18日に発売する(... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Sonyブース、Tokinaブース、ARRIブース、Leitzブース、SHARPブースからお届けします... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、PXW-FS5のタッチ&トライベント「FS5:Grab and Shoot」を開催