PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 韓国政府、UHDコンテンツなどの番組制作に22億ウォンを追加支援

News

韓国政府、UHDコンテンツなどの番組制作に22億ウォンを追加支援

2016-09-07 掲載

韓国政府の未来創造科学部(省)は2016年基金運用計画の変更により、放送番組制作支援予算22億ウォン(約2億440万円)を追加で確保し、下半期の事業公募を実施すると明らかにした。

下半期製作支援の方向は、基金運用計画変更の趣旨に基づき、超高画質(UHD)、知能情報、VR(バーチャルリアリティ)など未来成長動力と新産業の育成を通じた経済活性化である。追加で確保した予算は、UHDコンテンツ制作や公共・公益番組制作に投入される。

UHDコンテンツ分野は、2017年2月開始予定の地上波UHD本放送に備え、UHDに適したドキュメンタリーとK-POP公演物、平昌冬季オリンピックをテーマにしたWebドラマ制作を重点に支援する。公共・公益放送番組の分野は、放送コンテンツの多様性と公益性の強化を目的として、知能情報産業、実感型コンテンツなど、将来の成長動力とVR産業などの新産業の育成を含む公益的テーマのドキュメンタリー制作を支援する計画だ。

UHDコンテンツは韓国電波振興協会、公共・公益放送番組は韓国放送通信電波振興院を通じて申請する。締切は9月19日。今後、9月末に最終的な製作支援対象プログラムを選定し、今年末までに番組制作を完了、そして2017年にUHD放送チャンネルなどで放送するとしている。

未来創造科学部では上半期に、UHDコンテンツ分野にドキュメンタリー・K-POP・TV単発・WebドラマなどUHD放送コンテンツ17作品、スポーツ・公演のUHD中継3件を選定して支援した。また、海外輸出型国際共同制作など競争力強化の分野では37作品、公共・公益と社会統合プログラムなど多様強化分野に70作品を選定して支援した。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2016-09-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アストロデザイン、ミエクルと共同で永楽館歌舞伎の8K VR撮影を実施

8Kカムコーダーを抱える片岡愛之助さん(写真右)と中村壱太郎さん(写真左) アストロデザイン株式会社は、ミエクル株式会社とともに「第十一回 永楽館歌舞伎」の8K VR撮影を行... 続きを読む

HumanEyes Technologies、180° VR撮影、360°撮影が切替可能な5.7Kカメラ「Vuze XR」を発売

イスラエルのHumanEyes Technologiesは、2018年12月5日(日本時間)、同社のVuze VRカメラシリーズの最新ラインアップとなる「Vuze XR」を事前予約... 続きを読む

RED&Facebook、16xHELIUM 8Kセンサー搭載360/VRカメラを発表

Facebookの開発者向けカンファレンス「F8」にて、同社はRED Digital Cinemaとの新たなパートナーシップを発表し、FacebookのSurround360テクノ... 続きを読む

Blackmagic Micro Studio Camera 4K事例:ドキュメンタリー映画「In to the Now」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ドキュメンタリー映画「In to the Now」の撮影において、マイケル・ミュラー監督が2台のVRリグに計18台のMicro S... 続きを読む

ZOOM、アンビソニックス方式のVRマイクを搭載したハンディレコーダー「H3-VR」を発表

株式会社ズームは、アンビソニックス方式のVRマイクを搭載し、VRコンテンツ用の空間音声(Spatial Audio)の収録が手軽に行えるハンディレコーダー「H3-VR」を2018年... 続きを読む

トップ > ニュース > 韓国政府、UHDコンテンツなどの番組制作に22億ウォンを追加支援