PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展
News

[InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展

#ヒビノ #ヒビノインターサウンド #Inter BEE 2015

2015-11-30 掲載

ヒビノは今回、映像・放送関連機材の部門とプロオーディオの部門で並んで別々のブースで出展した。映像・放送関連機材部門では、Gefenなどのビデオ切り替え器などを扱うヒビノインターサウンドやSTUDER、Grass Valley製品を扱うスチューダー・ジャパン-ブロードキャスト、映像機材レンタルのヒビノベスコなどの同社のグループ会社が出展していた。一方、プロオーディオ部門では、CALREC、CAMCO、CODA AUDIO、DiGiCo、DK-Technologies、DPA Microphones、HIBINO、MUTECなどを扱うヒビノインターサウンド、AKG、AMCRON、BSS AUDIO、dbx、JBL PROFESSIONAL、Lexicon PRO、Soundcraftなどを扱うヒビノプロオーディオセールス Div.が出展。なお、Shureはシュア・ジャパン・リミテッドのブースの別ブースになっていた。

interbee2015_hibino_0607 STUDER「VISTA」とGrass Valley「Kayenne」によるライブ映像&SRシステム interbee2015_hibino_0610 STUDER「OnAir1500」。6および12フェーダーのコンパクトなデスクモジュールで、本体NANO SCoreとはCAT5ケーブル各1本で接続可能。ラジオスタジオやダビング室、録音室、小型中継可搬卓として最適 interbee2015_hibino_0612 Gefenマトリクスコントローラー「EXT-CU-LAN」。ネットワーク上のKVM Over IP製品を自動的に検出し、マトリクスルーティングの切り替えやプリセットへのアクセスなどを一元管理するマトリクスコントローラーで、入出力のルーティングやグループ設定、ユーザー管理など、各種設定・操作を実行することが可能 interbee2015_hibino_0349 ブース表面に設営されたChromaVision高精細LEDディスプレー「HCV-16」。リアルドット4K対応の1.69mmファインピッチLEDディスプレーで、独自の制御回路を搭載しており、4K映像(UHD)を3.65×6.5mのサイズに表示可能 interbee2015_hibino_0341 LEDコントローラー「HLC-2K」。DLC-612を4K用にブラッシュアップしたもので、1024×768ドットの出力を12系統装備している。入力はDVI-D、アナログRGB、Dual Link SDI、HD-SDIで最大解像度は4096×2160ドット interbee2015_hibino_0363 デジタルオートマチックマイクミキサーAKG「DMM8 U/14 U」。12バンドのGEQのほか、6プログラムプリセット、2chのUSBストリーミング入出力、最大10ユニットまでのカスケード接続、ルーティング機能などを搭載している interbee2015_hibino_0366 Amcron パワーアンプ「DCi 2|2400N/DCi 4|2400N」。DCiシリーズに2400Wの2chと4chが新たに加わった。DCiシリーズはチャンネルごとにロー・インピーダンス接続とハイ・インピーダンス接続の両方に対応となっており、出力トランスを使用せずに70V/100Vの定電圧伝送ラインを直接駆動することができる interbee2015_hibino_0375 DiGiCo「SD10-RE」。最大96chの入力と48chのAUX/Sub Groupバスを持つ48/96kHzデジタルミキサー interbee2015_hibino_0379 デジタルミキシングコンソールDiGiCo「S21」。ワールドツアーのスタンダードであるSDシリーズの流れを汲む小型軽量のデジタルミキシングコンソール。入力は最大40ch フレックス(80)プロセッシングで、16×32バンドGEQ、8×FX、バックパネルに24マイク/ライン入力、12アナログアウト、2AES I/O(モノ)を実装したほか、UB-MADIを内蔵している interbee2015_hibino_0384 シングルイヤーモニター搭載のヘッドセットDPA「FIOB00-IE1-B」。自然で明瞭な音質と快適な装着感のd:fineシーリーズのニューモデルで、ヘッドセット・マイクにイヤーモニターを一体化した。ニュース番組のキャスターやコメンテーターの収音・トークバック用途など、優れた音質と高い信頼性が求められる放送シーンに対応 interbee2015_hibino_0389 DPA FIOB00-IE1-Bは、ワイヤレスシステム用変換アダプターと組み合わせて、各種ワイヤレスシステムに接続可能

[ Category : , , ]
[ DATE : 2015-11-30 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

毎年大きなイベントスペースを設け多くの来場者を惹きつけているアドビは、今年もIntelと共同でブースを構えていた。今年は、Ultra MAGIC・Ultra COLOR・Ultra... 続きを読む

[InterBEE2015]銀一ブース:RODE社製VideoMicro、Boompole Proなどの新規取扱品を展示。Steadicamライナップのデモも開催

銀一ブース 360°全天球動画 写真用品を中心に映画系機材を扱う銀一。特に同社が代理店を務める「Steadicam」はカメラスタビライザーの老舗であり、小型カメラ用から35m... 続きを読む

[InterBEE2015]ATOMOSブース:SHOGUNをほとんど全ての現行カメラで試すことができる多様な展示

多様なカメラに対応するSHOGUN ATOMOSは、例年通り各カメラメーカー新商品とATOMOSレコーダーの組み合わせをずらりと並べ、同社の商品名にちなんだ忍者によるステージショ... 続きを読む

[InterBEE2015]EIZOブース:「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスをEIZO×BOXX最強コンビネーション」をテーマにトーワ電機と共同出展

EIZOは、米BOXX Technologies社の国内正規代理店であるトーワ電機株式会社と共同で「映像制作に最高のクオリティとパフォーマンスを EIZO×BOXX最強コンビネーシ... 続きを読む

[InterBEE2015]スターコミュニケーションズブース:無線HDライブ伝送装置TVUPackの新製品「TVU One」が登場

スターコミュニケーションズでは、「Inter BEE 2015の歩き方.tv」でも使用している無線HDライブ伝送装置TVUPack。今回は、新製品「TVU One」が展示されていた... 続きを読む

[InterBEE2015]GoProブース:HERO4 Sessionや360°VRデモを実施

GoProブースでは、この夏に発表した新モデル「GoPro HERO4 Session」を中心に展示。毎年元気なGoProだが、今年はおとなしい展示だった。やはり新しい製品の発表が... 続きを読む

[InterBEE2015]RAIDブース:WEAPON DRAGONやSmallHDなど、カメラからスタビライザーまで幅広い製品群を一挙展示

株式会社RAID(株式会社小輝日文グループ)は、InterBEE直前の11月12日に国内正規販売代理店契約を締結したRED Digital Cinema社のWEAPONをはじめとし... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展