PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2015]エレメンタルテクノロジーズブース:サービス付加価値を見出す映像処理の紹介。4K/HDR対応、ダイナミック広告挿入、キャッチアップ視聴…

News

[InterBEE2015]エレメンタルテクノロジーズブース:サービス付加価値を見出す映像処理の紹介。4K/HDR対応、ダイナミック広告挿入、キャッチアップ視聴など

2015-11-26 掲載

エレメンタルテクノロジーズは、主にソフトウェアベースの自社コーデック技術によるデータ圧縮(エンコード)と変換(トランスコード)を持つ。汎用ハードウェアと独自ソフトウェアを使って映像処理システムを構築する「ソフトウェア定義ビデオ」をベースに、放送関連事業者のサービスや映像制作環境向けの映像処理技術を提供している。ソフトウェアベースなので、ハードウェアコーデックよりも短い開発期間で新フォーマットやデバイスに対応できるのが特長。国内においても、ロンドンオリンピックといったスポーツイベントのライブ配信やMSOのVODサービス、4K/HEVCの放送・配信試験の場で採用された実績がある。

米国本社がこの9月に、クラウドでの映像処理サービス展開やクライアントサイドで以前から交流のあったAmazon Web Services社(AWS)の傘下になることを発表しており、日本法人化後の初出展で、業界から注目されていたブースである。

interbee2015_Elemental_InterBEE_KTV_LIve 低ビットレート(15Mbps)でのリアルタイム4K60p/HEVCエンコードし、テクニカラー社製のセットトップボックス(非売品)を介して4Kテレビに再現

展示ブースでは、主に各種製品ごとに映像処理ソリューションを紹介。4K/HDR/HEVCといった新しい技術の実装に向けた事例を実演していた。4K60pのリアルタイムHEVC処理が可能なライブエンコーダー「ElementalLive」の最新1RUアプライアンスモデルを使い、関西テレビ放送の協力により、次世代4K地上デジタル放送に向けた低ビットレートによる映像クオリティを見せていた。関西テレビ放送は今年の1月に開催された大阪国際女子マラソンや情報通信月間参加行事「カンテレテクニカルフェア2015」にて、エレメンタルのライブエンコーダーを採用してISDB-T地デジ方式による4K生放送実験を行っている。

interbee2015_Elemental_axle axle VideoのMAMシステム

複数のビデオファイルをパラレル処理するファイル変換サーバー「Elemental Server」のコーナーでは、実機のデモやメディアソリューションズ社が扱うaxle VideoのMAMシステムとのやりとりなど、システム構築の事例を紹介。axle VideoのMAMソリューションでは、Elemental Serverが扱うコンテンツデータの管理と閲覧が非常に簡単な設定とオペレーションで行うことが可能だ。

interbee2015_Elemental_InterBEE_Elemental_ServerAWS

見逃し視聴、nPVR、そしてダイナミック広告挿入といったサービス付加価値を、簡単に実装できる映像配信プラットフォーム「Elemental Delta」のコーナーでは、別途に同社技術でHEVC処理をしたAmazon Primeサービスが提供している「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル(Mozart in the Jungle)」といった、4K HDR対応番組のプロモーションコンテンツをHDR対応ソニー4Kブラビア(X9000C)で再生していた。国内のAmazon Primeサービスでは、まだ4K HDR対応のコンテンツは提供されていない。

(山下香欧)


[ Category : , , ]
[ DATE : 2015-11-26 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

毎年大きなイベントスペースを設け多くの来場者を惹きつけているアドビは、今年もIntelと共同でブースを構えていた。今年は、Ultra MAGIC・Ultra COLOR・Ultra... 続きを読む

[InterBEE2015]銀一ブース:RODE社製VideoMicro、Boompole Proなどの新規取扱品を展示。Steadicamライナップのデモも開催

銀一ブース 360°全天球動画 写真用品を中心に映画系機材を扱う銀一。特に同社が代理店を務める「Steadicam」はカメラスタビライザーの老舗であり、小型カメラ用から35m... 続きを読む

[InterBEE2015]ATOMOSブース:SHOGUNをほとんど全ての現行カメラで試すことができる多様な展示

多様なカメラに対応するSHOGUN ATOMOSは、例年通り各カメラメーカー新商品とATOMOSレコーダーの組み合わせをずらりと並べ、同社の商品名にちなんだ忍者によるステージショ... 続きを読む

[InterBEE2015]EIZOブース:「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスをEIZO×BOXX最強コンビネーション」をテーマにトーワ電機と共同出展

EIZOは、米BOXX Technologies社の国内正規代理店であるトーワ電機株式会社と共同で「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスを EIZO×BOXX最強コンビネーシ... 続きを読む

[InterBEE2015]スターコミュニケーションズブース:無線HDライブ伝送装置TVUPackの新製品「TVU One」が登場

スターコミュニケーションズでは、「Inter BEE 2015の歩き方.tv」でも使用している無線HDライブ伝送装置TVUPack。今回は、新製品「TVU One」が展示されていた... 続きを読む

[InterBEE2015]GoProブース:HERO4 Sessionや360°VRデモを実施

GoProブースでは、この夏に発表した新モデル「GoPro HERO4 Session」を中心に展示。毎年元気なGoProだが、今年はおとなしい展示だった。やはり新しい製品の発表が... 続きを読む

[InterBEE2015]RAIDブース:WEAPON DRAGONやSmallHDなど、カメラからスタビライザーまで幅広い製品群を一挙展示

株式会社RAID(株式会社小輝日文グループ)は、InterBEE直前の11月12日に国内正規販売代理店契約を締結したRED Digital Cinema社のWEAPONをはじめとし... 続きを読む

[InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展

ヒビノは今回、映像・放送関連機材の部門とプロオーディオの部門で並んで別々のブースで出展した。映像・放送関連機材部門では、Gefenなどのビデオ切り替え器などを扱うヒビノインターサウ... 続きを読む

[InterBEE2015]ナックイメージテクノロジーブース:ARRIのデジタルシネマカメラやレンズ製品など展示。カメラトラッキングシステム“Nカム”のセミナーも開催

ナックイメージテクノロジーは。同社が国内代理店となっているARRIのデジタルシネマカメラ「ALEXA SXT」「ALEXA Mini」「AMIRA」やCarl Zeiss、Ange... 続きを読む

特集記事

新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。

トップ > 特集 > [InterBEE2015]エレメンタルテクノロジーズブース:サービス付加価値を見出す映像処理の紹介。4K/HDR対応、ダイナミック広告挿入、キャッチアップ視聴など