PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > アクションカメラ初、4K60pを実現する「YI 4K+」が登場

News

アクションカメラ初、4K60pを実現する「YI 4K+」が登場

2017-06-06 掲載

GoProに取って代わろうとするアクションカメラのラインアップが増え続けている中、YI Technologyより、GoPro HERO5 Blackの4K30pを凌ぐ4K60p対応のアクションカメラYI 4K+が発売された。今年初めに開催された家電祭CES2017にて発表されたもの。プロセッサにAmbarella H2 chipsetを採用したことで4K60pの撮影が可能になった。H.264ビデオを最大135MB/sで撮影する。1920×1080で120fpsのハイスピード撮影も実現する。

イメージセンサーはソニーのExmor R 12メガピクセルのCMOS裏面照射センサーを採用。7層ガラスレンズで、視野角は155°、絞りF2.8、f=2.66±5%mmとなっている。

カメラ内3軸ジャイロスコープと3軸加速度スタビライゼーションを装備、そしてRAWで静止画の撮影が可能。電子式カメラ内手ぶれ補正(4K30fpsまで)、魚眼レンズ独特のゆがみを補正する機能も4Kから継承されている。GoPro HERO5と同様「Take Photo」や「Start and Stop Recording」「Turn Off」といった、ボイスコントロールも今後のファームウェアバージョンアップで可能になる。また今後のファームウェアアップグレードでカメラから直接ライブストリーミング配信が行えるようだ。

2.2インチ「Retina」タッチスクリーン。USB端子がType-Cになり、データ転送速度は4Kモデル比2倍の速度40MB/sとなった(GoPro HERO5は15MB/s)。筐体は防水、防塵、防塵構造ではないため、ハウジングが用意されている。

GoPro用のアクセサリを併用できることで、GoProからの乗換えもスムーズだ。価格は本体とハウジングがついて339.98ドル前後。Amazon.comで日本からの注文も受け付けている。

YI 4Kと同じサイズの4K+であるため、時速120㎞を誇るドローンEridaにマウント可能となっている。

(ザッカメッカ)


[ Category : ]
[ DATE : 2017-06-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

GoPro、カメラ技術をジェイビルにライセンス提携。GoPro技術がさらに多くのデバイスに投入

GoProは、センサーメーカーのJabil(ジェイビル)と、カメラレンズおよびセンサー技術を幅広い製品に使用できる、複数年ライセンス契約をした。JabilはGoProのリファレンス... 続きを読む

GoPro社の行方。アクションカメラ販売不振、Karma失敗、そして人員削減

1月も終わりに近づいてきたが、GoPro社株価の続落に歯止めがかからない。GoProは投資家たちに、ドローン事業に終止符を打ち、20%の雇用(250人)をカットする方針を伝えた。2... 続きを読む

アスク、「ワイヤレス同期撮影ワークフロー紹介セミナー」を開催。Timecode Systems製品とGoProを使用したマルチカメラ同期撮影ソリューションなどを紹介

株式会社アスクメディア&エンタープライズ事業部(ASK M&E)は、2018年1月23~24日の2日間、「ワイヤレス同期撮影ワークフロー紹介セミナー」を開催する。会場は東京都・千代... 続きを読む

GoPro、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能な「Fusion」を発表

GoProは、防水仕様の5.2K全天球カメラ「Fusion」を発表した。米国での販売価格は699.99ドル。日本国内での発売時期・価格は未定。 Fusionは、360°コンテ... 続きを読む

GoPro、4K60p、1080p240対応の「HERO6 Black」を発売

GoProは、4K60p、1080p240のビデオスタビライゼーション「HERO6 Black」を2017年9月25日に発売開始した。希望小売価格は税込59,000円。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > アクションカメラ初、4K60pを実現する「YI 4K+」が登場