PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > AOI Pro.、手を引かれて歩く旅行体験VRコンテンツ「WONDERFUL WORLD-VR Private Tour」の試作版を発表

News

AOI Pro.、手を引かれて歩く旅行体験VRコンテンツ「WONDERFUL WORLD-VR Private Tour」の試作版を発表

2017-03-22 掲載

株式会社AOI Pro.は、人に手を引かれながら世界や日本を散策する体験が可能なVRコンテンツ「WONDERFUL WORLD–VR Private Tour」の試作版を発表した。

同コンテンツは、VR Dream Match Baseballに続き、同社が手がけるVRコンテンツ第2弾で、世界や日本の各地を、案内役の人物に手を引かれながら散策する体験が可能。360°実写映像と立体音響による臨場感、体験者が実際に行う「歩く」動作、触ることができる「手」、風やミストの「体感」がシンクロすることにより没入感を実現。試作版では、関東地方のとある場所を女性に案内され、散策する。

自然に足を運ぶ歩行体験にするため、筑波大学システム情報系 岩田洋夫教授による歩行装置「トーラストレッドミルmini」を開発に活用。手(誘導アクチュエータ)を握ることで安定して歩行が行えるようになり、ハーネスも安全柵も不要のVR歩行装置を実現。なお誘導アクチュエータ、体感装置、歩行装置を組み合わせて映像にシンクロさせるVR体験システムは、日本初の試みとなる。

同コンテンツでは、「手」「風」「ミスト」の体感装置の開発とプログラム制御に有限会社プロトタイプ、映像と立体音響の実装にグループ会社である株式会社デジタル・ガーデンからそれぞれ協力を得ている。また、360°映像撮影の監修は国際VR/AR製作スタジオNOMAから、撮影から編集までのテクニカルサポートはグループ会社の株式会社TYOテクニカルランチが開発に携わっている。ヘッドマウントディスプレイには着用者の視線を追跡可能なFOVEを採用し、開発段階からFOVE,Inc.の協力により体験者の行動と反応をモニタリングしている。

ベルトコンベアを複数並べることで縦、横、斜めなど全方向の動きを再現できる歩行装置

同社は今後、商業施設、旅行会社、国内外航空会社、各国観光局、観光協会、各都道府県アンテナショップなどでの活用を見据えており、体験とデータを使用して検証を行い、実用に向けた開発を進めていくとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-03-22 ]
[ TAG : ]

関連する記事

マンフロット、360°VR撮影サポート機材を発売

MBASEPROVR VR撮影サポートレベリングベース S マンフロット株式会社は、360°VR撮影サポート機材としてベース3モデル、エクステンションブーム3モデルを2018... 続きを読む

玄光社、「360度VR動画メイキングワークフロー」を発売

株式会社玄光社は、ムック「360度VR動画メイキングワークフロー」(著者・監修:染瀬直人)を2018年1月22日に発売開始した。A4変型判、136ページで、定価は税別3,000円。... 続きを読む

AOI TYO Holdings、スパイラル・ベンチャーズ「アジア事業創造ファンド1号」に出資

AOI TYO Holdings株式会社は、アジア市場における事業の拡大を目的に、SPIRAL VENTURES ASIA FUND I「アジア事業創造ファンド1号」に対して500... 続きを読む

Apple、AR・VR技術スタートアップVrvanaを3,000万ドルで買収。独自のデバイス開発に拍車

Appleが、カナダにベースを置く新興企業Vrvanaを買収したことが、米報道より明らかになった。買収金額は3,000万ドルと言われている。 VrvanaはVRとARに特化し... 続きを読む

Facebook、VRヘッドセットモデルをスタンドアロン式へ拡張

Facebookは米カリフォルニアで10月11日に開催されたOculus Connect 4にて、スタンドアロン型のVRヘッドセットシステム2種を発表した。 価格が199ドル... 続きを読む

トップ > ニュース > AOI Pro.、手を引かれて歩く旅行体験VRコンテンツ「WONDERFUL WORLD-VR Private Tour」の試作版を発表