PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す
News

[InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す

#EIZO #Inter BEE 2016

2016-12-02 掲載

EIZOブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)

昨年に引き続き、今年もハイエンドワークステーションメーカーのBOXX Technologies社と共同でブースを構成。カラーマネージメントモニターColorEdgeとBOXXワークステーションを組み合わせ、映像編集やカラーグレーディングや、4Kリファレンスなど、さまざまなニーズに合わせたソリューションを紹介し、正しい色表示と快適な制作スピードを両立できる映像制作環境を提案していた。

今回、ColorEdge CG318-4KをHDR(PQ方式)対応に有償アップグレードさせる新サービスを紹介したほか、開発中の最新HDRリファレンスモニターも参考展示しており、今後必須となるHDR制作環境の方向性を示していたといえよう。

ColorEdge CG318-4Kは有償アップグレードすることで、動画ネット配信サービスや最新のブルーレイで採用されている表示技術であるHDR(PQ方式)のガンマを適応した表示ができ、制作段階から正しい色で作業が可能となった。

Inter BEE直前に発表されたCG318-4KのHDR(PQカーブ)表示対応に関するニュースリリース
http://www.eizo.co.jp/press/archive/2016/NR16_020.html

もともとCG318-4Kは、映像制作に適した基本性能を有しており、コントラスト比1500:1を実現し、バックライトを常に点滅して画像表示する液晶モニターでは難しい黒のディテールの再現力に優れている。なお、DCI 4K/60pの表示が可能なDisplayPort 1.2×2系統と、4K/30pまで対応したHDMI×2系統を搭載している。

inb2016_eizo_8829

HDRワークフローのデモコーナー。PQ方式のHDR表示が可能となったColorEdge CG318-4K(左)と、開発中のHDRリファレンスモニター(右)を並べ、HDRワークフロー全体をEIZOモニターで担う提案を行っていた。編集・カラーグレーディング作業を行う画面から正しい色表示を行えることは、メリットが大きい

CG318-4Kは300cd/m2相当の映像制作用途に眩し過ぎない輝度を持つ。アップグレードしたColorEdge CG318-4Kには前面スイッチで切替えできるカラーモードにPQモードが2つ搭載される。

  • 「PQ1000」モード
    …輝度を1000cd/m2にクリップしたPQカーブの各数値を300cd/m2程度に圧縮した表示
  • 「PQ300」モード
    …輝度を300cd/m2にクリップした表示

「PQ1000」モードで制作を進め、暗い部分の多い映像の場合は「PQ300」モードで色を確認しながら、制作を進めるイメージだ。

inb2016_eizo_8806

HDRにアップグレードしたColorEdge CG318-4Kに搭載されたPQモード

inb2016_eizo_8812

開発中の最新HDRモニターも参考展示。こちらにはHybrid Log Gammaモードも搭載されており、モニターの輝度も1000cd/m2と明るい

inb2016_eizo_8832

ネットワーク経由でモニターを一元管理するソリューションColorNavigator Network。複数台のモニターのキャリブレーション、表示維持管理、資産管理を遠隔から行える。管理者のモニター管理にかける手間を削減し、制作者同士の色のミスコミュニケーションを防げる

inb2016_eizo_8800

FlexScan EV2450を6台使用したマルチディスプレイ。フルHD表示に対応しており、6面で5760×2160の表示が可能。FlexScan EVシリーズは、オフィス用モニターであるが、とにかくフレームが細くフラットな設計であるため、マルチディスプレイでのサイネージ用途に最適である。こうしたマルチディスプレイでは個々のモニターの色合わせが必要だが、EIZOモニターは工場出荷状態のままでも個体差が少ない


[ Category : , , ]
[ DATE : 2016-12-02 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[再現NAB2020]まとめ:EIZO編

60seconds Shot! 製品レポート CG3146 関連記事 ... 続きを読む

[再現NAB2020:動画]EIZO「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

NAB2020で展示予定だった製品を1分間の動画で紹介するコーナー。EIZO社から「ColorEdge PROMINENCE CG3146」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

[再現NAB2020:EIZO]キャリブレーションセンサーを内蔵したHDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

60seconds Shoots DCI 4K解像度を持つ31.1型HDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」 EIZ... 続きを読む

[InterBEE2019]EIZOブース:CG3145-BS後継機種の開発中HDRリファレンスモニターを参考出展

12G-SDI入力対応、キャリブレーションセンサーを内蔵した開発中HDRリファレンスモニターを参考出展 右が開発中のHDRリファレンスモニターの参考出展 31.... 続きを読む

[NAB2019:EIZO]お手軽な価格でHDRコンテンツの編集作業や簡易色確認ができる27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース動画 EIZOブースレポート メインの展示は、27型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」だ。27インチで解像度... 続きを読む

[NAB2019]EIZOブース(動画)

NAB2019のEIZOブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]EIZOブース:ColorEdgeの最新ラインナップおよび、デジタル写真をより楽しむためのモニターソリューションを展示

EIZOは、同社のカラーマネージメントモニターColorEdgeの最新ラインナップの出展および、デジタル写真をもっと楽しむためのモニターソリューションを披露した。 新発売とし... 続きを読む

[InterBEE2018]EIZOブース:PQ方式とHybrid Log Gamma方式両方のガンマに対応した27.0型カラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG279X」を展示

EIZOブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[NAB2018:EIZO]PQ方式とHG方式に対応した「CG319X」と1000cd/m2まで安定表示やコントラスト比100万:1を実現した「CG3145」を展示

EIZOブース動画 HDR周りの機能をさらに充実させた「ColorEdge CG319X」 一押しの展示は5月23日に発売するDCI 4K解像度に対応した31.... 続きを読む

特集記事

映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2016]EIZOブース:HDR表示対応のColorEdge CG318-4Kや、開発中のHDRモニターを展示。HDR制作環境の方向性を示す