PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [Report Now!]第3回ライブ&イベント産業展〜イベント映像演出の“今”を体感できる展示会

News

[Report Now!]第3回ライブ&イベント産業展〜イベント映像演出の“今”を体感できる展示会

2016-07-11 掲載

過去最多となる520社が一堂に集結

160711_live-event_3760

2014年から開催している「ライブ&イベント産業展」は、今年で第3回目を迎え、昨年同様千葉・幕張メッセにて7月6~8日の3日間開催された。主催者のリード エグジビション ジャパン株式会社の発表では昨年より120社増加の520社、来場者数は3日間で18,837人(出展関係者やセミナー受講者を含むと29,993人)と公表しており、年々この分野での関心が高まっているといえるだろう。

ライブ&イベント産業展はライブ・コンサート・舞台や各種イベントを開催するために必要な、企画制作・運営、演出、機材を始め、ライブ配信技術やグッズ制作、キャスティング、サービスなどが一堂に集まる総合見本市。出展社は企画や運営、レンタルなど総合的なソリューション提供会社やサービスの提供のほか、イベントに必要な機材やシステムを扱う会社など多岐にわたっている。

なお、来年も今年と同様に幕張メッセにて2017年5月31日~6月2日の3日間開催予定だが、展示会の名称が「第4回 ライブ・エンターテイメントEXPO」に変更となる。

2016年の流行とは

■パナソニック
160711_live-event_3873

4K・8Kディスプレイや、映像モニター・ディスプレイ、プロジェクター、デジタルサイネージ、カメラ・撮影機材、レーザー照明など、幅広い製品群を展示。

160711_live-event_3880 3チップDLP方式と、同社独自のSOLID SHINEレーザー技術の組み合わせにより超高輝度、高画質投写を実現した「PT-RZ31KJ」 160711_live-event_3883 4K UHD液晶ディスプレイ「TH-84LQ70J」。ディスプレイ前面に耐衝撃3.5 Jの保護ガラスを採用しており、外部からの衝撃に強い堅牢設計。縦置き設置の場合は人物をほぼ等身大で映し出すことができるため、サイネージとしての利用も可能 160711_live-event_3891 照明器具のスペースプレイヤーと映像を使った空間演出。スペースプレイヤーは天井直付型、床置型、配線ダクト取付け型の3タイプ。リモコンでの操作や、設定時刻に自動再生が可能なスケジュール再生機能、時刻同期により複数台を連携させて同時再生も可能 160711_live-event_3904 VARICAM HSやAV-HS6000を使った240fp映像の撮影と表示システムの技術展示 160711_live-event_3906 液晶ディスプレイ「TH-55LFV70J」と「TH-55LFV80J」による空間演出展示。ディスプレイのベゼル幅が目立たない超狭額縁デザインを採用
■シネ・フォーカス
160711_live-event_3796

4K対応の高精細LEDや3Dホログラム、タッチパネル型透過ディスプレイなどを展示。

160711_live-event_3804 2.6mmピッチLEDディスプレイ「Air MAG-2」を120枚(縦6×横20)使用した画面サイズ縦3000mm×横10000mmで4K映像を展示。Air MAGシリーズはコントラスト比3000:1、輝度1,000nitで、1パネルあたり9kgと軽量ボディ 160711_live-event_3808 英MUSION 3D社監修の3Dホログラムシステムのデモンストレーション。客席とステージの間に斜めに設置した特殊なフイルムに映像を反射させている。大型ステージとの組み合わせにより等身大での立体映像とパフォーマンスの共演も可能だという。同社では横幅12mステージでの実績がある 160711_live-event_3834 水族館「アクアパーク品川」にて同社が企画・演出・施工を行った展示水槽マジカルグランドエリアのタッチパネル水槽。透過型液晶パネルを搭載しており、タッチ、スライド操作により水槽の魚たちとリンクした様々な演出を行っている 160711_live-event_3800 40,000ルーメン、2K解像度の3チップDLPプロジェクター「HDQ-2K40」
■エルテック
160711_live-event_3852

軽量薄型LEDデジタルサイネージ「i-max UltraLight」や、透過型ディスプレイ「i-max OLED LO55」、LEDデジタルサイネージ「i-max Poster」などのサイネージ利用向けの製品を多く展示。

160711_live-event_3858 輝度5,000nits、5kg/m2、5mmの軽量薄型LEDデジタルサイネージ「i-max UltraLight」。シート構造になっており、貼って剥がすことや、湾曲面にも貼ることが可能 160711_live-event_3862 フルカラー有機EL方式と、独自のクラスター構造の55inch透過型ディスプレイ「i-max OLED LO55」 160711_live-event_3866 LEDデジタルサイネージ「i-max Poster」。スマートフォンでワイヤレス接続でき、専用アプリ「Eye Touch」によりライブ編集とアップロードが可能
■映像センター(AVC)
160711_live-event_3913

映像センターは、新しくレンタル開始となる「Linx-9」が初披露されたほか、2.5mmピッチLED映像表示システム「A2」や、透過型10mmピッチLED映像表示システム「OSTEO-10」などを展示。ブースではVJやDJによるイベントも行われていた。

160711_live-event_3923

カーテン形状の9mmピッチLED映像表示システム「Linx-9」(写真奥のLEDシステム)

160711_live-event_3927 4K対応の2.5mmピッチLED映像表示システム「A2」 160711_live-event_3917 透過型10mmピッチLED映像表示システム「OSTEO-10」。複数のユニットを組合わせることで自由なサイズで展開が可能
■エーディテクノ
160711_live-event_3963

エーディテクノは、撮影用フィールドモニターや、業務用マルチメディアディスプレイ、映像信号の変換・延長器、分配器などを展示。NABで参考出品していた製品も多数展示されていた。

160711_live-event_3950 DIGITAL FORECAST社の7型のLCDタッチパネルモニターを搭載したアップ/ダウン/クロス対応マルチコンバーター「X_TS」(参考出品) 160711_live-event_3952 SDI/HDMIクロスコンバーター「X_ODA」(参考出品)。SDI、HDMIを各1入力搭載 160711_live-event_3964 近日発売予定の4K UHD対応メディアプレイヤー「AS4K2K」は、HDRコンテンツの再生にも対応 160711_live-event_3956 フルHD以上の解像度1920×1200、広視野角上下左右各178°、コントラスト比1200:1のIPS方式液晶パネルを採用した4K30p対応の7型液晶フィールドモニター「75HA」
■ジャパンマテリアル
160711_live-event_3968

ジャパンマテリアルは、国内初出展となるエッジブレンディングプロセッサー「GeoBoxシリーズ G-602」や、サイネージプレーヤー「BrightSign」を展示。

160711_live-event_3976 台湾VNS社のエッジブレンディングプロセッサー「GeoBoxシリーズ G-602」。エッジブレンディング機能を持たないプロジェクターでも、画面の境目を感じさせないシームレスなマルチ画面表示が可能 160711_live-event_3973

H.265に対応し、4Kビデオ再生エンジン搭載により4K60p映像をHDMI2.0経由で表示可能な「BrightSign 4K」


■リコー
160711_live-event_3930

リコーは、360°コンテンツが制作可能な「THETA S」や、超単焦点プロジェクターなどを展示。

160711_live-event_3935 360°撮影が可能な「THETA S」。今年5月に発売されたエクステンションアダプター「TE-1」によりTHETA Sを三脚に設置した状態でUSB接続による給電が可能となった 160711_live-event_3936 THETA Sで撮影したコンテンツを写真のような状態にして持ち帰り可能にする専用アプリケーションを開発しているとのこと 160711_live-event_3943 壁際12cmから投写可能な超単焦点プロジェクターによる省スペース、大型サイネージの展示
■衛星ネットワーク
160711_live-event_3995

衛星ネットワークは、衛星サービスを提供するスカパーJSATグループと、地上インターネット回線でサービスを提供するデジコンが開発した車載型映像制作システム「4Kista!」を展示。

160711_live-event_3998 4K60P映像制作に対応した車載型映像制作システム「4Kista!」。中継・収録運用に対応したカメラや、ハイスピードカメラを標準装備 160711_live-event_4004 車内には4K60P運用時1M/E 1Keyerのビデオスイッチャーを装備

[ Category : ]
[ DATE : 2016-07-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[Report Now!]「第2回 スポーツ ビジネス産業展」「第6回 ライブ・エンターテイメントEXPO」

今年で6回目を迎えた「ライブ・エンターテイメントEXPO」は、昨年同様千葉・幕張メッセにて2月27~3月1日の3日間開催された。主催者や制作会社がコンサート、フェス、スポーツ興行な... 続きを読む

韓国モバイル関連展示会から見られるモバイル映像の世界[KITAS2018]

お隣韓国で起きている映像発信の変化 今年で8回目のKITASがソウル特別市COEXで開催された。韓国のSmart Device Trade Show(KITA... 続きを読む

[Report Now!]「第1回 スポーツ ビジネス産業展」「第5回 ライブ・エンターテイメントEXPO」

今年で5回目を迎えた「ライブ・エンターテイメントEXPO」は、昨年同様千葉・幕張メッセにて2月21~23日の3日間開催している。主催者や制作会社がコンサート、フェス、スポーツ興行な... 続きを読む

[Report Now!]撮影スタジオで再現「DJI PROFESSIONAL WORKSHOP」が開催される

松竹京都撮影で体験する最新の技術 DJI JAPANとDJI正規販売代理店LANDSCAPE共同開催によるプロ映像制作者向けワークショップ「DJI PROFESSIONAL ... 続きを読む

パナソニック、「After NAB 2017 新製品発表会」を開催。CineGearで発表されたAU-EVA1も登場!

NAB以降発表の新製品が勢揃い パナソニック株式会社は、7月3日~4日の二日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原にてNAB2017に出展した新製品の内覧会「After NAB ... 続きを読む

トップ > ニュース > [Report Now!]第3回ライブ&イベント産業展〜イベント映像演出の“今”を体感できる展示会