PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. スポーツ専門の映像配信サービス「DAZN」、日本でも開始。見逃し視聴/VODを加えて年間6000以上を配信予定
News

スポーツ専門の映像配信サービス「DAZN」、日本でも開始。見逃し視聴/VODを加えて年間6000以上を配信予定

#VOD #OTT

2016-08-24 掲載

英Perform Groupが手掛けるスポーツ専門の映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が、2016年8月23日より日本でのサービスを開始した。サッカーや野球、バレーボール、ラグビー、バスケットボール、アメリカンフットボール、総合格闘技、モータースポーツ、ゴルフからダーツやビリヤードなどコアなファンを持つものまで、国内外130種類以上のスポーツを年間6,000試合以上配信するとしている。利用料金は定額制で月額税抜1,750円。番組版権を展開する同社は先月、Jリーグの2017年から10年間の放映権を約2,100億円で購入したことを発表している。これにより、J1、J2、J3の全試合を来季からライブ配信する予定だ。

160824_contents 日本よりも先にドイツ、オーストラリア、スイスでサービス展開を行っている。各国によって扱っているスポーツコンテンツは異なり、他国のコンテンツは視聴できない

DAZNは、テレビやスマートフォン、パソコン、タブレット、ゲーム機などの端末でスポーツコンテンツを広告フリーで視聴できる。ライブ配信のほか、見逃した試合を視聴可能な「キャッチアップ」視聴が可能。ライブ観戦中に巻き戻しや一時停止をしたり、そのままライブ映像に戻ったりする機能を備える。また、一つのアカウントで端末を6台まで登録でき、同時に2台まで視聴ができる。

東京・大門の日本オフィスは映像制作スタジオを完備する計画があり、今後、スタジオでオリジナル番組や日本語の実況を付けたり、データ分析も行っていくという。

国内でスポーツコンテンツを主流にしたOTTサービスは、番組提供会社J SPORTSが「J SPORTSオンデマンド」として先駆けて展開している。こちらも従来から衛星やケーブル事業者に提供している、スポーツ試合生放送からOTTサービスオリジナルの番組までライブとオンデマンドで提供している。DAZNは月額一定だが、J SPORTSオンデマンドでは手軽に視聴できるように、スポーツジャンルでパッケージ化し、また若年層向けの価格帯で提供しているのが特長。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-08-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Netflixの米国加入者数、ついにケーブルテレビ超え

ストリーミングサービスNetflixの加入者数が、米国のケーブルテレビ加入者数をついに超えた。米国のケーブルテレビの市場動向を追跡している統計ポータルStatistaによると、20... 続きを読む

パナソニック、放送番組をVODコンテンツに自動生成する「放送番組リアルタイムアーカイバシステム」を発売

放送番組リアルタイムアーカイバシステム パナソニック株式会社は、地上デジタル放送、BS放送、CS放送などの放送番組からインターネット配信用動画コンテンツを自動生成する放送番組... 続きを読む

J:COM傘下のアスミック・エース、台湾映像配信KKTVと調達エージェント契約締結

ジュピターテレコムのグループ会社であるアスミック・エースは2016年10月27日、台湾の動画配信事業社「KKTV」と独占的調達エージェント契約を締結したことを発表した。 同契... 続きを読む

米NBC、4K HDR+Dolby Atmosオリンピック放送を提供。NHK 8Kのダウンコンバージョン

© 2016 NBC Universal 米国オリンピック公式放送局であるNBC(NBCUniversal)は、ケーブル、衛星やIPTVサービス事業者を通して開会式... 続きを読む

ケイ・オプティコムの光テレビサービスがリニューアル。見逃し視聴にも対応した新VODサービスが同時開始

株式会社ケイ・オプティコムが2府4県に提供している光ケーブルテレビ「eo光テレビ」サービスのコースが7月1日よりリニューアルし、当該加入者向けに初のVODサービスの提供が開始される... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. スポーツ専門の映像配信サービス「DAZN」、日本でも開始。見逃し視聴/VODを加えて年間6000以上を配信予定