PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、LEDライトを内蔵したEOS Mシリーズ用交換レンズ「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」を発売
News

キヤノン、LEDライトを内蔵したEOS Mシリーズ用交換レンズ「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」を発売

#Canon #EF-Mレンズ

2016-05-11 掲載

キヤノンは、同社のミラーレスカメラEOS Mシリーズ用交換レンズ「EF-Mレンズ」初のマクロレンズとして「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」を2016年6月下旬より発売する。希望小売価格は税抜45,000円。

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMは、LEDライト内蔵のAF撮影が可能なマクロレンズ。LEDライトはレンズ前面の左右に内蔵しており、両側点灯と片側点灯の選択や、明るさの強弱の切り替えが可能。撮影倍率0.7倍から1.2倍までのマクロ撮影が可能な「スーパーマクロモード」を搭載し、一般的なマクロレンズの最大撮影倍率である等倍(1.0倍)を超え、細部まで大きく写すことが可能。スーパーマクロモード時は、レンズ先端から被写体までの距離が最短で13mmまで接近できる。通常撮影モードと合わせると、無限遠までの通常領域と撮影倍率1.2倍までのマクロ領域のAF撮影を実現。

160511_EF-M28mm_F3.5_Macro_IS_STM LEDライト両側点灯

通常撮影時に影響を受けやすい角度ブレに加え、撮影倍率が大きいマクロ撮影時に生じやすいシフトブレも同時に補正する「ハイブリッドIS」を搭載。その他にも、カメラの角度ブレ量を検出する振動ジャイロ(角速度センサー)に加え、撮像面に対して平行方向のブレを検知する加速度センサーを搭載している。2つのセンサーが捉えたカメラの動きをもとに、アルゴリズムによってブレ量を算出し、補正光学系を的確に駆動させることで、角度ブレとシフトブレを同時に補正を行っている。レンズ本体は、全長45.5mm、質量約130g。色収差を良好に補正するUDレンズ1枚と、像面湾曲や球面収差を補正する非球面レンズ2枚を採用。


[ Category : ]
[ DATE : 2016-05-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、業務用4Kディスプレイ7製品の機能修正を盛り込んだ無償ファームウェアを提供開始

業務用31型4K/HDRリファレンスディスプレイ「DP-V3120」 キヤノンは、同社の業務用ディスプレイ7製品(DP-V1710/V1711/V2410/V2411/V24... 続きを読む

キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や交換レンズなどの発売日が決定

キヤノンは、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や、交換レンズなどを2020年7月30日に発売することを発表した。以前、2020年7月下旬発売としていたもの。 EOS ... 続きを読む

キヤノン、「EOS R5」「EOS R6」の4K/8K動画撮影時の発熱低減対策を公開

キヤノンは、同社のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」の温度上昇にともなう撮影時間の制限についての案内を公開し、温度上昇を踏まえた記録可能時間と待機・回復時間... 続きを読む

キヤノン、約4500万画素・最高約20コマ/秒連写と8K動画撮影を実現したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を発売

キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素(総画素数約4710万画素)フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合... 続きを読む

キヤノン、最高約20コマ/秒連写のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R6」を発売

キヤノンは、同社のフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」を基にした有効画素数約2010万画素(総画素数約2140万画素)フルサイズCMOS センサーと新映像エン... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、LEDライトを内蔵したEOS Mシリーズ用交換レンズ「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」を発売