PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ノブオ電子、LED電子色票「CP1000」を発売
News

ノブオ電子、LED電子色票「CP1000」を発売

#LED #ノブオ電子

2016-06-15 掲載

ノブオ電子株式会社は、スーパーハイビジョン用放送カメラの色校正やディスプレイの発色評価、色彩・視覚実験における色刺激などに使用可能なLED電子色票「CP1000」を発売開始した。希望小売価格は税抜400万円。

CP1000は、異なる波長(色)で発光する18種類のLEDの光を、積分球と呼ばれる内面が硫酸バリウムで塗装された球内で混色させ、開口部に表示させるため、物体色をカバーする色域の色を表示が可能。BT.2020対応広色域カメラの色校正用色票や、色彩/視覚実験用色票に適しているという。CP1000を標準光源D65照明下のX-Riteカラーチェッカーの24種類の色で光らせ、その時のCP1000の開口部に表示される色をカメラで順次撮像し、この時のRawイメージと24種類の色票の三刺激値(CP1000より出力)から、重回帰分析により色変換マトリクスを得ることが可能だ。

CP1000の技術は、静岡大学の下平美文特任教授のもとで開発。2016年1月に承認され、6月に発行予定の静岡大学「次世代忠実色再現画像システム標準化準備委員会(1)(以下:委員会)」発の国際標準規格ISO/TS17321-4に準拠している。CP1000の特徴や用途については以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

特徴について

  • ほとんどすべての色をスペクトル分布を指定して再現できる
  • CIE(国際照明委員会)の標準光源D50、D55、D65、Aなどを再現できる
  • コンピュータ制御なので、ユーザーの作業環境への組み込みができる
  • スペクトル分布は異なるが色度が同じ色(メタメリックカラー)を表示できる

用途、ユーザーについて

  • スーパーハイビジョン用カメラ、通常のカメラの色校正、分光感度設計
  • カメラの特性評価(リニアリティ、ノイズ特性、感度むら特性など)
  • 広色域ディスプレイの発色評価
  • 色彩実験、視覚実験
  • デジタルイメージング機器の色基準
160615_CP1000_01

[ Category : ]
[ DATE : 2016-06-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

SAEDA、Phottixの「Nuada R4 Video LED Light」を発売

株式会社SAEDAは、同社が取り扱うPhottix社のLEDライトシリーズとして「Nuada R4 Video LED Light」を発売した。希望小売価格はオープン、市場想定価格... 続きを読む

SAEDA、Phottixの「Nuada Ring 60 Video LED」を発売

株式会社SAEDAは、同社が取り扱うPhottix社のLEDライトシリーズとして「Nuada Ring 60 Video LED」を発売した。希望小売価格はオープン、市場想定価格は... 続きを読む

阿芙、スマホ撮影ライブ配信セット「Mobile Live Set」をクラウドファンディングで先行発売

阿芙株式会社は、2019年9月3日からクラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、ライブ配信セット「Mobile Live Set」の先行販売を開始した。販売スケ... 続きを読む

システムファイブ、「ノブオ電子 LED電子色票 CP1000 実機デモンストレーションセミナー」を開催

株式会社システムファイブは、「ノブオ電子 LED電子色票 “CP1000” 実機デモンストレーションセミナー」を2016年10月21日(金)に開催する。会場は東京・半蔵門のPROG... 続きを読む

NFLジャクソンビル・ジャガーズの本拠地スタジアムに世界最大・8K LEDスクリーンがデビュー。Abekasサーバで白熱プレーとグラフィックスをディスプレイ

ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)チーム、ジャクソンビル・ジャガーズの本拠地スタジアムのエバーバンク・フィールドは、昨年度に行った施設リニューアル時に、2か所のエンドゾーン... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ノブオ電子、LED電子色票「CP1000」を発売