PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [NAB2017]NTTエレクトロニクス、4K120fps対応HFR.HDRリアルタイム・コントリビューションエンコーダを参考展示

News

[NAB2017]NTTエレクトロニクス、4K120fps対応HFR.HDRリアルタイム・コントリビューションエンコーダを参考展示

2017-05-01 掲載

NTTエレクトロニクス社ブースでは、NTT研究所によるリアルタイム4K120fpsスケーラブルエンコード技術が参考出展され、ブースの表を飾っていた。ベースバンド信号を受ける放送向けリアルタイムHEVCエンコーダである。4K120fpsの映像データを田の字分割し、4つのNARA LSIで並列処理させることで、120fpsというフレームレートをリアルタイムでHEVC符号化処理が行えるようになる。

また、1つのLSIが1080p/30fpsの符号化を担う。複合化(デコード)処理は現在、汎用のPCに搭載したソフトウェアデコーダーでエンハンスメントストリームとベースストリームで受信した、圧縮されたビデオ情報を復号する。

ARIB規定によるスケーラブル参照構成を持ち、エンハンスドレイヤー(Enhanced Layer)とベースレイヤーの処理が行われるため、将来市場に出てくるHFR対応のテレビ受信機であればHFRで、また非対応のテレビ受信機であれば60fpsで再現可能となる仕組みだ。

同社ブースでは、ミニシアターで処理結果映像をプロジェクター投影が行われた。田の字のつなぎ目は全く違和感のない映像であった。

同技術は2月に開催されたNTT R&Dフォーラム2017でも公開されていた。NAB展示会場では、ハードウェアによる120fps処理するエンコーダー製品の展示は、NTTブースだけだった。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-05-01 ]
[ TAG : ]

関連する記事

パナソニック、「After NAB 2017 新製品発表会」を開催。CineGearで発表されたAU-EVA1も登場!

NAB以降発表の新製品が勢揃い パナソニック株式会社は、7月3日~4日の二日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原にてNAB2017に出展した新製品の内覧会「After NAB ... 続きを読む

シグマ、「After NAB Show 2017」の出展概要を発表。FF High Speed Prime Line各機種を展示

株式会社シグマは、2017年5月30日に大阪(グランフロント大阪)、6月1日・2日に東京(秋葉原UDX)で開催される「After NAB Show 2017」に出展する。 同... 続きを読む

RAID、「RAID After NAB 2017」を開催

RED Digital Cinema社「WEAPON 8K S35」 株式会社小輝日文グループの株式会社RAIDは、港区芝浦にある同社にて6月8日~9日の二日間「RAID A... 続きを読む

[NAB2017]NASA、史上初・宇宙からライブで4K映像を伝送。NABライブビューイングを成功

1,700社以上の出展社に103,000人という昨年よりも多い来場者数を記録した今年のNABshowでは、放送業界において超高解像度映像の魅力を引き出す技術や、これらに対応できる次... 続きを読む

Video Edge、2017 NAB Best of Show Awardを発表

NewBay Mediaのブロードキャスト・ビデオ部門が発行するメディア情報Video Edgeによる「2017 NAB Best of Show Award(ベストオブショーアワ... 続きを読む

トップ > ニュース > [NAB2017]NTTエレクトロニクス、4K120fps対応HFR.HDRリアルタイム・コントリビューションエンコーダを参考展示