PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え

News

Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え

2017-02-06 掲載

AppleのブラウザSafari上で、YouTubeの解像度オプションに2160pの4K解像度が表示されなくなっている問題が、昨年末あたりからApple公式のコミュニティサイトをはじめ、様々なブログなどでトピックとして浮上している。

Apple Safariは従来から、Google VPコーデックに対応しない唯一のブラウザだ。VP9はGoogleが開発する、オープンソースでロイヤリティフリーの動画圧縮コーデック。ここにきてYouTubeは、最近の4K動画をVP9のみでエンコードし、H.264でのエンコードを止めた。よって後者のみ対応できるSafari上では、YouTubeサイトから新しい4K動画に関して1440p以上で再生できなくなっている。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2017/02/170206_stat-1.jpg Apple新設本社の空撮動画(4K)の1月版。左はChrome上でMIMEタイプがVP9フォーマットであることがわかる。右はSafari上で、mp4となっている
※画像をクリックすると拡大します

Appleは、H.264やHEVC/H.265パテントプールにおいて特許所有社の1社である。H.264ランセンスの利用料は2010年来、MPEG関連特許のライセンス業務を一括して取り扱うMPEG-LAが、インターネット動画のユーザ向け配信対象に永久無料化にしている。しかし、HEVCはライセンスの利用料がかかる。Googleは2014年以来、有償のHEVC仕様に代わるオープンでロイヤリティフリーのVP9を推進してきたが、Appleが推進してきた他フォーマットによる4K動画の提供を、YouTubeサイトから止めるような挑発的な動きは見せていなかった。

Google側は、Appleの故スティーブ・ジョブズCEOが「WebM(VP8)」の発表時に不支持を出した背景を、未だ不快に抱いている感がある。AppleがオープンソースのVP9に対応しない限り、Macプラットフォーム上でYouTube動画を2160pネイティブで再生する場合、ほかのブラウザを使うほか手立てはないようだ。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-02-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アップル、MacへのAppleシリコン搭載を発表

アップルは、自社製シリコンをMacに搭載することを発表した。デベロッパは今すぐアプリケーションの更新を開始し、MacのAppleシリコンが持つ能力を活用できるとしている。今回の移行... 続きを読む

アップル、ホーム画面をカスタマイズ可能なiOS 14のプレビューを発表

アップルは、iOS 14のプレビューを発表した。iOS 14のデベロッパ向けプレビューは、Apple Developer Programのメンバー向けにdeveloper.appl... 続きを読む

アップル、新デザインの「macOS Big Sur」を発表

アップルは、デスクトップオペレーティングシステムの最新版「macOS Big Sur(ビッグサー)」をプレビューした。macOS Big Surのデベロッパ向けベータ版は6月23日... 続きを読む

アップル、16インチMacBook Proに新しいグラフィックス構成を追加

アップルは、16インチMacBook Proに強力な新しいグラフィックス構成を追加し、Mac Proに新しいSSDキットを追加した。 ■16インチのMacBook Pro... 続きを読む

YouTube、720pをHD定義から外す

YouTubeのHTML5ビデオプレイヤーにある720p設定からHDのタグが消えていることに気が付かれただろうか?YouTubeのプレイヤーでは、一般的に“FHD(フルHD)”とし... 続きを読む

トップ > ニュース > Apple Safari、YouTubeの4K動画再生非対応に。YouTube、4K VP9エンコードのみに切り替え