<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ライカ初のフルサイズセンサー搭載ミラーレスカメラ「ライカSL」が登場。11月末に発売

News

ライカ初のフルサイズセンサー搭載ミラーレスカメラ「ライカSL」が登場。11月末に発売

2015-10-22 掲載

ライカから2400万画素CMOSセンサーを搭載したミラーレスカメラ「ライカSL」が発表された。センサーは35mmフルサイズ、光学ローパスフィルターレス構造で、感度範囲はISO50~50000。

151022_overview_gallery_05_2002x1126_teaser-1200x675 外形寸法は147mm×104mm×39mm。重量は約771g(本体のみ)、847g(バッテリー含む)

ライカSLは、画像処理エンジン「LEICA MAESTRO II」を搭載。2GBのバッファメモリーと連携し、静止画では最大記録画素数2400万画素で最高11コマ/秒の高速連写を実現する処理速度を持つ。連続撮影枚数はDNG(14bit)で33枚、JPEG(8bit)とDNGで30枚。動画はスーパー35クロップモードでDCI(4096×2160)24fpsから4K UHD(3840×2160)30fps、そしてフルHDで120fpsのハイスピードの撮影が可能。動画撮影中もファインダーで映像を確認できるのも大きな特長としている。インターフェイスにHDMI1.4を持ち、4:2:2 10bitの4K映像を伝送可能。SDメディアへは4:2:0 8bit記録になる。動画の形式はMP4とMOVでSDへの記録時間は最長29分。

シャッタースピードは1/8,000秒~60秒で、0.11秒未満の高速オートフォーカス(AF)を実現する。AFは49点の測距点で検出するコントラスト検出方式。AF-C、AF-Sのほかに、液晶モニターの画面にタッチするだけでピント合わせができるタッチAF、被写体が動いても自動的にピントを合わせ続ける追尾AFや顔認識機能が搭載されている。

151022_details_eyeres_960x640_teaser-480x320 151022_details_eyeres_02_960x640_teaser-480x320

本カメラ専用に開発されたというEVF「EyeResファインダー」は0.66型440万ドットで、FOVは37度。高解像度と表示タイムラグの短さが特徴で表示フレームレートは60fps。2軸式の水準器、各種のグリッド、フォーカスピーキングなどが表示できる。

151022_handling 151022_Leica-SL-dual-sd

液晶モニターはタッチパネル式の2.95型104万ドット。カメラ上面には情報表示用の1.3型LCDも備える。本体にはSDデュアルスロットが用意されており、片方がUHS-II、もう片方がUHS-I対応になっている。

151022_app

Wi-FiとGPS機能を搭載しており、リモート操作用に「Leica Image Shuttle SL」(USB接続)、iOS/Androidデバイス用の「Leica SL App」(Wi-Fi接続)が用意されている。

151022_SL

レンズはボディと一緒に発売される標準ズームレンズの「ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.」のほかに望遠ズームレンズの「ライカ アポ・バリオ・エルマリートSL f2.8-4/90-280mm」と標準大口径レンズ「ライカ ズミルックス SL f1.4/50mm ASPH.」が来年発売される。

151022_24–90_mm_f2.8–4_ASPH. ライカバリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.。非球面4面を含む15群18枚構成。フィルター径は82mm。最短撮影距離は広角端0.3m、望遠端0.45m。重量は約1,140g 151022_lense

ライカSL専用のSLシステムレンズに加え、ライカTカメラシステム専用レンズをマウントアダプターなしで使用できる。さらにマウントアダプターを使うことでSレンズやMレンズシステムにも対応。合計145種類のレンズを使うことができる。

151022_SL90–280mm ライカ アポ・バリオ・エルマリートSL f2.8-4/90-280mm」は2016年中頃に発売予定 151022_SL_50_mm_f1.4_ASPH 標準大口径レンズライカ ズミルックス SL f1.4/50mm ASPH.は「50mmレンズの新スタンダード」と呼ばれている。発売は2016年後半予定 151022_overview_gallery_03_2002x1126_teaser-1200x675

ハンドグリップやフラッシュユニットといったアクセサリーも順次登場する。本体の発売は11月末で、価格は本体が税抜92万円前後、同時発売の標準ズームレンズが税抜62万円前後の予定。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-10-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ライカカメラ、ライカMレンズ、特別限定モデル3種類を発売

写真はライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH. ブラッククローム ライカカメラは、「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」や「ライカ ズミルッ... 続きを読む

[photokina2018]ライカ、パナソニック、シグマの三社が戦略的協業「Lマウントアライアンス」を発表

ライカカメラ社、パナソニック、シグマは、photokina 2018にて三社による戦略的協業を発表した。「Lマウントアライアンス」と名付けられた協業により、パナソニックとシグマ、ラ... 続きを読む

「プリンセス・クルーズ×ライカ“夢のような旅の思い出”フォトコンテスト」が開催

プリンセス・クルーズは、ライカカメラジャパン株式会社とのコラボレーションキャンペーン「プリンセス・クルーズ×ライカ“夢のような旅の思い出”フォトコンテスト」を開催する。応募期間は ... 続きを読む

リブランドするライカ・シネレンズLeicaからLeitzへ

6月15日、ライカのシネレンズを扱うCW Sonderopticは、「Ernst Leitz Wetzlar GmbH(以下:Leitz Cine社)」に名称を変更した。今回、ライ... 続きを読む

4K収録APS-Cセンサースチルカメラ「Leica CL」発表

ライカカメラジャパン株式会社は11月22日、アルフレックス東京にて開催されたイベント「LEICA.DAS WESENTICHE. Oskar's legacy」にて新型スチルカメラ... 続きを読む

トップ > ニュース > ライカ初のフルサイズセンサー搭載ミラーレスカメラ「ライカSL」が登場。11月末に発売