PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー業務用カメラなど、ファームウェアのアップデートでHDR能力を拡大

News

ソニー業務用カメラなど、ファームウェアのアップデートでHDR能力を拡大

2017-04-03 掲載

ソニー社ホワイトペーパー「“SR Live for HDR” とは」より引用

ソニーは、ハイダイナミックレンジ(HDR)機能向上を目的に、カメラシステム、サーバ、 モニターのファームウェアのアップデートをリリースする。ソニーが提唱する、4K HDR/HD SDRのサイマルライブ制作のためのワークフローおよび技術「SR Live」、そして4K HDR映像を効率的なワークフローで制作する「SR Live for HDR」を確立させていくもの。

■カメラシステム
HDC-4800、HDC-4300およびHDC-P43カメラシステムは、ファームウェアのアップグレードによりS-Log3およびBT.2020に対応、HD HDR機能が加わる。エントリレベルPXW-FS5とPXW-Z150は、ソフトウェアアップデートでHDR機能が加わり、HLGでの収録ができる(4K:XAVC 4:2:0 8ビット、HD:XAVC 4:2:2 10ビット)。FS5は、S-Log3に加えてHLGに対応。HLGモードによりBT.2020空間が有効になる。このモードはPXW-Z150でも使えるようになる。これらアップデートは今夏7月にリリースされる予定。

■サーバ
4Kライブサーバ「PWS-4500」はソフトウェアアップデート(V2.3)にて、HD S-Log3、HD HLG、4K HD PQに対応。

■モニター
HD OLEDマスターモニター「BVM-E171」新しい監視ライセンス「BVML-HE171」を搭載することでHDRに対応。また4K HDRレディのBVM-X300とPVM-X550でも同新ライセンスを追加することでHD HDRのモニタリングが可能になるという。さらに閲覧・ログツール「Catalyst Browse」でもHDRコンテンツを簡単に表示できるようになる。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-04-03 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、「Gマスターで撮る」 ポートレート撮影体験会を開催

最高峰の交換レンズと呼ばれる「Gマスター」とは? ソニーは9月20日、東京都中央区のスタジオで、同社最高峰の交換レンズシリーズ「Gマスター」を中心に使ったメディア向けのポート... 続きを読む

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ、ジッツオやマンフロットブランドの商品開発およびマーケティング活動の協業に合意

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(以下:ソニー)は、写真、ビデオなどのカメラアクセサリー機器の開発と販売を行うLino Manfrotto+Co.SpA社と、商品およ... 続きを読む

ソニー、民生用カムコーダー4Kハンディカム「FDR-AX700」を発売。4K HDR記録対応、ファストハイブリッドAFシステムを採用

ソニーは、1.0型積層型CMOSイメージセンサーを搭載したデジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム「FDR-AX700」を2017年10月13日に発売する(予約販売開始は9... 続きを読む

ソニー、4K HDR記録対応のNXCAMカムコーダー「HXR-NX80」を発表

ソニーは、1.0型積層型CMOSイメージセンサーを搭載した4K HDR対応のNXCAMカムコーダー「HXR-NX80」を2017年12月上旬に発売する。希望小売価格はオープン、市場... 続きを読む

ソニー、4K HDR記録対応、1.0型積層型CMOSイメージセンサー搭載のXDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z90」を発表

ソニーは、1.0型積層型CMOSイメージセンサーを搭載したXDCAMメモリーカムコーダー「PXW-Z90」を2017年12月上旬に発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー業務用カメラなど、ファームウェアのアップデートでHDR能力を拡大