PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのコンサートの場合

News

Blackmagic Design製品事例:エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのコンサートの場合

2016-12-13 掲載

Blackmagic Designの発表によると、アメリカ・サンタモニカの制作会社であるSubtractive Inc.が、ロサンゼルスのセンチュリーパークで行ったエドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのコンサートにおいて、ATEM 2 M/E Broadcast Studio 4K、ATEM 1 M/E Broadcast Panel、HyperDeck Studio 12G放送用レコーダーをライブストリーミングとIMAGセットアップの一部に使用したという。

エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズは、「Home」や「40 Day Dream」などのヒット曲で知られているアメリカのインディ・フォークバンド。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカの公共ラジオ局NPRの系列局であるKCRWと、アネンバーグ財団(The Annenberg Foundation)の協賛で行われたイベント「Sound in Focus」で演奏を行った。KCRWとアネンバーグ財団は助成金、技術支援、直接的な慈善活動を通じてコミュニティの教育を支援しており、一連のコンサートは、アネンバーグ・スペース・フォー・フォトグラフィーでの「Refugee(難民)」と題した展示の一部として開催され、KCRWとアネンバーグ財団のWebサイトでライブストリーミングされた。

Subtractive Inc.のCEOのカイル・シェンバー氏によると、ATEM 2 M/E Broadcast Studio 4KおよびATEM 1 M/E Broadcast Panelがコンサートのライブスイッチングに使用されたという。6台のカメラのフィードがATEM 2 M/E Broadcast Studio 4Kに接続され、Webサイトでのストリーミング用とセンチュリーパークのIMAGスクリーン用の2つのフィードが送信された。コンサートでは、アーティストのセットチェンジの間、プログラムフィードの1つをライブのビジュアルパフォーマンス用のグラフィックとして使用し、イベントに関するメッセージなどと共にLEDスクリーンに映し出した。

シェンバー氏:ATEMシステムで最も気に入っているのは、コンピューターに頼らなく良い点です。コンピューターがクラッシュしても、スイッチングが続けられるというのはライブストリーミングを行うにあたって重要なことです。イベント中にラップトップが固まってしまうのだけは避けたいですから。エラーが起きる可能性が1つ減るという点は、ATEMならではの強みだと思います。

161213_dsc02026

また、コンサートのプログラムフィード収録のため、3台のHyperDeck Studio 12Gを使用した。シェンバー氏はカメラのISO収録のほか、クリーンなプログラムフィード、グラフィックやブランド名などを含むフィードをそれぞれ収録した。

シェンバー氏:HyperDeckは使い勝手がよく、本当に優れたデッキですね。イベントの最中に、現状の確認用の再生に使います。その情報を基に、必要に応じてカメラの調整を行います。でも、最も優れた点はイベントの終わりにクライアントにSSDを手渡せるという点ですね。ファイルはすでにProResなので、イベント終了後に夜遅くまでトランスコードしたり、ファイルで様々な作業をする必要がありません。単純にドライブを抜いて、クライアントに手渡すだけでプログラムの納品が完了できるのは、非常に優れた特長ですね。


[ Category : ]
[ DATE : 2016-12-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ブラックマジックデザイン、「DaVinci Resolve Touch&Try@Dell Real Site」を開催。量販店でDaVinci Resolve14を体験するチャンス!

ブラックマジックデザイン株式会社は、デル・リアルサイトにて、デル株式会社協力のもとデルのワークステーションでBlackmagic Designのオールインワンビデオ編集ソフトウェア... 続きを読む

「DaVinci Resolveプレミアムトレーニング」の開催迫る!

株式会社システムファイブ主催の「DaVinci Resolveプレミアムトレーニング」の開催日が2017年10月26日(木)、27日(金)に迫っている。会場は東京・半蔵門のPROG... 続きを読む

Cintel Film Scanner/DaVinci Resolve事例:Cypress Gardensのアーカイブ映像の場合

Blackmagic Designの発表によると、Cypress Gardens Treasureのポール・ゲリッシュ氏が1930~1980年代の16mm/35mmフィルム約6,0... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:「TOKYO ART CITY by NAKED」の場合

Blackmagic Designの発表によると、株式会社ネイキッドが手がけた現代アートプロジェクト「TOKYO ART CITY by NAKED」において、多数のTeranex... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:イケダケイ氏が手がけたミュージックビデオの場合

Blackmagic Designの発表によると、株式会社イサイの代表で撮影監督/映像作家/脚本家のイケダケイ氏が、URSA Mini Pro 4.6Kを使用してKOTORIやヒス... 続きを読む

トップ > ニュース > Blackmagic Design製品事例:エドワード・シャープ・アンド・ザ・マグネティック・ゼロズのコンサートの場合