PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2016]富士フイルム、4K対応シネマカメラ用ズームレンズ「FUJINON XK6x20」を発売

News

[NAB2016]富士フイルム、4K対応シネマカメラ用ズームレンズ「FUJINON XK6x20」を発売

2016-04-06 掲載

富士フイルム株式会社は、4K対応のシネマカメラ用ズームレンズの新ラインアップとして、「FUJINON XK6x20」(以下:XK6x20)を2016年6月下旬より発売する。希望小売価格は税抜200万円前後。

XK6x20は、4Kカメラに対応し、20mmから120mmの焦点距離をカバーし、ズーム全域でT3.5の明るさを実現したシネマカメラ用ズームレンズ。被写体距離に40cm(フロントレンズから11cm)まで接近して撮影可能なマクロ機能や、ズーム、フォーカスを電動で駆動させる着脱式のドライブユニットを搭載。フォーカス、ズーム、アイリスの操作リング全てにおいて、これまでのFUJINONシネマカメラ用レンズと同一の0.8mmギアピッチを採用しており、標準的な周辺アクセサリーが使用可能。フォーカスリングは200度の回転角と適度なトルク感を実現。フォーカス指標はフィート表記かメートル表記の選択可能だ。

光学シミュレーション技術を用いて設計した大口径非球面レンズ(9枚絞り羽根)を採用。フラッグシップモデル「HKシリーズ」および小型軽量モデル「ZKシリーズ」と色味を統一設計することにより、複数のレンズを併用する際に必要なカラーグレーディングを簡略化するとしている。また、放送用レンズ採用のフランジバック調整機構を搭載し、レンズの光学性能をフルに引き出す。その他にも、ズームやフォーカスを電動で駆動する着脱可能なドライブユニットや、ズームやフォーカス位置情報などのレンズデータを高分解能で出力するロータリーエンコーダを搭載している。

なお、XK6x20は2016年4月16日から21日(米国時間)の期間中に米国ラスベガスで開催されるNAB2016の同社ブース(サウスホール/SL7613)にて展示予定だ。


[ Category : ]
[ DATE : 2016-04-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[NAB2019]Carl Zeissブース(動画)

NAB2019のCarl Zeissブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルムブース(動画)

NAB2019の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルム、NAB2019出展概要を発表。4K・8K映像に対応した放送用レンズやラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズなどを展示

※写真は昨年の様子 富士フイルムは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(セントラルホール/C7225)。 同社... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2016]富士フイルム、4K対応シネマカメラ用ズームレンズ「FUJINON XK6x20」を発売