PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > キヤノン、期間限定カフェ「EOS M6 CAFE」の発表会を開催

News

キヤノン、期間限定カフェ「EOS M6 CAFE」の発表会を開催

2017-04-21 掲載

キヤノンは、東京・渋谷の渋谷シティラウンジにカメラとファッションをテーマにした「EOS M6 CAFE」を4月20日から5月18日の期間限定でオープンした。カフェには、6人のファッショニスタがEOS M6使って撮ったプライベート写真の展示が行われていたり、EOS M6体験コーナーやボディカラーをイメージしたオリジナルメニューの食事が楽しめるようになっている。オープン前日に内覧会が行われたので、その様子を紹介しよう。

カジュアルな人たちにもキヤノンのカメラを使ってほしい

キヤノンがなぜ渋谷でカフェなのか?期間限定でEOS M6 CAFEをオープンと聞いて、驚いた人も多いと思う。キヤノンは全世界で8,000万台以上のカメラを出荷しているが、キヤノンのカメラをまだ使ったことのない層がいるとキヤノンマーケティングジャパンの相川弘文氏は今回のプレスイベントの挨拶でこのように語った。キヤノンのカメラを知らない人たちにキヤノンのカメラをを知ってほしい。そこで、ファッションの街・渋谷のカフェを使ったアピールを考えたと経緯を紹介した。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 イメージコミュニケーション企画本部 本部長 相川 弘文氏

また、EOS M6のもっとも大きな特徴といえば、デジカメらくしないクラシックなデザインの採用だ。その特徴的なデザインは、30代から40代の男性をターゲットとして昔のフィルムカメラのようなクラシカルなデザインを狙って実現をしたとキヤノンの国井智和氏が語った。EOS M6のボディカラーはシルバーとブラックの2種類でシルバーがメインカラーとなっている。

EOS M6の説明を行うキヤノン株式会社 カメラマーケティング部 国井智和氏 まるでフィルムカメラのようなデザインを採用。このデザインは「フューチャークラシックデザイン」と呼ばれるもので、シルバーとブラックの2色が用意されている

5年たっても10年経っても古さを感じさせない

プレス発表会では、ファッション業界をリードする6人のファッショニスタがEOS M6を使った感想を語るトークセッションも行われた。BEAMSメンズプレスの安武俊宏氏は、「EOS M6ならばSNSに素早く写真をアップしたいときでもWi-Fiを通じて携帯電話転送できるのが便利」と使い勝手の良さを紹介した。ノースフェイスの田中博教氏は、「EVFは撮っているというライブ感があるので必須だ」という。スタイリストの原田学氏は、「5年たっても10年経っても古さを感じさせない、長く使えるカメラ」とEOS M6のデザインを良さを語った。

6名のファッショニスタ。左から 1LDK ディレクター 三好良氏、アネアデザイン代表 横町健氏、BEAMS メンズ プレス 安武俊宏氏、MT inc.プレス 三浦由貴氏、Gノースフェイス 田中博教氏、スタイリストの原田学氏

一方、EOS M6 CAFEの店内では、6人のファッショニスタがEOS M6を使って日々の生活や仕事で撮った写真の展示も行われている。カフェの中央の上部に設置されているので、こちらもぜひ注目をしてほしい。

6名のファッショニスタがEOS M6を使ったプライベートで撮影した写真の展示も必見 カフェの中央のタッチ&トライコーナーには装飾が被写体として用意されている。こちらのプロデュースはスタイリストの原田氏が手がけたもの

キヤノン歴代モデルの展示も必見

カフェの店内には、EOS M6を体験できるタッチ&トライコーナーや、EOS M6 CAFEのオリジナルメニューとして宮崎県産の尾崎牛を使用した和牛ブラックカレーの食事が楽しめるようなっている。ブラックカレーは黒ゴマペーストとイカスミを入れてEOS M6のブラックボディーをイメージして作った一品。また、店内には、キヤノンの歴代モデルが一部展示されているコーナーも設けられている。クラシックカメラに興味のある人も、EOS M6 CAFEに足を運んみてはいかがだろうか。

目玉は「和牛ブラックカレー」。価格はウィークデイの11時から16時が税別1,000円。ウィークデイの16時から22時とウイークエンドの11時から22時が税別1,200円 カフェの中央にはタッチ&トライスペースのコーナーが設けられており、4月7日に発売をした電子ビューファインダー「EVF-DC2」をつけた状態でEOS M6を試すことができるようになっている 店頭には「歴代のクラシカルカメラ」というキヤノンのデザイン的なマイルストーンとなる機種の展示コーナーが設けられていた 右から世界初のCPU搭載のTTL AE一眼レフで世界的な大ベストセラーとなった「AE-1」、キヤノン初の35mm一眼レフカメラ「フレックス」、通産省の制定したグッドデザイン賞の第一回をカメラとして初めて受賞した「L1」を展示

[ Category : ]
[ DATE : 2017-04-21 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、EOSシリーズが9,000万台、EFレンズが1億3,000万本の累計生産数を達成

キヤノンは、同社のレンズ交換式カメラEOSシリーズの銀塩(フィルム)とデジタルの双方を合わせた累計生産数が、2017年9月20日に9,000万台を達成したことを発表した。また、EO... 続きを読む

キヤノン、4Kカメラに対応した映像制作用ズームレンズ群がテクノロジー&エンジニアリングエミー賞を受賞

キヤノンは、大判(スーパー35mm相当)センサーを搭載した4Kカメラに対応する映像制作用ズームレンズの開発が評価され、テレビ芸術科学アカデミー(ATAS:The Academy o... 続きを読む

システムファイブ、「キヤノンXF405/XF400デビューセミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2017年10月25日(水)に「キヤノンXF405/XF400デビューセミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム。協力... 続きを読む

キヤノン、「EOS 5D Mark IV」などの製品デザインが2017年度グッドデザイン賞を受賞

EOS 5D Mark IV キヤノンは、同社およびグループ会社の製品デザイン13件が「2017年度グッドデザイン賞」を受賞し、このうちデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D ... 続きを読む

キヤノン、EFシネマレンズ「CN-E70-200mm T4.4 L IS KAS S」の発売日が決定

キヤノンは、スーパー35mm相当サイズのセンサー搭載により4Kカメラに対応したCOMPACT-SERVOレンズシリーズの望遠レンズ「CN-E70-200mm T4.4 L IS K... 続きを読む

トップ > ニュース > キヤノン、期間限定カフェ「EOS M6 CAFE」の発表会を開催