PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:今夏公開映画で多く採用
News

Blackmagic Design製品事例:今夏公開映画で多く採用

#BlackmagicDesign

2016-07-20 掲載

© 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED

Blackmagic Designの発表によると、「The Infiltrator(原題)」「ジェイソン・ボーン」のカークラッシュやアクションシーンの撮影と、「The Founder(原題)」の合成などのVFXワーク、そして「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のVFXプレート撮影「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」「X-MEN:アポカリプス」のカラー調整などにFusion Studio、DaVinci Resolve Studioなどを使用しているという。同社製品を使用した作品の一覧は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • 「ベン・ハー」:セルゲイ・コズロフ(Sergei Kozlov)セカンドユニット撮影監督が複数のBlackmagic Micro Cinema Cameraを使用して同作のオープニングアクションシーンを撮影。
  • 「Don’t Breathe(原題)」:ペドロ・ルーケ(Pedro Luque)撮影監督がアクションシーンにPocket Cinema Cameraを使用。
  • 「The Infiltrator(原題)」:ジョシュア・ライス(Joshua Reis)撮影監督が3台のProduction Camera 4Kをクラッシュカメラとして使用。
  • 「ジェイソン・ボーン」:イゴー・メグリック(Igor Meglic)セカンドユニット撮影監督が複数のMicro Cinema CameraおよびPocket Cinema Cameraを使用して同作のアクションシーンを撮影。
ビジュアルエフェクト
  • 「The Founder(原題)」:Moving Targetのジェレミー・ネルソン(Jeremy Nelson)氏がFusion Studioを使って合成。
  • 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」:ダグラス・ハンス・スミス(Douglas Hans Smith)VFX監督が、URSA Mini 4.6Kを使用して未踏査の地でVFXプレートを撮影。
  • 「The Shallows(原題)」:Digital Sandboxのコーディ・クェイヤー(Cody Cuellar)氏がDaVinci Resolve Studioでショットをグレーディングし、スコット・アンダーソン(Scott Anderson)VFX監督が使用。
DaVinci Resolve Studioを使ったカラーグレーディング
  • 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」:DeluxeグループCompany 3のステファン・ソネンフェルド(Stefan Sonnenfeld)氏がグレーディング。
  • 「Central Intelligence(原題)」:FotoKemのコスタス・セオドシアス(Kostas Theodosiou)氏がグレーディング。
  • 「死霊館 エンフィールド事件」:FotoKemのマーク・グリフィス(Mark Griffith)氏がグレーディング。
  • 「Don’t Breathe(原題)」:DeluxeグループCompany 3のシギー・フェストル(Siggy Ferstl)氏がグレーディング。
  • 「Don’t Think Twice(原題)」:Technicolor PostWorksのサム・デイリー(Sam Daley)氏がグレーディング。
  • 「Equity(原題)」:Harbor Picture Companyのローマン・ハンカウィッツ(Roman Hankewycz)氏がグレーディング。
  • 「The Fits(原題)」Technicolor PostWorksのサム・デイリー(Sam Daley)氏がグレーディング。
  • 「Florence Foster Jenkins(原題)」:Goldcrest Postのアダム・グラスマン(Adam Glasman)氏がグレーディング。
  • 「The Founder(原題)」:DeluxeグループCompany 3のステファン・ソネンフェルド(Stefan Sonnenfeld)氏がグレーディング。
  • 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」:FotoKemのウォルター・ヴォルパット(Walter Volpatto)氏がグレーディング。
  • 「ジェイソン・ボーン」:Goldcrest Postのロブ・ピジー(Rob Pizzey)氏がグレーディング。
  • 「ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日」:Goldcrest Postのロブ・ピジー(Rob Pizzey)氏がグレーディング。
  • 「グランド・イリュージョン2」:DeluxeグループCompany 3のスティーブン・ナカムラ(Stephen Nakamura)氏がグレーディング。
  • 「Popstar:Never Stop Never Stopping(原題)」:DeluxeグループCompany 3のシギー・フェストル(Siggy Ferstl)氏がグレーディング。
  • 「Swiss Army Man(原題)」DeluxeグループCompany 3のソフィー・ボールプ(Sofie Borup)氏がグレーディング。
  • 「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影」:DeluxeグループCompany 3のステファン・ソネンフェルド(Stefan Sonnenfeld)氏がグレーディング。
  • 「ウォークラフト」:DeluxeグループCompany 3のシギー・フェストル(Siggy Ferstl)氏がグレーディング。
  • 「Wiener-Dog(原題)」Technicolor PostWorksのサム・デイリー(Sam Daley)氏がグレーディング。
  • 「X-MEN:アポカリプス」:DeluxeグループCompany 3のスティーブン・ナカムラ(Stephen Nakamura)氏がグレーディング。
  • 「Yoga Hosers(原題)」:Runwayのマーク・トッド・オズボーン(Mark Todd Osborne)氏がグレーディング。

[ Category : ]
[ DATE : 2016-07-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Bella Bandida

Blackmagic Design製品事例:フィリピンTV5のライブアクションシリーズ「Bella Bandida」の場合

Blackmagic Designの発表によると、フィリピンのTV5による新しいライブアクションシリーズ「Bella Bandida」のメインカメラとして、Blackmagic P... 続きを読む

HyperDeck Extreme 8K HDR

Blackmagic Design製品事例:Undercurrent Labsの新しいロボット工学ラボ8Kライブ配信の場合

Blackmagic Designの発表によると、Undercurrent Labsが新しいロボット工学ラボでの新型コロナウイルス感染症検査のスケールおよび自動化に、ATEM Co... 続きを読む

DaVinciResolve17メイン画面

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 17.0シリーズのパブリックベータ7公開

ブラックマジックデザインは、DaVinci Resolve 17.0シリーズのパブリックベータ7を公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。 DaVinci Resol... 続きを読む

Koala Mattress

Blackmagic Design製品事例:Koala MattressテレビCMキャンペーンの場合

Blackmagic Designの発表によると、Koala FurnitureのKoala Mattress用の新しいCMキャンペーンが、URSA Mini Pro 12Kで撮影... 続きを読む

記事のタイトル

Blackmagic Design製品事例:ブラジルのフィルム修復およびポストプロダクション施設Afinal Filmesの場合

Blackmagic Designの発表によると、ブラジルのフィルム修復およびポストプロダクション施設であるAfinal Filmesが、60本以上の劇場映画の修復、500本近くの... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Blackmagic Design製品事例:今夏公開映画で多く採用