<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、「フジノン映像機器 内覧会2016」を開催。「XK6x20」をはじめとする4K対応レンズを展示

News

富士フイルム、「フジノン映像機器 内覧会2016」を開催。「XK6x20」をはじめとする4K対応レンズを展示

2016-07-06 掲載

富士フイルム株式会社は、7月5日(火)および6日(水)の二日間、東京・青山の青山テピアにてレンズ製品を中心とした内覧会「フジノン映像機器 内覧会2016」を開催。

同内覧会では、NABにて発表・展示された、2/3インチ4K レンズ「FUJINON UA13x4.5」や、デジタルシネマ用4K対応PLマウントズームレンズ「FUJINON XK6x20」の展示が行われた。

160706_FUJIFILM_3606 Sony PXW-FS5と組み合わせて展示が行われていた4K対応シネマカメラ用ズームレンズ「FUJINON XK6x20」。20mmから120mmの焦点距離をカバーし、ズーム全域でT3.5の明るさを実現。被写体距離に40cmまで接近して撮影可能なマクロ機能や、ズーム、フォーカスを電動で駆動させる着脱式のドライブユニットを搭載 160706_FUJIFILM_3563big 107倍ズームを実現し、広角8.4mmから超望遠900mmまでをカバーする4K対応の放送用ズームレンズ「FUJINON UA107×8.4」 160706_FUJIFILM_3569 広角8.4mmから超望遠900mmまでをカバーした4K対応放送用ズームレンズ「FUJINON UA80×9 1.2x EXT」 160706_FUJIFILM_3571 FUJINON UA80×9 1.2x EXTは、UA80×9に1.2倍エクステンダーを搭載することで望遠側の焦点距離864mmを実現 160706_FUJIFILM_3599 2/3″フォーマットに対応した4K対応望遠ズームレンズ「UA22×8BERD」。絞り羽根を9枚にすることで自然なボケ味を実現 160706_FUJIFILM_3579 焦点距離は12mm~36mmの8K対応3倍ズームレンズ「FUJINON SK3×12」 160706_FUJIFILM_3624 放送用13倍ポータブルワイドズームレンズ「FUJINON UA13×4.5BE」。HA13×4.5やHA14×4.5レンズと同様のサイズ感で、画面周辺までの高解像度力とワイド側のディストーション軽減を実現しているという http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/07/160706_FUJIFILM_3616big.jpg 会場では4KレンズFUJINON UA13×4.5BE(左)とHDレンズ(右)の比較が行われていた
※画像をクリックすると拡大します
160706_FUJIFILM_3596 ポータブルタイプの標準ズームレンズ「FUJINON HA18×5.5」。広角側5.5mmから望遠側100mmの焦点距離を1本でカバー 160706_FUJIFILM_3633 展示会場内にはレンズ点検コーナーを設置 160706_FUJIFILM_3590 武蔵オプティカルシステム社のPLマウント専用光学エクステンダー「OptMore」。35mmフォーマットPLマウント・ズームレンズ、または固定焦点レンズのためのエクステンダーでフランジバック調節機能を搭載 160706_FUJIFILM_3591 武蔵オプティカルシステム社の大判センサーを使用した各種ビデオカメラ等にB4マウントレンズを装着可能な光学式マウント変換アダプター「OptMag」

なお、同社は2016年7月13日に東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールームにて開催される「FUJINON XKレンズ新製品セミナー」にてFUJINON XK6x20や、FUJINON HKレンズ、ZKレンズなどの展示や、レンズの簡易メンテナンスを行う。詳細情報の確認および参加申し込みは同セミナー案内ページより。


[ Category : ]
[ DATE : 2016-07-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CP+2019]富士フイルム、顔検出/瞳AFの追従性・安定性の向上を実現するX-T3のファームウェアバージョン3.00を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョンVer. 3.00を2019年4月より公開する。 アルゴリズムの改善により、顔検出/瞳AFの追従性... 続きを読む

富士フイルム、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載した超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000」を発売

富士フイルム株式会社は、屈曲型二軸回転機構レンズを搭載し、本体を動かさずにレンズの回転だけで様々な方向へ投写可能な超短焦点プロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5... 続きを読む

富士フイルム、「新プロジェクター製品内覧会」を開催

富士フイルム株式会社は、2019年2月13日に東京・銀座にあるG735 Galleryにて、「新プロジェクター製品内覧会」を開催する。 同内覧会は、Photokina2018... 続きを読む

富士フイルム、4GBを超える動画ファイルを1ファイルで記録できるX-T3のファームウェアバージョン2.10を発表

富士フイルムは、同社のデジタルカメラ「X-T3」用のファームウェアバージョン2.10を公開した。 従来、ファイルサイズが4GBを超える動画ファイルは分割して記録されていたが、... 続きを読む

[InterBEE2018]富士フイルムブース:8K・4K対応レンズやさまざまな方向に投射できるプロジェクターを国内初出展

富士フイルムブース動画 富士フイルムブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、「フジノン映像機器 内覧会2016」を開催。「XK6x20」をはじめとする4K対応レンズを展示