PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え

News

Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え

2017-02-06 掲載

AppleのブラウザSafari上で、YouTubeの解像度オプションに2160pの4K解像度が表示されなくなっている問題が、昨年末あたりからApple公式のコミュニティサイトをはじめ、様々なブログなどでトピックとして浮上している。

Apple Safariは従来から、Google VPコーデックに対応しない唯一のブラウザだ。VP9はGoogleが開発する、オープンソースでロイヤリティフリーの動画圧縮コーデック。ここにきてYouTubeは、最近の4K動画をVP9のみでエンコードし、H.264でのエンコードを止めた。よって後者のみ対応できるSafari上では、YouTubeサイトから新しい4K動画に関して1440p以上で再生できなくなっている。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2017/02/170206_stat-1.jpg Apple新設本社の空撮動画(4K)の1月版。左はChrome上でMIMEタイプがVP9フォーマットであることがわかる。右はSafari上で、mp4となっている
※画像をクリックすると拡大します

Appleは、H.264やHEVC/H.265パテントプールにおいて特許所有社の1社である。H.264ランセンスの利用料は2010年来、MPEG関連特許のライセンス業務を一括して取り扱うMPEG-LAが、インターネット動画のユーザ向け配信対象に永久無料化にしている。しかし、HEVCはライセンスの利用料がかかる。Googleは2014年以来、有償のHEVC仕様に代わるオープンでロイヤリティフリーのVP9を推進してきたが、Appleが推進してきた他フォーマットによる4K動画の提供を、YouTubeサイトから止めるような挑発的な動きは見せていなかった。

Google側は、Appleの故スティーブ・ジョブズCEOが「WebM(VP8)」の発表時に不支持を出した背景を、未だ不快に抱いている感がある。AppleがオープンソースのVP9に対応しない限り、Macプラットフォーム上でYouTube動画を2160pネイティブで再生する場合、ほかのブラウザを使うほか手立てはないようだ。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-02-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

米Apple、オリジナルコンテンツ制作に10億ドルを投資。Amazon、Netflixと競合戦略を強化

米Appleは、今後12ヶ月でオリジナルコンテンツ制作に約10億ドルを投資する計画があるという。AmazonやNetflixといったオリジナル番組を提供するビデオ配信サービスを意識... 続きを読む

[NAB2017]Google JUMP技術採用VRカメラ「YI HALO」が一般初公開

小米の関連企業でもある、米YI Technologyは、Google Jumpソフトウェアフレームワークを組み込んだVRカメラ「YI HALO」をNAB2017にて発表した。YIブ... 続きを読む

Google Photo、新バージョンでスタビライズ処理機能を搭載

先週4月13日にリリースされたGoogle Photoアプリの新バージョン2.13に、収録したビデオのスタビライズ処理ができる機能が搭載された。ローカルにあるビデオの編集時に、ペン... 続きを読む

YouTube、一部の米国都市でテレビ放送をモバイル端末で視聴できる月額定額サービス「YouTube TV」をスタート

YouTubeは、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコベイエリア、シカゴ、フィラデルフィアなどのエリアを対象に、テレビ放送をモバイル端末で視聴できる月額定額サービス「You... 続きを読む

米Apple新社屋「Apple Park」、4月から従業員入居開始

Appleが長年、175エーカー(約70.8万平方メートル)の広大な面積に建設を進めていた「宇宙船」新社屋が、いよいよ今年グランドオープンする。Appleは新社屋を「Apple P... 続きを読む

トップ > ニュース > Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え