PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2016]Adobeブース:様々なコンテンツ制作に必要な機能を搭載したAdobe Creative CloudとAdobe Marketing…

News

[InterBEE2016]Adobeブース:様々なコンテンツ制作に必要な機能を搭載したAdobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudを展示

2016-11-29 掲載

アドビ システムズは、VRコンテンツ制作の機能強化や保護機能の付加など、VRコンテンツに関する機能を始め、FacebookなどのSNSや動画共有サイトなどへの機能強化、HDRカラースペースメタデータへの対応、3Dレンダリングエンジンの効率化、クラウドを用いた共同作業の利便性向上など、コンテンツ制作で求められるさまざまな新機能を搭載したAdobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudを出展した。

同社は今年もIntelと共同で出展しているが、IntelのCPUというわけではなく、両社のイメージアップを目的としているようである。ブースは、Adobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudの新機能を解説するイベントスペースを中心に、Adobe StockやAdobe Creative Cloud、Adobe After Effects CCに同梱されているMaxon Cinema 4D、マウスコンピューター動作確認モデルなどを出展。機能強化点はHDRカラースペースメタデータへの対応。Adobe Premiere Pro CCのLumetriカラーツールに新しいHDR対応テレビやディスプレイ向けのタイトル毎に規定されるメタデータに対応したほか、ビデオの出力先として、YouTubeやFacebook、Twitter、Behanceにも対応する。

inb2016_adobe_9588 マウスコンピューターのMousePro Adobe CS動作確認モデルやクリエイター向けのDAIVシリーズ

複数ツール間でのプロジェクトの同時共同作業も可能となり、コラボレーション機能Team Projectsが強化された。Adobe Premiere Pro CC、After Effects CC、Adobe Prelude CC内で、同時に共同作業ができるコラボレーション機能を統合することで、Team Projectsで用いられるデータはクラウドに保管され、共同作業者間で参照されるメディアファイルには、ローカルに保存されるソースファイルまたは共有されるプロキシが利用可能となった。

VRコンテンツ制作機能関連では、VR用に撮影した映像を通常のPC用ディスプレイで使用するAdobe Premire Pro CCの編集画面上に表示し、360°パンする機能や立体視VR用コンテンツのための機能、YouTubeやFacebookなどのVR用Webサイトへの映像データ出力機能などがあったが、入力したプロジェクトを自動でVR映像として認識し、立体視か平面視で正しく表示されるVR自動識別機能を追加。さらにVRビデオの再生やVR対応の広告表示機能、アドビが提供するVR専用のコンテンツ保護機能Virtual Reality Digital Rights Management(VRDRM)が付加されている。

inb2016_adobe_8366 VR撮影カメラシステム。16台のHERO4カメラを1台のリグにまとめたOdysseyとiZugarのVRカメラ

3Dレンダリングエンジンを強化により、Adobe After Effects CCにバンドルされやいるCINEMA 4D Liteにおける、テキストレイヤーやシェイプレイヤーなどの編集可能な3D要素をAfter Effects CC内から直感的に生成することが可能になったほか、ライブモーションキャプチャーツールであるCharacter Animatorを使ったパペット作成とアニメーション化の使いやすさが向上した。

inb2016_adobe_8367 Adobe After Effects CCにバンドルされているCINEMA 4D Liteはテキストレイヤーやシェイプレイヤーなどの編集可能な3D要素をAfter Effects CC内から直感的に生成可能

また、Adobe Photoshop CCとAdobe Illustrator CC間の統合ラウンドトリップ機能により、処理の高速化を実現。After Effectsのビデオプレビューでのリアルタイム再生時、事前のキャッシュが必要なくなり、未編集の映像をリアルタイムで再生できるようになったほか、GPU高速処理によって、コンポジションのレンダリングがさらに高速化した。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2016-11-29 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:Adobe]After Effectsにアップデートで追加された「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が話題

Adobeブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Go... 続きを読む

[NAB2019]Adobeブース(動画)

NAB2019のAdobeブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]アドビ システムズブース:動画編集で注目のPremiere RushやPhotoshop、Lightroomのショートセミナーを今年も実施

今年のアドビブースはPremiere Rushを一押し アドビはCP+に2017年から出展を始めて、今年で3年目。展示ブースは毎年ショートセッションがメインで、今年も1日15... 続きを読む

[NAB2018:Adobe]Premiere ProやAfter Effectsの最新バージョンを展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]アドビ システムズブース:写真家やエバンジェリストが、LightroomやPhotoshopの使いこなしを解説

「Lightroom」と「Photoshop」の便利な使いこなし術をセッションで紹介 アドビは昨年のCP+に引き続き、今年も出展。ブース内のステージに大型スクリーンを設けて4... 続きを読む

[NAB2017:Adobe]Creative Cloudのビデオとオーディオ製品のアップデートを発表

Adobeブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[CP+2017]Adobeブース:フォトグラファー向けツールLightroomやPhotoshopを展示

カメラがデジタル化され、カメラマンもフィルムからデジタルへ移行して久しいが、そうした業界でPhotoshopは一般に使われており、無くてはならないツールとなっている。CP+には毎年... 続きを読む

[InterBEE2016]エーディテクノブース:フィールドモニターやコンバーターなど、出力~中継・伝送~表示までを可能にする製品を展示

エーディテクノは、フィールドモニターやスキャンコンバーターのほか、分配器や延長装置などを出展。新製品は、5型タッチパネルを装備したアナライザー機能を搭載したアップ/ダウン/クロス対... 続きを読む

[InterBEE2016]ATOMOSブース:ついに発売となったSHOGUN INFERNOを中心に、これからの映像制作に必要な機能を搭載した製品群を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [InterBEE2016]Adobeブース:様々なコンテンツ制作に必要な機能を搭載したAdobe Creative CloudとAdobe Marketing Cloudを展示