PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

News

[InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露

2015-12-08 掲載

毎年大きなイベントスペースを設け多くの来場者を惹きつけているアドビは、今年もIntelと共同でブースを構えていた。今年は、Ultra MAGIC・Ultra COLOR・Ultra HDの3つのキーワードをテーマとしており、「Adobe Creative Cloud」や「Adobe After Effects CC」の次期アップデートのほか、「Adobe Media Encoder CC」や「Adobe Audition CC」の次期アップデートの先行デモも行われた。11月30日に提供が開始された、これらのアップデートのうちいくつかについて、アドビシステムズの古田正剛氏にお伺いした。

CCシリーズの次期アップデートについて訊く

古田氏:Adobe Premiere Pro CCの11月アップデートでは、DNxHR、Open EXR、HEVC(H.265)、HDRに対応するDolby Visionコーデックが新たにネイティブ対応となりました。さらに、LumetriカラーでのHDR編集やLumetriスコープでのHDR対応、オプティカルフローによる高品質スロー映像などが主な新機能として挙げられます。

ハイダイナミックレンジ対応という点では、今回のアップデートは第一段階として位置づけられ、LumetriカラーエフェクトでのHDR映像処理が可能となっています。

interbee2015_adobe_3921

これにより、最大1万のレベルまで扱えるようになります。また、LumetriスコープでもHDRモードが利用できるようになっています。

interbee2015_adobe_3916

Open EXR形式への出力では、RGB 4:4:4 12-bit PQにも対応しており、この場合はRec.709 sRGBだけでなく、DCI P3やRec.2020にも対応します。

interbee2015_adobe_3924 interbee2015_adobe_3927 interbee2015_adobe_3937

書き出しの項目には4K放送でも使われるHEVC(H.265)が追加されました。

interbee2015_adobe_3939

また、HEVC(H.265)の書き出しプリセットには、8K UHDも用意されています。

interbee2015_adobe_3943

フレームレートも最大300まで対応しています。これは4K/8Kでは120という話の他にH.265の中に4Kで最大300というのも出てきましたので、いち早く対応できる部分は対応しています。

interbee2015_adobe_3961

クリップの再生速度変更時の補完方法として、新たに「オプティカルフロー」が追加されました。映像の動きを解析し、よりスムーズなスロー映像が生成されます。

Adobe Audition CCでは、リミックスという、楽曲を分析して指定した長さへ再構成する機能が次期アップデートとして追加されています。

interbee2015_adobe_3969

リミックスは曲の長さを自由に変えることができる機能です。映像の長さを変えた場合など曲の尺を調整する場合にも役立ちます。イントロ部分や間奏などを解析して自然な形で尺を変えることができる機能です。もちろん長くも短くも設定できます。細かな調節もできるようになっています。

また、Adobe After Effects CCの次期アップデートは、Lumetriカラーエフェクトの搭載やICCカラープロファイルの更新で、HDR profiles(SMPTE 2084 PQ EOTF<Dolby Vision>準拠)、ARRI Log/Look wide color gamutプロファイル、HDTV/UHDTVディスプレイプロファイル、SDTVディスプレイプロファイル、DCDM/DCI P3プロファイル(より多くのホワイトポイント、従来の不正確なプロファイルを更新)、ACES/ACEScg作業用スペースプロファイルの対応などが披露された。

古田氏:今回のアップデートで、Premiere Proで提供されていたLumetriカラーエフェクトがAfter Effectsにも搭載され、編集とエフェクトの間で一貫して扱えるようになりました。

interbee2015_adobe_3993

作業用のカラースペースとしてARRIやDCI P3、Rec.2020といったプリセットが増えています。ツールで何ができるかではなくて何をしたいからツール選択する時代になってきたと思います。映像制作はCreative Cloudだけで全て賄うという方法もありますが、他メーカーも含めて様々なツールを使いこなすうえでのプラットホームとして弊社の製品を活用していただければ嬉しいですね。

なお、Adobe Media Encoder CCでは出力時の映像レベルを放送基準内に抑える機能や出力時のオーディオラウドネスを基準内に抑える機能、Facebookへの直接出力機能、DNxHR、 HEVC(H.265)Level 6.2まで対応(4K解像度なら最大300fps、8K解像度なら最大120fpsのハイフレームレート)といった出力対応フォーマット強化が図られている。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2015-12-08 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019]Adobeブース(動画)

NAB2019のAdobeブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[NAB2018:Adobe]Premiere ProやAfter Effectsの最新バージョンを展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[NAB2017:Adobe]Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表

Adobeブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[InterBEE2016]Adobeブース:様々なコンテンツ制作に必要な機能を搭載したAdobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudを展示

アドビ システムズは、VRコンテンツ制作の機能強化や保護機能の付加など、VRコンテンツに関する機能を始め、FacebookなどのSNSや動画共有サイトなどへの機能強化、HDRカラー... 続きを読む

[InterBEE2015]銀一ブース:RODE社製VideoMicro、Boompole Proなどの新規取扱品を展示。Steadicamライナップのデモも開催

銀一ブース 360°全天球動画 写真用品を中心に映画系機材を扱う銀一。特に同社が代理店を務める「Steadicam」はカメラスタビライザーの老舗であり、小型カメラ用から35m... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [InterBEE2015]Adobeブース:注目の「Adobe Creative Cloud」シリーズ、次期アップデートについても披露