PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ビジュアルメディアEXPO2015:3DBiz研究会による「4K3D映像制作プロジェクト」を公開。日本初4K3Dシアター、4K3D映像制作用機材展示など

News

ビジュアルメディアEXPO2015:3DBiz研究会による「4K3D映像制作プロジェクト」を公開。日本初4K3Dシアター、4K3D映像制作用機材展示など

2015-11-27 掲載

3DBiz研究会は、2015年12月2日パシフィコ横浜で開催される「ビジュアルメディアEXPO2015」にて、同研究会の4K3D映像制作プロジェクトを公開する(会場:4Kゾーン)。

3DBiz研究会では2年間にわたり、4K3D映像の制作を行ってきた。まだ4K映像の制作環境も整っていない中、4Kでの3D立体映像の実写と3DCGの合成、そしてドローンによる世界初の4K3D/60p撮影など、高精細映像技術と3Dコンテンツの持つ可能性を追求してきたという。

今回の催事では、12月2日(水)14:30より「チャレンジ!4K3D映像制作プロジェクト」と題して、プロジェクトの報告会を兼ねたセミナーを開催。3DBiz研究会代表幹事・大久保氏を司会に、4K3D映像制作でのノウハウ、課題などをパネルディスカッション形式で紹介する。パネラーにはプロジェクトメンバーでもある小山一彦氏(ビジュアルコミュニケーションズ)、中野芳充氏(キヤノンマーケティングジャパン)、渡部健司氏(デジタルキャンプ)、櫻井充氏(Too)、田端宏至氏(計測技術研究所)が揃う。

151127_3dviz2

また展示ブースでは、4K3D映像制作プロジェクトで使用した撮影機材やワークフローなどを展示する。更に200インチサイズの大型スクリーンを導入した「4K3Dシアター」を設置し、行田市のギネス世界記録となった「田んぼアート」を4K3D/60pでドローン空撮した3DBiz研究会の作品をはじめ、最新映画「GAMBAガンバと仲間たち」予告編(提供:白組)など、会期中毎日上映する。シアターの定員は30名。視聴は無料。詳細はビジュアルメディアEXPO2015 Webサイトより。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-11-27 ]
[ TAG : ]

関連する記事

システムファイブ、「DJI製品10%OFFセール」を半蔵門ショールーム限定で実施。2/21~2/23の3日間限定

株式会社システムファイブは、同社が東京・半蔵門にて運営するPROGEAR半蔵門ショールームにて「DJI製品10%OFFセール」を実施する。開催期間は2019年2月21日(木)~23... 続きを読む

ドローンよりも手軽な空撮キット「Wiral LITE」が登場

最長50mのワイヤーにスマホやカメラを吊り下げることで、ダイナミックな映像を撮影することができるポータブルガジェット「Wiral LITE(ワイラルライト)」が登場した。スマートフ... 続きを読む

GoPro、「HERO7」シリーズ3機種を発表

写真左から「HERO7 White」、「HERO7 Black」、「HERO7 Silver」 GoProは、2018年9月20日に「HERO7」シリーズとして、「HERO7... 続きを読む

ケイ・オプティコム、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、eo光テレビにてBS右旋4K放送の提供を開始

株式会社ケイ・オプティコムは、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、2018年12月1日より「eo光テレビ」においてBS右旋4K放送の提供を開始する。 現在、ハイビジョン(2... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > ビジュアルメディアEXPO2015:3DBiz研究会による「4K3D映像制作プロジェクト」を公開。日本初4K3Dシアター、4K3D映像制作用機材展示など