PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ディズニーとGoogle、「スター・ウォーズ」最新作の序章要素を持つVRを配信へ

News

ディズニーとGoogle、「スター・ウォーズ」最新作の序章要素を持つVRを配信へ

2015-11-25 掲載

2015年12月18日から世界一斉公開となるスター・ウォーズシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のプロモーション展開は、新しい視聴体験技術を取り入れてヒートアップしている。9月末にStar WarsのFacebookページで開始された、惑星“ジャクー”の砂漠をハイスピードで横断する360°没入型映像に加え、12月2日よりディズニーとGoogleがタイアップしたVRコンテンツが登場する。

151125_360-Experience-Star-Wars2

今回のVRコンテンツは、iOS/Android OSモバイルデバイス向けのStar Wars app用として提供される。このディズニーが提供するアプリ上で再生するVRコンテンツは最新作の序章的要素が含まれる世界になっており、視聴者はGoogle Cardboardを通して一層の臨場感を楽しめるという。

VRコンテンツの制作元は、ルーカスフィルムの一部署でもあるILMxLABが手がけた。本ラボはルーカスフィルムとVFXスタジオのILM、スカイウォーカー・サウンドから専門スタッフを集めて設立された、VR/ARなどの新技術を取り入れた没入型体験を生み出していくスタジオだ。Facebookの360°映像を制作したのも、このILMxLABである。設立発表当時から、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開に合わせて同世界のVRコンテンツを世の中に出すことを公言しており、今回はその第一弾コンテンツとしてリリースする。

151125_ILMX

またベライゾンでは、このVRコンテンツリリース日の12月2日に合わせてショップ限定でスター・ウォーズデザインのGoogle Cardboardを発売する予定だ。更にGoogleではクロスプロモーションを展開しており、Google.com/starwarsにGoogleアカウントでアクセスし、ライト/ダークサイドを選ぶことで、パーソナルページや関連ユーティリティ、Google Mapsなど、その世界のカラーに進化させることができる。

151125_light

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-11-25 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Apple、AR・VR技術スタートアップVrvanaを3,000万ドルで買収。独自のデバイス開発に拍車

Appleが、カナダにベースを置く新興企業Vrvanaを買収したことが、米報道より明らかになった。買収金額は3,000万ドルと言われている。 VrvanaはVRとARに特化し... 続きを読む

Facebook、VRヘッドセットモデルをスタンドアロン式へ拡張

Facebookは米カリフォルニアで10月11日に開催されたOculus Connect 4にて、スタンドアロン型のVRヘッドセットシステム2種を発表した。 価格が199ドル... 続きを読む

カールツァイス、スマートフォン対応VRヘッドセットでSteamVRゲームが楽しめる「ZEISS VR ONE Connect」を発表

ZEISS VR ONE Connect使用イメージ カールツァイスは、ベルリンで開催中のIFA2017にて「ZEISS VR ONE Plus」をPCゲームで使用可能にする... 続きを読む

三友、Nokia製VRカメラ「OZO+」などの解説を行う「VR USER Conference 2017-OZO+hands on&seminar-」を開催

三友株式会社は、2017年8月24日に、NAB2017にて発表したNokia製VRカメラ「OZO+」や、ライブ配信機能「OZO LIVE」を解説する「VR USER Confere... 続きを読む

ディズニーがNetflixから去る日

ウォルト・ディズニー・カンパニー(以下:ディズニー)が現地時間8月8日に、BAMTechの株式75%分を購入し、ディズニーとESPNストリーミングサービスの両方を開始する予定である... 続きを読む

トップ > ニュース > ディズニーとGoogle、「スター・ウォーズ」最新作の序章要素を持つVRを配信へ