PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2015]カリーナシステムブース:放送事業者のOTTサービスに向けた支援システムを一連で紹介。スケジュール録画/時差編集、4K/8K対応ファイ…

News

[InterBEE2015]カリーナシステムブース:放送事業者のOTTサービスに向けた支援システムを一連で紹介。スケジュール録画/時差編集、4K/8K対応ファイル変換システムなど

2015-11-19 掲載

カリーナシステム株式会社とカペラシステムズは共同ブースにて、放送事業者が目指すインターネット配信サービスを支援する、様々なシステムと各種ツールを紹介している(ホール3/No.3304,3307)。カペラシステムズでは、ライブエンコードおよびファイル変換のソフトウェアを開発している。それら符号化と圧縮技術を組み込み、関連インターフェースを開発して日本の放送事業者向けにシステム販売を展開しているのが、カリーナシステムだ。

ライブエンコードソフトウェア「Cambria Live」をベースに、マルチカメラによるライブプロダクションを強化したオールインワン型システムや、番組自動配信とUDP IPに対応した「Cambria Live Broadcast」や、ファイルコンバートソフトウェア「Cambria FTC」が揃う。そして今回は、ライブ配信に加えて回線やVTRから素材をサーバに取り込みながらカット編集ができる時差編集ソフトウェア「Clip Cutter」と、ファイル変換システム Cambria FTCの組み合わせによる、放送局やケーブル事業者向けの一連したライブto VOD配信ワークフローを紹介している。

ブースでは、中継によるハイライト編集のように、収録しながらClip Cutterでカット編集を行ってクリップを作成することで即座のダイジェスト映像・配信が行えるシステムを、デモを交えて紹介。そのままカットポイントのタイムコード情報をCambria FTCが読み込み、任意のフォーマットに変換してVODサーバへ転送するといった作業フローが可能になり、放送側のニュース番組のダイジェスト版VODや、リニア放送番組の見逃し視聴配信といった運用で有効性を発揮する。

151119_cutter2 従来だと最初のフレームがVODのサムネイルになるが、Clip Cutterでは任意のフレーム位置をサムネイルにすることができる 151119_cutter Brightcoveのクラウドベースの動画配信プラットフォームに直接ストリームを転送することができるのは大きな特長

「Sylphid Scheduler(シルフィールド・スケジューラー)」は、Webブラウザ上で、ネットワークエンコーダの録画コントロールやシステム監視が行える管理システム。たとえば回線側からの信号を、ネットワークエンコーダ「MEDIASYNERGY NEX」とSylphid Schedulerを使って自動収録を行いながら、Clip Cutterで編集していくことができる。MEDIASYNERGY NEXでは、突発的な割り込み収録が発生した際に、全面のタッチパネルからマニュアルで録画操作が行えるようにもなっている。

カペラシステムズでは、4K60p対応ユニバーサルトランスコーディングソフトウェア Cambria FTCの最新版で処理をした映像クオリティをディスプレイにて再現。正式リリース版は4K60p対応としているが、実際は8K120pの処理も可能な範囲としている。

151119_cambriaFCT 納品規定パラメータ値などに合わせて細かいパラメータを事前に設定してファイル変換を行うことができる 151119_Live+Manager

「CambriaLive Broadcast Manager」という、複数のLiveを管理、モニタリングするソフトウェアベースの管理システムも登場した。

151119_manager ネットワーク上のCambria Liveをすべて管理できる 151119_channel_monitering マルチチャンネルを1つのディスプレイ上で一括モニタリングすることができる。ディスプレイするチャンネル数は自由に可変できる

また技術参考展示として、現在開発中の顔認識や文字認識より独自メタデータを映像処理時に付加できるといった解析ソフトウェアのデモンストレーションを行っている。将来的にダイナミックリターゲティングといった広告挿入にも応用できるとみられるが、どのような運用シーンで活躍できるかは現在、調査中だという。

151119_score 両チームのスコアを認識してメタデータされており、任意のリストを選ぶと対象のシーンが表示される

(山下香欧)


[ Category : , , ]
[ DATE : 2015-11-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2016]カリーナシステム/カペラシステムズブース:IPサイマル放送・放送事業者向け広告差し替え機能実装のCambria Live Broadcast、アーカイブ機能搭載4Kライブエンコーダ展示

カリーナシステムおよびカペラシステムズの隣接ブースでは、新たな収益を図る「広告差し替え」機能を実装した、放送局向けのインターネットTV放送配信システム「Cambria Live B... 続きを読む

[InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

毎年大きなイベントスペースを設け多くの来場者を惹きつけているアドビは、今年もIntelと共同でブースを構えていた。今年は、Ultra MAGIC・Ultra COLOR・Ultra... 続きを読む

[InterBEE2015]銀一ブース:RODE社製VideoMicro、Boompole Proなどの新規取扱品を展示。Steadicamライナップのデモも開催

銀一ブース 360°全天球動画 写真用品を中心に映画系機材を扱う銀一。特に同社が代理店を務める「Steadicam」はカメラスタビライザーの老舗であり、小型カメラ用から35m... 続きを読む

[InterBEE2015]ATOMOSブース:SHOGUNをほとんど全ての現行カメラで試すことができる多様な展示

多様なカメラに対応するSHOGUN ATOMOSは、例年通り各カメラメーカー新商品とATOMOSレコーダーの組み合わせをずらりと並べ、同社の商品名にちなんだ忍者によるステージショ... 続きを読む

[InterBEE2015]EIZOブース:「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスをEIZO×BOXX最強コンビネーション」をテーマにトーワ電機と共同出展

EIZOは、米BOXX Technologies社の国内正規代理店であるトーワ電機株式会社と共同で「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスを EIZO×BOXX最強コンビネーシ... 続きを読む

[InterBEE2015]スターコミュニケーションズブース:無線HDライブ伝送装置TVUPackの新製品「TVU One」が登場

スターコミュニケーションズでは、「Inter BEE 2015の歩き方.tv」でも使用している無線HDライブ伝送装置TVUPack。今回は、新製品「TVU One」が展示されていた... 続きを読む

[InterBEE2015]GoProブース:HERO4 Sessionや360°VRデモを実施

GoProブースでは、この夏に発表した新モデル「GoPro HERO4 Session」を中心に展示。毎年元気なGoProだが、今年はおとなしい展示だった。やはり新しい製品の発表が... 続きを読む

[InterBEE2015]RAIDブース:WEAPON DRAGONやSmallHDなど、カメラからスタビライザーまで幅広い製品群を一挙展示

株式会社RAID(株式会社小輝日文グループ)は、InterBEE直前の11月12日に国内正規販売代理店契約を締結したRED Digital Cinema社のWEAPONをはじめとし... 続きを読む

[InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展

ヒビノは今回、映像・放送関連機材の部門とプロオーディオの部門で並んで別々のブースで出展した。映像・放送関連機材部門では、Gefenなどのビデオ切り替え器などを扱うヒビノインターサウ... 続きを読む

特集記事

Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2015]カリーナシステムブース:放送事業者のOTTサービスに向けた支援システムを一連で紹介。スケジュール録画/時差編集、4K/8K対応ファイル変換システムなど