PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 放送ライブ制作、2025年までにIPベース環境へ移行の兆し

News

放送ライブ制作、2025年までにIPベース環境へ移行の兆し

2015-12-22 掲載

DutchView Infostradaで展開するクラウドベースのプロダクションプラットフォーム

英フューチャーソース・コンサルティングの調査によると、放送事業者におけるライブプロダクション環境は今後10年間でIPベースへと移行する。

同社が8ヶ国の大手放送局から、各放送局での放送運用ワークフローでの問題点などを調査し、ライブ制作(ライブプロダクション)環境にIP技術を導入することについて各社の意見を聞いた。IP機器やソフトウェアは15年以上をかけて放送業界に浸透し、今ではファイルベースのワークフローにおいて、世界中で広く採用されている。そして次のITベースのシステムとアーキテクチャが導入される先は、ベースバンドが必要なライブプロダクションになるという。

ライブプロダクションは低遅延で映像・音声信号を直接扱うこともあり、コンテンツ制作の中でも複雑な形態になっているが、調査した30%の放送局ではライブプロダクションにIPを使う環境が整っており、41%は既にIPを導入したライブプロダクションへの移行を進めているという。後者は、オリンピックやワールドカップなど国際的スポーツイベントに関わる放送事業者だ。また、フットボールや野球といった、国民的スポーツ試合やライブショーでのライブプロダクションにも関連する。特に大型スポーツイベントやライブショーの放送環境においては2020年までにIPライブプロダクションへ切り替わるとしている。

151222_Live-IP-concept-1 EBU(欧州放送連盟)とベルギーの国営放送局VRTらで立ち上げた、国際共同プラットフォーム(Sandbox+)を実装するLive IPプロジェクトにより、VRT施設内に世界初の完全IPベースのライブTVスタジオを設立した 151222_AD_Sony_IPLiveProductionSystem ソニーによるIPライブプロダクション構想

SDIインフラを入れ替えするタイミングでIPに切り替えていくなど、IP移行への基礎が徐々に進められており、その活動を支援するSDI/IP変換システム、映像圧縮と帯域確保技術を、各ベンダーが足踏みを揃えながら広めている。現在、ソニーが進めるIPライブプロダクションをはじめ、オープン規格および標準規格を使うTICOアライアンスASPEN(Adaptive Sample Picture Encapsulation)コミュニティ、そして新しいAIMS(Alliance for IP Media Solutions)が存在する。NBCスポーツはIPベースのHDプロダクション施設を2016年2月より運用開始する。設備はSDIをSMPTE2022-6に替え、Evertzやソニーと組んでASPENプロトコルベースで構築している。また大手オランダのメディアグループDutchView Infostradaでは、クラウドを利用したAIMSの新システムで2つのライブ番組の放送を行っている。

151222_alliance_ibc2015 TICOアライアンスに加入しているメーカー一覧 151222_aspen_logos ASPENコミュニティに加入しているメーカー一覧

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2015-12-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

SMPTE、IPライブプロダクション相互運用性を図るSMPTE ST 2110規格を承認

SMPTEは、SMPTE ST 2110の第1規格となるProfessional Media Over Managed IP Networks(ST 2110-10/-20/-30... 続きを読む

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

NewTek、IPプロダクション移行に向けたウェビナー開催。NDI環境での映像制作フローを紹介

米NewTekは来る2月2日に、「How to Apply NDI Technology in a Production Workflow」と題したウェビナーを開催する。 N... 続きを読む

オムニバス、パナソニック開発のCATV向けIP動画広告配信システムを活用

アドテクノロジーを活用したマーケティング支援事業を展開する株式会社オムニバスは、パナソニック株式会社が開発したケーブルテレビ向けIP動画広告配信システムを活用した実験を開始する。 ... 続きを読む

[NAB2016]パナソニック、新開発Video over IP Gatewayで実証実験を開始。キヤノンとの連携展示も

パナソニック株式会社は、IPネットワークを利用した高画質映像の伝送の技術であるVideo over IP(以下:VoIP)が注目されていることを受け、放送と通信の融合による新たな価... 続きを読む

トップ > ニュース > 放送ライブ制作、2025年までにIPベース環境へ移行の兆し