PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [CES2017]リコー、24時間連動の360°全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」を発表。CESにて360°ライブを実施

News

[CES2017]リコー、24時間連動の360°全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」を発表。CESにて360°ライブを実施

2017-01-06 掲載

リコーはリアルタイムスティッチングする機能を持ち、360°の全天球ライブストリーミングが可能となるカメラ「RICOH R Development Kit」を発表した。1月5日(現地時間)から米ラスベガスで始まる「CES2017」にて同プロトタイプを一般初公開する(ブースNo.26717)。

170106_15239401_10154434391327261_1488731126_n

RICOH Rは2つの魚眼レンズからの映像を、カメラ内でリアルタイムスティッチング処理をし、全球面ビデオストリームの標準であるEquirectangular Projection FormatにてHDMIまたはUSB経由での出力が可能になる。ACアダプターを使用し、24時間の連続稼動が可能という特長を持つ。

170106_ricoh-r-duo_top

パノラマ投影の映像品質は1920×960@30fps(垂直解像度を1080伸長)、HDMI経由での映像出力では1080/59.94iだが、USB経由では仕様は決まっていないという。オフライン用に最大32GBまでのマイクロSDカードで記録が行える。映像記録フォーマットはMP4、音声は内蔵マイクでモノラル。

170106_productimage

同カメラは2017年春に出荷開始を予定しており、またアプリケーション開発者用のSDKも今夏頃に用意される予定。リコーは、SDKを展開することで、テレイグジスタンス技術やコンピュータービジョンなどの幅広い分野で活用されることを期待している。なお、CES会場に展示されているRICOH Rから、YouTube Liveが実施される。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-01-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

フォトロン、AIや360°カメラなどのEVSソリューションを紹介する「EVSイノベーションズセミナー」を東京と大阪で開催

IPワークフローオーケストレーションS-CORE MASTER 株式会社フォトロンは、IPを活用したリモートプロダクション、AI(人工知能)、360°カメラ、4K/8Kなどの... 続きを読む

GoPro、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能な「Fusion」を発表

GoProは、防水仕様の5.2K全天球カメラ「Fusion」を発表した。米国での販売価格は699.99ドル。日本国内での発売時期・価格は未定。 Fusionは、360°コンテ... 続きを読む

パナソニック、360°ライブカメラの発売日が決定

パナソニック株式会社は、360°映像を非圧縮4K/30pで出力可能な360°ライブカメラベースユニット「AW-360B10」とライブカメラヘッド「AW-360C10」の発売日が20... 続きを読む

パナソニック、360°ライブカメラ発売延期。ソフトウェア修正のため

パナソニック株式会社は、360°映像を非圧縮4K/30pで出力可能な360°ライブカメラベースユニット「AW-360B10」とライブカメラヘッド「AW-360C10」の発売日を、当... 続きを読む

Facebook、Live 360の機能強化を発表。VRの4K対応やスタビライズ機能を追加

Facebookは7月25日(米国時間)に「Live 360 Ready Program」を導入し、より簡単に360°ライブ配信を楽しむことのできるLive 360に新機能を追加し... 続きを読む

トップ > ニュース > [CES2017]リコー、24時間連動の360°全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」を発表。CESにて360°ライブを実施