PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 「スローカルチャー映画祭」が開催
News

「スローカルチャー映画祭」が開催

#EVENT #Vantan

2017-02-03 掲載

バンタンデザイン研究所キャリアカレッジは、2017年2月18日(土)に「~みんな違ってみんな良い。みんなゆっくり知っていこう。~スローカルチャー映画祭」を開催する。会場は東京・世田谷ものづくり学校。

バンタンは、映画を通じて多種多様な人々が一緒に生きていく未来について考えるきっかけを作りたいと考え、同校映画映像学部主催による映画祭を企画した。同映画祭では、これからの未来を生きていく若者や子どもたちに焦点を当て、“共生”をテーマにした映画を2本上映する。

また当日は上映のほかにもトークショーイベントが開催され、多文化共生センター東京の中野真紀子氏と、上映作品「ハーフ」に関係の深いゲストが登壇予定。そのほかフランス縫製紙製品メーカー「クレールフォンテーヌ」のカバーブックが数量限定でプレゼントされる。チケットは前売り券1,300円/当日券1,500円。同映画祭への申し込み・詳細確認は同イベント案内ページより。

■「バベルの学校」11:15~上映開始

© pyramidefilms フランス/2013年/89分/
配給:ユナイテッド・ピープル/監督:ジュリー・ベルトゥチェリ

フランスのある多文化学級の子どもたちを一年間追った感動のドキュメンタリー。パリ市内の中学校に20の国籍から24人の子どもたちがやってくる。彼らはフランス語と基礎的な学力を身につけるため、一年間「適応クラス」で学ぶことに。国籍も宗教もフランスに来た背景も異なる子どもたち、彼らと向き合い続けるブリジット・セルヴォニ先生。慣れない環境の中で時に悩み、時にぶつかりながらも彼らは言葉・文化の壁を乗り越え、真の友情を育むことができるのか。

■「HAFUハーフ」14:00~上映開始

日本/2013年/87分/
配給:ユナイテッド・ピープル/監督:西倉めぐみ、高木ララ

ある5人の若者にスポットを当てたドキュメンタリー。性別も年齢も生きてきた環境もバラバラな彼らの共通点は、日本人と外国人との間に生まれたハーフであるということ。彼らへのインビューを通じて、私たち日本人が普段知ることのない、ハーフとして日常生活を送る人々が抱える悩み、本音が明かされる。現代の日本における多様性とは一体何なのか。そして彼らは日々何を感じ、何も求め生きているのか、自身もハーフである女性監督2人が彼らの心の内に迫る。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-02-03 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「ニコンフォトコンテスト 2020-2021」作品募集開始

ニコンは、第38回目となる「ニコンフォトコンテスト 2020-2021」の作品募集を2020年10月22日より開始する。 同コンテストは、「世界中の写真愛好家が、... 続きを読む

ソニー、三者対話ライブ「trialog vol.10-クリエイターと社会のディスタンス-」を開催

ソニーは、黒鳥社のコンテンツ・ディレクター若林恵氏と次世代のクリエイターの育成を推進する「Sony Creators Gate」の取り組みとして、ニューノーマル時代に新たな価値を生... 続きを読む

「第23回文化庁メディア芸術祭」が開催

2020年9月19日~9月27日まで「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が開催される。会場は日本科学未来館(東京・お台場)で、入場料は無料。主催は第23回文化庁メディア芸術祭... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、第2回教育関係者向けオンライン無償セミナー「オンライン教育に変革をもたらすATEM Mini」を開催

ブラックマジックデザインは、2020年9月26日~27日の2日間にわたり、全国の教育関係者を対象に、最新の「オンライン教育」事情について、具体的な活用事例および活用術を紹介するオン... 続きを読む

[IBC2020]伊藤忠ケーブルシステム、オンラインイベント「Virtual IBC 2020」を開催

伊藤忠ケーブルシステム株式会社は、2020年9月16日~18日・24日~25日の5日間にわたり、同社が販売代理店となるベンダー各社協賛のもとオンラインイベント「Virtual IB... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 「スローカルチャー映画祭」が開催