PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2016]ATENジャパンブース:4Kに対応した映像の切替・分配・延長・制御に関するソリューションを展示

News

[InterBEE2016]ATENジャパンブース:4Kに対応した映像の切替・分配・延長・制御に関するソリューションを展示

2016-11-28 掲載

4K映像の切り替え~延長~分配を可能にする製品群

4K60p(4:4:4)対応製品をはじめとする映像の切替・分配・延長・制御をワンストップで実現するソリューションとして、32入力32出力マトリックススイッチャーVM3200や、AV機器専用1UサイズのパワーディストリビューターPE6208AV、12出力DisplayPortビデオウォール メディアプレイヤーVS1912、ThunderboltシェアリングスイッチUS7220のほか、参考出品として非圧縮4K60Hz(4:4:4)対応光ファイバーエクステンダーなどを出展した。

inb2016_aten_9475 USBキーボード/マウス・DVIモニターを、カテゴリ5eケーブルを使用したイーサネット経由で延長可能なDVI対応IP-KVMエクステンダーでPC側に接続するKE6900Tとキーボード等のコンソール側に接続するKE6900Rで構成される。各ユニットには固有のIPアドレスが割り当てられ、1対1のほか1対多、多対1、多対多の構成が可能。また、アナログタイプのエクステンダーとは異なり、延長距離の制限がなく、リモート側の画質が延長距離による影響を受けないという特長がある。スピーカーやマイクロフォンなどステレオオーディオにも対応しており、解像度は最大1920×1200/60Hz、24ビット色深度に対応 inb2016_aten_9556 2ポートThunderbolt対応シェアリングスイッチUS7220。2台のPCをThunderbolt経由でUS7220に接続し、モニターやHDD、キーボード、オーディオディバイスなどの資源を切り替えて使用可能 inb2016_aten_9478 32入力32出力モジュール式マトリックススイッチャー「VM3200」とコントロールボックス「VK2100」を組み合わせタブレット端末で簡単にモニターやプロジェクター、スクリーン、照明、カーテンなどをコントロールできる。イベント会場や会議室などで使用目的に応じたAV機器のセッティングを自動化できる inb2016_aten_9554 メディアプレイヤーVS1912。最大12台のモニターを接続可能で縦横のモニターレイアウトは任意で設定可能 inb2016_aten_9565 VS1912はWebベースで各種設定が行え、再生する画像の画面へのアサインはもちろん、送出スケジュールなどの設定も行える inb2016_aten_9568 参考出品の非圧縮4K60Hz(4:4:4)対応HDMI光ファイバーエクステンダー。電源はHDMIまたはUSBコネクターから供給可能

ATENジャパン 取締役Jovi Chan氏インタビュー

同社の取締役 企画本部長のJovi Chan氏に今回のブースのハイライト製品についてお話しをお伺いした。

Jovi氏:コントロールボックスVK2100を中心にルーティングスイッチャーVM3200でビデオや音声を切り替えるとともに、8chリレーボックスVK248、ローカルリモート制御対応8ポートPDUなどと組み合わせて各種機材を連動させながらコントロールできるシステムを出展しています。

同システムにより、会議室や宴会場、イベントホールなどで映像や音声のほか、プロジェクターやエアコンの電源、スクリーンの昇降、遮光カーテンの開閉などを一元制御することができます。Wi-Fi経由でタブレット端末からこうした操作を行うことができるのですが、個々の機器を単独で操作できるのはもちろん、部屋の照明からカーテンの開閉、スクリーンの昇降、プロジェクターの電源、オーディオ・ビデオの切り替えといった一連の操作をプリセットしておくことが可能です。例えばパーティーとかコンサート、発表会などシチュエーションに応じてタブレット端末からワンタッチで設定することができます。

今回ブースでもこうした機器を設置して動作をご確認できるようにしています。タブレット端末のGUIはカスタマイズできますので、導入先の運用に合わせたレイアウトにすることもできますし、パスワードの設定もできますので、安心して使用できるようになっています。

inb2016_aten_9575 各機器の個別の制御だけでなく、プロジェクター、スクリーン、照明、カーテンなど一連の操作をプリセットしておくことで、ワンタッチで設定可能
――制御する機器は多岐にわたりインターフェースも様々ですね。

Jovi氏:RS-232C/422/485のほか、接点、12V出力、学習機能対応赤外線リモートなどを装備しておりますので、一般的な業務用・民生用の機器は問題なく制御することができます。

――この業界では実績を問われることが多いと思いますが。

Jovi氏:VK2100は昨年InterBEEで発表した製品ですが、すでに国内の4Kミニシアターでご導入いただき、ご好評いただいています。それ以前もKVMをはじめとした当社製品を大手放送局様やケーブルテレビ各社様でご利用いただいています。

――ノンリニア編集が普及するにつれKVMの需要も高まってきていますね。

Jovi氏:弊社は様々な用途やユーザーのご要望にお応えして数多くのKVMをラインナップしていますが、今回、国内外の放送局にご導入いただいているUSBキーボード/マウス・DVIモニターをカテゴリ5eケーブルを使用したイーサネット経由で延長できるDVI対応IP-KVMエクステンダーを出展しています。

inb2016_aten_9477 DVI対応IP-KVMエクステンダーKE6900。解像度は最大1920×1200/60Hz、24ビット色深度に対応しており、1対1のほか1対多、多対1、多対多の構成が可能
――KVMというと複数のサーバーを1つのコンソールで切り替えて使うイメージがありますが。

Jovi氏:ドロワー(キーボードやモニターをラックマウントに収納一体化したもの)から複数のサーバーの設定を行うようなときに利用されていますね。フルHDに対応してからビデオ業界の方々に注目されるようになったようです。弊社では2010年からプロ用オーディオ/ビデオソリューションを提供するためにVanCrystブランドを立ち上げ、ルーティングスイッチャーをはじめとした様々な機器を開発しています。

――日本では4K/8Kに向けて、今後どのような展開を考えていますか?

Jovi氏:HDMIからThunderboltやDisplayPortなどより高解像度のインターフェースに対応した製品もご用意していますが、IP-KVMも順次対応していきたいと思います。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2016-11-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018]ATENジャパンブース:PCのコンソールをイントラネット経由で延長可能なIP-KVMエクステンダー「KE89」シリーズを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2017]ATENジャパンブース:4K対応のIP KVMエクステンダーやタブレットで簡単に制御できるマトリックススイッチャーを展示

ATENジャパンブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[InterBEE2016]エーディテクノブース:フィールドモニターやコンバーターなど、出力~中継・伝送~表示までを可能にする製品を展示

エーディテクノは、フィールドモニターやスキャンコンバーターのほか、分配器や延長装置などを出展。新製品は、5型タッチパネルを装備したアナライザー機能を搭載したアップ/ダウン/クロス対... 続きを読む

[InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016 360°VOYAGE]360°全天球動画でInterBEE会場をご紹介!

厳選360°全天球動画ブースレポート InterBEE2016の会場内で360°全天球動画をお届け!InterBEE2016に参加できなかった方も、会場の雰囲気を少しでも感じてい... 続きを読む

[InterBEE2016]Avidブース:AdobeユーザーがAvidの制作環境へアクセス可能なシステムや、4K/HDR対応ソリューションを展示。ユーザーによるデモや講演も開催

Avidブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2016]コペックジャパンブース:スペイン生まれのモバイルリグShoulderpod初参戦

InterBEEは、国内最大の放送機器展ではあるが、時代の変化に即した様々な新規企業の出展も見受けられる。中でもiPhoneカメラの進化は凄まじく、iPhoneで映像制作を行うユー... 続きを読む

特集記事

DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2016]ATENジャパンブース:4Kに対応した映像の切替・分配・延長・制御に関するソリューションを展示