PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、「2016映像制作機器 新製品内見会」を開催。「4K」「HDR」「IP」対応の製品群が勢揃い
News

ソニー、「2016映像制作機器 新製品内見会」を開催。「4K」「HDR」「IP」対応の製品群が勢揃い

2016-06-17 掲載

ソニーは、6月16日(木)および17日(金)の2日間、東京・品川の同社大会議場にてNAB2016に出展した新製品の内見会「2016映像制作機器 新製品内見会」を開催した。

同内見会では、NABにて発表・展示された4Kスーパースローモーションカメラシステム「HDC-4800」「BPU-4800」や、5型業務用4K有機ELモニター「PVM-X550」、PMW-F55用ポータブルメモリーレコーダー「AXS-R7」などの新製品のほか、HDRの展示などが行われた。

160617_sonyexhibition_3025

4Kスーパースローモーションカメラシステム「HDC-4800」。新開発Super 35mm単板CMOSイメージセンサーにより、データ読み出し処理を高速化。4Kで最大8倍速、HDで最大16倍速のスローモーション撮影が可能

160617_sonyexhibition_3029

マルチフォーマットポータブルカメラシステム「HDC-4300」。2/3型3板式4Kイメージセンサーを搭載し、HDで8倍のスーパースロー映像を実現。対応するベースバンド・プロセッサーユニットBPU-4500/4000新バージョンとの組み合わせでLive HDRにも対応

160617_sonyexhibition_3159

参考出品の4K対応ショルダーカムコーダー。新開発の2/3型4Kイメージセンサーを搭載し、XAVC Intra/XAVC LongでのQFHD/59.94p収録に対応している

160617_sonyexhibition_3032b

4K120fpsのハイフレームレート撮影や、4Kの30秒(24p時)のキャッシュレックを実現するCineAlta 4KカメラPMW-F55用のメモリーレコーダーポータブルメモリーレコーダー「AXS-R7」。新フォーマットX-OCN(Extended Tonal Range Original Camera Negative)にも対応している

160617_sonyexhibition_3059

55型業務用4K有機ELモニター「PVM-X550」は、4分割表示した映像ごとに個別の設定が可能なQuad View表示機能を搭載

160617_sonyexhibition_3145

レンズ交換式XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS5/FS5K」。5月にリリースされたファームウェアアップデートにより、4K60p/50pのRAW収録への対応(別途CBKZ-FS5RIFが必要)や、NDフィルターの濃度が自動調整可能になった

160617_sonyexhibition_3151

レンズ交換式XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-FS7/FS7K」。2016年6月リリース予定のファームウェアアップデートVer.4.0により、4K XAVC 24.0pに対応し、AFフレームをグリップ十字キーで移動可能となる

160617_sonyexhibition_3042

4K/HD対応マルチポートAVストレージユニット「PWS-4500」。サーバー間ファイル共有機能Share Playを標準装備したネットワーク・メディア・インターフェース対応ビデオサーバー

160617_sonyexhibition_3187

IP LiveソリューションとしてXVSシリーズのライブスイッチャー製品群を展示。マルチフォーマットプロダクションスイッチャー「XVS-7000」は、4Kライブ制作システムの運用スタイルに合わせて機能や構成を選択可能な中型スイッチャー。SDIに加えてIPインターフェースに対応

160617_sonyexhibition_3111

民生用SDメモリーカードと比べて約10倍の曲げ強度、約7倍のひねり強度を実現した耐久性の高い業務用SDカード「2SF-64P」。付属のハードケースによりケース内に2枚のSDカードを保管可能

160617_sonyexhibition_3097

外付け大容量HDD「PSZ-RA6T」。7,200rpm、3.5インチHDDを2台搭載し、RAID 0/RAID 1/JBODの3つのRAIDモードが選択可能。高速性を重視したRAID 0(ストライピング)モードの場合、最大440MB/sの高速データ転送が可能。片手で持ち運びが可能なハンドルも装備している

160617_sonyexhibition_3086

オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ「ODC3300R」。アーカイバル・ディスクは積層記録膜を両面で6層化し、さらに記録膜の凹部分(グルーブ)と凸部分(ランド)部分両方に記録するランド&グルーブ記録技術を用いたことにより、ディスク1枚あたりの容量が300GB、カートリッジには同ディスクが11枚入っているため3.3TBの大容量記録を実現している

160617_sonyexhibition_3053

オプティカルディスク・アーカイブドライブユニット「ODS-D280U」は、8チャンネル光学ドライブユニットの搭載により、データ転送速度は平均2Gbps(250MB/s)以上

160617_sonyexhibition_3128

UHFシンセサイザーダイバーシティチューナー「URX-P03D」は2波受信が可能なポータブルタイプのワイヤレスチューナー。専用シューマウントアダプター「SMAD-P3D」により、同社製のビデオカメラレコーダーやレンズ交換式デジタルカメラなどのマルチインターフェースシューを登載したカメラであれば、ケーブルを使用せず受信機からカメラへのオーディオ信号の伝送が可能


[ Category : ]
[ DATE : 2016-06-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

デジタル一眼カメラ α(TM) Eマウント用レンズ 『FE 14mm F1.8 GM』 SEL14F18GM

ソニー、大口径超広角単焦点レンズ「FE 14mm F1.8 GM」発売。超広角焦点距離14mm、開放F1.8の明るさを小型軽量設計で実現

ソニーは、35mmフルサイズ対応α (Alpha) Eマウントレンズとして、焦点距離14mm、開放絞りF1.8の明るさを持つ大口径超広角単焦点Gマスター「FE 14mm F1.8 ... 続きを読む

ソニーのオートフレーミングソフトウェア

ソニー、「オートフレーミングソフトウェア」発売。AI技術で4KからHD映像の自動切り出しが可能

ソニーマーケティング株式会社は、AI技術を活用して、4Kカメラで撮影した映像から特定の出演者をHD映像で自動的に切り出す「オートフレーミングソフトウェア」を2021年9月に発売する... 続きを読む

ソニーPCLメイン写真

ソニーPCL、東宝スタジオにバーチャルプロダクション手法の研究開発拠点を開設

ソニーPCL株式会社によると、2021年4月から国内最大規模の撮影スタジオである「東宝スタジオ」内のステージ4に、8K/440インチのソニー製Crystal LEDディスプレイシス... 続きを読む

ソニー、PXW-Z280/PXW-Z190のアップデートファームウェアVer.4.00を公開。RTMP/RTMPS方式のストリーミング配信機能に対応

ソニーは、XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z280」ならびに「PXW-Z190」の両機種において、RTMP/RTMPS方式のストリーミング配信機能を可能とするファームウェア... 続きを読む

ライブプロダクションスイッチャーXVS-G1

ソニー、新アーキテクチャー採用の小型ライブプロダクションスイッチャー「XVS-G1」発売

ソニーは、スイッチャーのハイエンドモデルXVSシリーズの信頼性と安定性を踏襲しながら、GPUを活用した新機能を多数搭載した小型ライブプロダクションスイッチャー「XVS-G1」を20... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、「2016映像制作機器 新製品内見会」を開催。「4K」「HDR」「IP」対応の製品群が勢揃い