PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NHK技研公開] NHKバーチャルスタジオシステムの提案。生放送で利用できるリアルタイムカメラトラッキング

News

[NHK技研公開] NHKバーチャルスタジオシステムの提案。生放送で利用できるリアルタイムカメラトラッキング

2016-06-03 掲載

NHK技研公開では、昨年に引き続いて高機能バーチャルスタジオシステムが紹介された。簡易でコンパクトなハイブリッドセンサーカメラ実装のカメラシステムを使って、実写と馴染む自然なCG合成を可能にする。

160603_nhk2015 昨年は、スタジオから離れた場所に全天周カメラを設置し、そのライブフィードをリアルタイムにスタジオの実写およびCGと合成できるバーチャルスタジオシステムとして紹介していた 160603_nhk3

カメラとは別にリグにセンサーカメラを搭載することが多い中、本システムではカメラに装着できるため、リグフリーでカメラオペレーションでき、実写と3DCGをリアルタイム合成して生放送が行える。CG描画ではリアルタイムゲームエンジンを組み込むような応用も可能だ。今回のデモンストレーションは、屋内スタジオでの被写体とCG背景を合成する用途としてグリーンバックを使用しているが、屋外での利用もできる。同様なバーチャルカメラシステムを持つNCAMでは、ゲームエンジンを使ったリアルタイムグラフィックスと実写の合成技術が、スポーツ中継といった放送分野で活用されていくという。

カメラに実装するハイブリッドセンサーはMEMSセンサーと呼ばれ、ジャイロ、加速度などを使ってカメラの姿勢、位置、高さを計測する。床面の一角にはポイント(点群)を印刷したシートが配置されており、センサーカメラが捉えると実際の位置と向きとの誤差を補正する。

160603_nhk センサーカメラで底面を撮影し画像解析をして位置を計測する。レーザーでは床からかえってきた反射光を受けて高さを計測する。モーターは方位を制御する 160603_sensor

今回は、開発を進めている照明推定装置(照明センサー)の実機もお目見えした。本装置は、照明の位置・明るさ・色を正確に取得しスタジオの照明条件に合ったCGを描画できるようにし、実写とCGの自然な映像合成を可能とする。このバーチャルスタジオシステムは小規模な制作スタジオでも手軽に使えるようにCG描画装置のインターフェイスを改善しており、NHKエンジニアリングシステムでは、本システムに関連するコンテンツ制作からシステムレンタルまで展開している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-06-03 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NHK、200万画素ハイビジョン解像度相当の3次元映像表示システムを開発

システムの原理 NHKは、被写体からの光線を再現する「アクティナビジョン」と呼ぶ独自の3次元映像表示方式で、“ハイビジョン解像度相当(約200万画素)の高精細な3次元映像”を表示... 続きを読む

NHK、8K 22.2chでの上映イベントを開催

NHKは、BS8Kで1月から放送している8Kクラシック番組「いまよみがえる伝説の名演奏・名舞台」を8K映像と22.2chサラウンド音響で体感できる8K上映イベントを2020年2月1... 続きを読む

[InterBEE2019]NHK、InterBEE2019出展概要を発表。“8Kスポーツ”コンテンツと最新の8K制作への取り組みを紹介

NHKは一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で、2019年11月13日から15日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2019」... 続きを読む

NHK、フレキシブルディスプレイの長寿命化に向けた有機EL用材料を開発

フレキシブルディスプレイのイメージ NHKは、巻き取りや折り曲げができるフレキシブルディスプレイの実現を⽬指し、有機ELの研究開発を進めており、今回長寿命化に向けて新たな有機... 続きを読む

[NAB2019:NHK]8K放送システムやコンテンツの展示、裸眼による3D映像システムを展示

NHKブース動画 NHKブースレポート すでにNHKが提唱していた4K8Kは実用期にはいり、カメラを初めとした様々な機器がすでに内外各メーカーから発... 続きを読む

トップ > ニュース > [NHK技研公開] NHKバーチャルスタジオシステムの提案。生放送で利用できるリアルタイムカメラトラッキング