PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [NAB2017]NTTエレクトロニクス、4K120fps対応HFR.HDRリアルタイム・コントリビューションエンコーダを参考展示
News

[NAB2017]NTTエレクトロニクス、4K120fps対応HFR.HDRリアルタイム・コントリビューションエンコーダを参考展示

2017-05-01 掲載

NTTエレクトロニクス社ブースでは、NTT研究所によるリアルタイム4K120fpsスケーラブルエンコード技術が参考出展され、ブースの表を飾っていた。ベースバンド信号を受ける放送向けリアルタイムHEVCエンコーダである。4K120fpsの映像データを田の字分割し、4つのNARA LSIで並列処理させることで、120fpsというフレームレートをリアルタイムでHEVC符号化処理が行えるようになる。

また、1つのLSIが1080p/30fpsの符号化を担う。複合化(デコード)処理は現在、汎用のPCに搭載したソフトウェアデコーダーでエンハンスメントストリームとベースストリームで受信した、圧縮されたビデオ情報を復号する。

ARIB規定によるスケーラブル参照構成を持ち、エンハンスドレイヤー(Enhanced Layer)とベースレイヤーの処理が行われるため、将来市場に出てくるHFR対応のテレビ受信機であればHFRで、また非対応のテレビ受信機であれば60fpsで再現可能となる仕組みだ。

同社ブースでは、ミニシアターで処理結果映像をプロジェクター投影が行われた。田の字のつなぎ目は全く違和感のない映像であった。

同技術は2月に開催されたNTT R&Dフォーラム2017でも公開されていた。NAB展示会場では、ハードウェアによる120fps処理するエンコーダー製品の展示は、NTTブースだけだった。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-05-01 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [NAB2017]NTTエレクトロニクス、4K120fps対応HFR.HDRリアルタイム・コントリビューションエンコーダを参考展示