PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

News

[InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

2016-12-02 掲載

EIZOブース 360°全天球動画
RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

昨年に引き続き、今年もハイエンドワークステーションメーカーのBOXX Technologies社と共同でブースを構成。カラーマネージメントモニターColorEdgeとBOXXワークステーションを組み合わせ、映像編集やカラーグレーディングや、4Kリファレンスなど、さまざまなニーズに合わせたソリューションを紹介し、正しい色表示と快適な制作スピードを両立できる映像制作環境を提案していた。

今回、ColorEdge CG318-4KをHDR(PQ方式)対応に有償アップグレードさせる新サービスを紹介したほか、開発中の最新HDRリファレンスモニターも参考展示しており、今後必須となるHDR制作環境の方向性を示していたといえよう。

ColorEdge CG318-4Kは有償アップグレードすることで、動画ネット配信サービスや最新のブルーレイで採用されている表示技術であるHDR(PQ方式)のガンマを適応した表示ができ、制作段階から正しい色で作業が可能となった。

Inter BEE直前に発表されたCG318-4KのHDR(PQカーブ)表示対応に関するニュースリリース
http://www.eizo.co.jp/press/archive/2016/NR16_020.html

もともとCG318-4Kは、映像制作に適した基本性能を有しており、コントラスト比1500:1を実現し、バックライトを常に点滅して画像表示する液晶モニターでは難しい黒のディテールの再現力に優れている。なお、DCI 4K/60pの表示が可能なDisplayPort 1.2×2系統と、4K/30pまで対応したHDMI×2系統を搭載している。

inb2016_eizo_8829 HDRワークフローのデモコーナー。PQ方式のHDR表示が可能となったColorEdge CG318-4K(左)と、開発中のHDRリファレンスモニター(右)を並べ、HDRワークフロー全体をEIZOモニターで担う提案を行っていた。編集・カラーグレーディング作業を行う画面から正しい色表示を行えることは、メリットが大きい

CG318-4Kは300cd/m2相当の映像制作用途に眩し過ぎない輝度を持つ。アップグレードしたColorEdge CG318-4Kには前面スイッチで切替えできるカラーモードにPQモードが2つ搭載される。

  • 「PQ1000」モード
    …輝度を1000cd/m2にクリップしたPQカーブの各数値を300cd/m2程度に圧縮した表示
  • 「PQ300」モード
    …輝度を300cd/m2にクリップした表示

「PQ1000」モードで制作を進め、暗い部分の多い映像の場合は「PQ300」モードで色を確認しながら、制作を進めるイメージだ。

inb2016_eizo_8806 HDRにアップグレードしたColorEdge CG318-4Kに搭載されたPQモード inb2016_eizo_8812 開発中の最新HDRモニターも参考展示。こちらにはHybrid Log Gammaモードも搭載されており、モニターの輝度も1000cd/m2と明るい inb2016_eizo_8832 ネットワーク経由でモニターを一元管理するソリューションColorNavigator Network。複数台のモニターのキャリブレーション、表示維持管理、資産管理を遠隔から行える。管理者のモニター管理にかける手間を削減し、制作者同士の色のミスコミュニケーションを防げる inb2016_eizo_8800 FlexScan EV2450を6台使用したマルチディスプレイ。フルHD表示に対応しており、6面で5760×2160の表示が可能。FlexScan EVシリーズは、オフィス用モニターであるが、とにかくフレームが細くフラットな設計であるため、マルチディスプレイでのサイネージ用途に最適である。こうしたマルチディスプレイでは個々のモニターの色合わせが必要だが、EIZOモニターは工場出荷状態のままでも個体差が少ない

[ Category : , , ]
[ DATE : 2016-12-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース動画 EIZOブースレポート メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度... 続きを読む

[NAB2019]EIZOブース(動画)

NAB2019のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]EIZOブース:ColorEdgeの最新ラインナップおよび、デジタル写真をより楽しむためのモニターソリューションを展示

EIZOは、同社のカラーマネージメントモニターColorEdgeの最新ラインナップの出展および、デジタル写真をもっと楽しむためのモニターソリューションを披露した。 新発売とし... 続きを読む

[InterBEE2018]EIZOブース:PQ方式とHybrid Log Gamma方式両方のガンマに対応した27.0型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現した「CG3145」を展示

EIZOブース動画 HDR周りの機能をさらに充実させた「ColorEdge CG319X」 一押しの展示は5月23日に発売するDCI 4K解像度に対応した31.... 続きを読む

[NAB2018]EIZOブース(動画)

NAB2018のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2018]EIZOブース:写真、動画の両方で信頼性のあるカラーマネジメントディスプレイ

写真でもビデオでもカラーグレーディングを行う場合は信頼性のあるモニターが必要となる。モニターを見ながら色味などを調整するので当然だが、プリントが必要になる写真の場合はプリンターや最... 続きを読む

[InterBEE2017]EIZOブース:液晶としては驚きのHDR色再現。4K/HDR対応のリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2016]エーディテクノブース:フィールドモニターやコンバーターなど、出力~中継・伝送~表示までを可能にする製品を展示

エーディテクノは、フィールドモニターやスキャンコンバーターのほか、分配器や延長装置などを出展。新製品は、5型タッチパネルを装備したアナライザー機能を搭載したアップ/ダウン/クロス対... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す