PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NHK技研公開]多視点ロボットカメラを使った、ライブグラフィックスのスポーツ中継活用案

News

[NHK技研公開]多視点ロボットカメラを使った、ライブグラフィックスのスポーツ中継活用案

2016-05-31 掲載

NHKでは、多視点ロボットカメラを使って追従した被写体と、取得した映像情報を使って生成したCGを合成し、被写体の速度や軌跡として競技映像に表示できるシステムを開発している。ハイライトやスポーツ解説などで応用可能だという。

160531_tenji_19 複数のロボットカメラを協調制御し、動く被写体の多視点映像を撮れる多視点ロボットカメラ 160531_4dcg 160531_bullet4D

同社では5月に開催された「NHK技研公開2016」にて、その技術とフローを実演で紹介した。CBSのEyeVisionおよび元Replay TechnologiesのFreeD技術、Intel FreeDと類似した、スポーツ中継用リプレイ・グラフィックスが生み出せる。

© 2016 Replay Technologies, All Rights Reserved. CBSが中継で採用したFreeDによる応用

今回の実演では、マルチカメラのカメラ位置とポジションなどの情報や光学的な歪み補正などをリアルタイムで演算するカメラ校正技術と、映像解析による被写体の追従技術を組み合わせている。校正技術では、撮影現場で簡便にカメラの設定位置やポジションを高度に整合できるのが特長。

160531_bulletcamera2 今回の実演では3台のカメラをシンクロして利用 160531_3D 多視点映像からの被写体追従は、ボールや選手といった被写体の移動予測やマルチカメラ間の3次元的な位置関係を利用する 160531_bullet5

NHKでは、このような多視点ロボットカメラシステムを使った画期的なスポーツ中継向けのアプリケーションを、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で実用したい意向だ。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-05-31 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発

システムの原理 NHKは、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独自の3次元映像表示方式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の高精細な3次元映像”を表示... 続きを読む

NHK、8K 22.2chでの上映イベントを開催

NHKは、BS8Kで1月から放送している8Kクラシック番組「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」を8K映像と22.2chサラウンド音響で体感できる8K上映イベントを2020年2月1... 続きを読む

[InterBEE2019]NHK、InterBEE2019出展概要を発表。“8Kスポーツ”コンテンツと最新の8K制作への取り組みを紹介

NHKは一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」... 続きを読む

NHK、フレキシブルディスプレイの長寿命化に向けた有機EL用材料を開発

フレキシブルディスプレイのイメージ NHKは、巻き取りや折り曲げができるフレキシブルディスプレイの実現を⽬指し、有機ELの研究開発を進めており、今回長寿命化に向けて新たな有機... 続きを読む

[NAB2019:NHK]8K放送システムやコンテンツの展示、裸眼による3D映像システムを展示

NHKブース動画 NHKブースレポート すでにNHKが提唱していた4K8Kは実用期にはいり、カメラを初めとした様々な機器がすでに内外各メーカーから発... 続きを読む

トップ > ニュース > [NHK技研公開]多視点ロボットカメラを使った、ライブグラフィックスのスポーツ中継活用案