PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 衛星8K放送をMMT-TLV方式でケーブルテレビへ再放送。NHK「技研公開2016」で実証展示
News

衛星8K放送をMMT-TLV方式でケーブルテレビへ再放送。NHK「技研公開2016」で実証展示

#NHK #NHK技研 #8K

2016-05-30 掲載

既存のケーブルテレビでのスーパーハイビジョン(8K)再放送を行う実験として、ITU-T規格に準拠する複数搬送波伝送方式を用いた8Kケーブル再放送システムを「 NHK技研公開2016」にて展示した。ケーブルテレビ局で受信した8K衛星放送の信号を複数のチャンネルに分割して伝送し、受信側で正しく合成することで、既存の伝送路のまま家庭に配信できるもの。

160530_8kSat_CATV_panel2

同展示では、試験放送で採用されるMMTおよびIPパケットを効率的に多重するTLV(Type Length Value)形式の8K信号(約100Mbps)を、J:COM調布局で衛星受信して再放送し、展示会場で復調、合成して、シャープ社製の8Kディスプレイに再生した。映像形式はHEVC、音声はMPEG4 AACである。TVLはIPパケットを衛星デジタル放送で効率的に伝送するための多重化方式。衛星へのアップリンク、ダウンリンクは放送衛星システム(B-SAT)が協力した。

160530_8kSat_CATV 受信、複合装置は左のボックス。右側は次世代版として開発が進められているボックスで、将来的にはHEVC復号化用のチップも搭載され、受信、複合、デコードを行えるボックスの開発を進めているという

複数搬送波伝送方式とはNHKが開発した技術で、ケーブルテレビ網におけるチャンネルの使用状況に応じて、64QAMと256QAMを組み合わせて4K・8K放送信号を伝送できるようにする。今回は8K信号を分割して64 QAMの1波と256 QAMの2波で伝送、複合した。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-05-30 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[再現:InterBEE2020]NHK、InterBEE2020 ONLINE出展概要を発表。新4K8K衛星放送の魅力や受信方法などを紹介

NHKは一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で、2020年11月18日よりオンライン開催されるメディア総合イベント「Inter BEE 2020 ONLINE」に出... 続きを読む

NHK技研、新たな日本語音声合成システムを開発

日本語音声合成システムの概要図 NHK放送技術研究所は、AI(人工知能)を活用して、より流暢で自然な発声を実現する新たな音声合成技術を開発した。 これまで日本語の音声合... 続きを読む

キヤノンと長崎県五島市、久賀島・奈留島の世界文化遺産と自然を紹介する8K映像を制作

キヤノンは長崎県五島市と協働で、2018年に世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する12の資産のうち、五島市に所在する「久賀島(ひさかじま)の集... 続きを読む

アストロデザイン、シャープ8Kカムコーダー「8C-B60A」の改良モデル「AA-4814-B」発売

アストロデザイン株式会社は、シャープ株式会社製8Kカムコーダー「8C-B60A」を改良した新しい8Kカムコーダーとして「AA-4814-B」を2020年10月に発売する。希望小売価... 続きを読む

キヤノン、TBSテレビ「世界遺産」でキヤノン8Kカメラで撮影した空撮映像などを放送

瑠璃堂内部での撮影の様子 キヤノンが番組提供しているTBSテレビ「世界遺産」(毎週日曜日18:00から放送)の4Kおよび8Kで撮影した「4K8K特別編」が2020年10月4日... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 衛星8K放送をMMT-TLV方式でケーブルテレビへ再放送。NHK「技研公開2016」で実証展示