PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Teradek、業界初ワイヤレスLUTボックス登場。撮影現場で複数カメラのコントロールとライブカラーグレーディング、イベント中継でも活躍

News

Teradek、業界初ワイヤレスLUTボックス登場。撮影現場で複数カメラのコントロールとライブカラーグレーディング、イベント中継でも活躍

2016-01-28 掲載

撮影現場で意識的に1メーカーに統一してカメラを揃えることはあるだろうか?ARRI、キヤノン、ソニー、パナソニック、REDなど独自Logガンマを持っているため、現場では最終映像のルックがモニターで確認できずに作業が進められている。様々なカメラから来るRAWやLog映像のままモニターで観ることが多く、最終的なルックはポスト編集で施すというワークフローが多い。

160128_Colr_frontback

ここでTeradekより、カメラからの映像信号にLUT(Look Up Table)を適用し、ワイヤレスでオンセットグレーディングに繋げられるボックス「COLR」が登場している。COLRは、カラーコンバーター機能とCDL/1D/3D LUTカラーを1つのミニボックスに収まっており、加えてSDI/HDMIのクロスコンバート、720/1080(i/p)の解像度変換が行える。富士フイルム社のIS-miniのワイヤレスバージョンとも言えよう。COLRはミニコンバーターでありながら、ビルトインLUTを持たないカメラ機種からディレクターが見ているiPadまで、ネットワークに繋がったデバイスすべてのカラースペースを管理する機能を持つ。

160128_colormanagement Webブラウザでネットワーク内にあるCOLRの管理および設定を行うことができる 160128_color_management_sprit2

様々な機種のカメラを使って撮影する現場では、カメラのカラーマッチングをして最終映像をモニターにプレビューすることができる。あわせてテストパターンを生成し、モニターのキャリブレーションが可能だ。現場にあるマルチカメラに1つのルックを適用し、また撮影中にカラーグレーディングを施すことで、ポスト作業の時間削減にも貢献できる。

160128_Pomfort-LiveGrade LiveGrade上でCOLRを選択 160128_LUT_Preset

Pomfort LiveGradeに適応しており、LiveGradeでカスタマイズしたLUTをCOLRに転送し、プリ設定値に加えることができる。LUTのプリ設定数は最大33ポイントまで。COLRに戻したLUTでマルチカメラの映像信号の色を即座に統一できるため、ライブイベントでも活用できるだろう。

160128_foolcontrolapp Foolcontrol app

REDの場合はFoolcontrol app、そしてARRIのmobiel UIからワイヤレスでカメラコントロールが行えるので、クレーンにマウントしたカメラのカラーバランス調整にも便利だ。ドローンカメラのカメラコントロールとしても機能を発揮する。

160128_ARRIapp

COLRはオンライン販売で999ドル。Teradekでは、近いうちにサードパーティ向けにCOLRのAPIを公開する予定をしているという。

160128_connected_set

またCOLRに合わせてLogメタデータも記録できるSSDベースのプロキシレコーダーシステム「LOKR」も発表しており、COLRとシステムパッケージ化もしている。LOKRはH.264プロキシを生成してワイヤレス伝送する機能を持つ。LOKRをワークフローに組み込めば、現場でのライブビューから遠隔地でのデイリーにも役立つ。LOKRの発売は今春を予定している。

160128_wireless COLRを使ってマルチカメラのルック管理可能なワイヤレスワークフロー案。TeradekのトランスミッターBoltを使った映像信号伝送も含む
COLR開発案をしたDITのジェミー・メツガー氏によるCOLRを使ったワークフローの説明

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-01-28 ]
[ TAG : ]

関連する記事

SmallHDとTeradek、両社初のコラボレーションとなる7インチワイヤレスモニター「703 Bolt」を発売

ワイヤレス映像デバイスでリーディングカンパニーのTeradekと映像制作向けのモニターメーカーのSmallHDは、両社初のコラボレーションとなるワイヤレスHDレシーバー内蔵7インチ... 続きを読む

Teradekから、ワイヤレス・360度ライブストリーミングシステムが発売。 全方位モニタリングにも活用

ワイヤレス映像デバイスを開発するTeradekから、マルチカメラソースをリアルタイムに1枚の全方位な映像にして、ライブストリーミングできるコンパクトなボックス「Sphere」が20... 続きを読む

Vitec、Teradekを31億円で買収。映像ワイヤレス伝送製品を強化

カメラマウント型のワイヤレスビデオトランスミッターを開発している米Teradek社は、英Vitec社に3040万ドル(約31億円)で買収される。発表はVitecから先週行われたもの... 続きを読む

4ch同時録画に対応したネットワークビデオ収録システム「Smart Rec」が発売に

株式会社EVCは、4ch同時録画に対応したネットワークビデオ収録システム「Smart Rec」の販売を開始した。主に教育現場における配信・収録への導入を見込んでいるという。 Sma... 続きを読む

TeradekのH.264映像・音声配信ユニット「VidiU」の国内出荷を開始

株式会社メディアトラバースは、同社が国内代理店を務める米国Teradek社のコンシューマー向けH.264映像・音声配信ユニット「VidiU」を5月20日より出荷開始すると発表した。... 続きを読む

トップ > ニュース > Teradek、業界初ワイヤレスLUTボックス登場。撮影現場で複数カメラのコントロールとライブカラーグレーディング、イベント中継でも活躍