PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2015]ATOMOSブース:SHOGUNをほとんど全ての現行カメラで試すことができる多様な展示

News

[InterBEE2015]ATOMOSブース:SHOGUNをほとんど全ての現行カメラで試すことができる多様な展示

2015-12-04 掲載

多様なカメラに対応するSHOGUN

ATOMOSは、例年通り各カメラメーカー新商品とATOMOSレコーダーの組み合わせをずらりと並べ、同社の商品名にちなんだ忍者によるステージショーや映像クリエーターによる4Kセミナーを開催するなど連日多くの来場者で賑わっていた。

同社は各カメラメーカーの新製品への対応が非常に迅速なことで定評があり、ブース内にはこの秋話題のカメラが並び、新製品のカメラを見るには、個々のカメラメーカーのブースを回るよりも、ATOMOSブースに寄ればまとめて見られるというメリットもあり、InterBEEでも人気の高いブースの一つとなっている。

ATOMOS社長 戒能氏が語るATOMOS最新情報

今回ATOMOSでは「SHOGUN STUDIO」や、9月のIBCで発表された「NINJA ASSASSIN」といった新製品のほかSHOGUNのアップデートもあり、ATOMOS株式会社 社長の戒能正純氏にその辺りのお話を伺った。

interbee2015_atomos_3672 ATOMOS株式会社 社長 戒能正純氏
(※個人の役職名は取材当時の名称。2017年8月末、戒能氏はATOMOS株式会社 代表取締役社長を退任)

戒能氏:InterBEEの新製品としてはNINJA ASSASSINとSHOGUN STUDIOの2つがあります。NINJA ASSASSINはSHOGUNに装備されていたSDIを省いた機種で、その分お求めやすい価格になっています。また、赤いプロテクションカバーが付いており、カラーリングを見てひと目でSHOGUNとは違うのがお分かりいただけると思います。

一方SHOGUN STUDIOはSHOGUNを2台ワンパッケージにしてラックマウント仕様にしたものですが、単純に2つを一体化しただけでなく若干異なるところもあります。レコーダーが2台ありますので、記録メディアを跨いだリレー記録ができるほか、異なるコーデックで2台同時記録もできます。RS-422リモートが可能なので、従来の収録デッキ的な使い方ができるほか、AMP(アドバンスメディアプロトコル)に対応したイーサネット制御もできるようになっています。

interbee2015_atomos_3661 新製品のSHOGUN STUDIOは2連装のラックマウントタイプだ。収録デッキ的な使い方が可能 interbee2015_atomos_3663 SHOGUN STUDIOはSHOGUNを2つドッキングしただけではなく、電源の二重化や同期記録など、新たな機能が搭載されている

戒能氏:加えて、ゲンロックはINだけでなくOUTがあります。これにより、2台を同期させるだけでなく、外部の機器と同期するためのデイジーチェーン接続が可能です。また、電源が二重化されていて、一方の電源からの供給が途絶えても、継続運用できるようになっています。この様にSHOGUN STUDIOはラックマウントタイプなので、スタンドアローンで使うSHOGUNとは少し異なった設計になっています。

既に発売されているSHOGUNにも新しいニュースがあります。9月にEOS C300 Mark IIやEOS C500に搭載されているCanon RAW出力をSHOGUNに入力し、ProResまたはDNxで記録できるようになりました。

また、今回ブースに参考展示していますが、池上通信機のカメラ「HC-HD300」のVFでSHOGUNのステータスを確認する機能を実装しました。カメラのSDI出力をSHOGUNに入力し、SHOGUNのスルー出力をカメラにリターンとして入力することで、カメラのVFでSHOGUNのバッテリー残量やメディアの残量のステータスが確認可能です。まだ、開発途中のファームウエアですが、SHOGUNのRecタリーの表示も実現して正式リリース予定です。

interbee2015_atomos_3641 発売になったばかりのパナソニックの4KカメラAG-DVX200。10ビットモードではRecボタンで本体記録。ユーザーアサインボタンでSHOGUNのRecトリガーの設定が可能

戒能氏:話題のパナソニック「AG-DVX200」はATOMOSブース内で2台展示しています。 1つは8ビットモードでRecボタンによる、SDカードとNINJA ASSASSINの同時記録仕様とし、もう1台は10ビットモードに設定しました。こちらではRecボタンによるRecトリガーが効かないのですが、ユーザーアサインボタンに「AUTO REC」を設定することでNINJA ASSASSINへの録画連動が可能になります。

最後に、既に発売しているPOWER STATIONですが、各カメラメーカーに対応した電源ケーブルが付属していることから、一眼カメラのACアダプターとして使えるということもあり、ご好評を頂いています。SHOGUNと組み合わせて使う際に、新しい話があります。SHOGUNのDCコネクターへPOWER STATIONから電源供給する仕様になっていますが、現在のSHOGUNでは、DCコネクターへの電源が優先され、電源供給が切れたらSHOGUNに搭載されたバッテリーに切り替わる仕様になっており、POWER STATION→SHOGUN本体バッテリーの順で駆動しますが、次期SHOGUNのファームウエアでは、これを逆にするバッテリー駆動優先モードが追加されます。バッテリー駆動優先モードにするとSHOGUN本体バッテリー→POWER STATIONの順で電源を使い、SHOGUN本体のバッテリーを交換したらまた、SHOGUN側のバッテリー駆動に戻りますので、カメラへの電源供給含めたシステム全体として、長時間にわたって運用が可能になります。

SHOGUNの今後の展開ですが、やはり4K60p記録のご要望が多く寄せられています。ただ、記録メディアのスピードの問題やSHOGUN自身のハードウェアの限界もあり、ファームウェアのアップデートでは対応できそうにありません。4K60p化は将来の新製品に期待していただければと思います。

interbee2015_atomos_3648 赤いバンパーが特徴的なNINJA ASSASSIN。HDMIに特化することで手頃な価格になった。基本的にはSHOGUNと同じだが、SDI端子の有無、同梱アクセサリーやRAW対応などが異なる interbee2015_atomos_3642 発売後も数々のファームアップにより進化するSHOGUN。SHOGUNでCanon RAWをProRes/DNx収録することが可能 interbee2015_atomos_3666 池上通信機のカメラと組み合わせ。SHOGUN本体のステイタスをカメラ側のVFで表示可能に

[ Category : , , ]
[ DATE : 2015-12-04 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019]ATOMOSブース(動画)

NAB2019のATOMOSブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.06(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ATOMOSブースからお届けします。 ... 続きを読む

[CP+2019]ATOMOSブース:「一歩進んだカメラの動画撮影」をテーマに最新カメラとレコーダーを組み合わせたた撮影システムを展示

毎年最新のカメラが集まるATOMOSブースでは、一歩進んだカメラの動画撮影をテーマに、ファームウェアアップデートにより12bit RAW動画HDMI出力に対応するニコンのZ 7/Z... 続きを読む

[InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2018:ATOMOS]小型、軽量のポータブルモニター/レコーダー「NINJA V」やProRes RAWに対応したSHOGUN INFERNO、SUMO19を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

[NAB2017:ATOMOS]19型の大型モニターを搭載したレコーダー「SUMO」を発表

ATOMOSブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザお... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2015]ATOMOSブース:SHOGUNをほとんど全ての現行カメラで試すことができる多様な展示