PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、「XC10」ファームウェアVersion 1.0.2.0を公開
News

キヤノン、「XC10」ファームウェアVersion 1.0.2.0を公開

#Canon #XC10

2016-06-30 掲載

キヤノンは、同社のデジタルシネマカメラ「XC10」用ファームウェア Version 1.0.2.0を公開した。以前アップデート内容が発表されていたもの。

同アップデートにより、HD動画撮影時にMP4フォーマット記録の選択が可能となった。その他にも、AF速度が最大約2倍に高速化され、AFスピードの設定メニュー(ハイ/ミドル/ロー)や、フリッカー対策としてシャッター設定値(1/25、1/50)の追加、HD撮影時の低照度画質の向上などが含まれる。アップデート方法の詳細およびデータのダウンロードは同社Webページより。


[ Category : ]
[ DATE : 2016-06-30 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、業務用4Kディスプレイ7製品の機能修正を盛り込んだ無償ファームウェアを提供開始

業務用31型4K/HDRリファレンスディスプレイ「DP-V3120」 キヤノンは、同社の業務用ディスプレイ7製品(DP-V1710/V1711/V2410/V2411/V24... 続きを読む

キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や交換レンズなどの発売日が決定

キヤノンは、フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」や、交換レンズなどを2020年7月30日に発売することを発表した。以前、2020年7月下旬発売としていたもの。 EOS ... 続きを読む

キヤノン、「EOS R5」「EOS R6」の4K/8K動画撮影時の発熱低減対策を公開

キヤノンは、同社のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」の温度上昇にともなう撮影時間の制限についての案内を公開し、温度上昇を踏まえた記録可能時間と待機・回復時間... 続きを読む

キヤノン、約4500万画素・最高約20コマ/秒連写と8K動画撮影を実現したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を発売

キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素(総画素数約4710万画素)フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合... 続きを読む

キヤノン、最高約20コマ/秒連写のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R6」を発売

キヤノンは、同社のフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark III」を基にした有効画素数約2010万画素(総画素数約2140万画素)フルサイズCMOS センサーと新映像エン... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. キヤノン、「XC10」ファームウェアVersion 1.0.2.0を公開