PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ジャパンマテリアル、デジタルサイネージプレイヤーBrightSignシリーズ専用のスマートフォンアプリを発表

News

ジャパンマテリアル、デジタルサイネージプレイヤーBrightSignシリーズ専用のスマートフォンアプリを発表

2017-06-07 掲載

ジャパンマテリアル株式会社グラフィックスソリューション事業部は、同社が取り扱う米国BrightSign社開発のデジタルサイネージプレイヤーBrightSignシリーズ専用のスマートフォンアプリ「スマピクス」をリリースした。同アプリはiOSのみの対応となる。

スマートフォンからコンテンツのアップロードや更新が行える

スマピクスは、スマートフォンで撮影した写真をサイネージのコンテンツとしてアップロードや更新が行えるスマートフォンアプリ。スマピクスで選択した画像は、HTMLファイルとしてアップロードされる。BrightSignのオーサリングソフトウェアBrightAuthorのゾーン機能を使用して、フル画面表示や画面分割表示などのレイアウトを自由に設定し、アップロードされたHTMLファイルを表示可能。また、ライブフィード機能でTwitterなどのテキストを表示し、リアルタイムでより効果的なサイネージを実現できるとしている。最大50枚の画像を選択し、BrightSignによるサイネージに切替表示ができ、画像表示切替間隔(秒)も設定可能。また、FTPファイル転送可能なWebサーバーにも対応している(ユーザーは別途Webサーバーの準備が必要)。スマピクスの詳細と無償ダウンロードはこちらより。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-06-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ジャパンマテリアル、MuxLab社との業務提携を開始

ジャパンマテリアル株式会社は、カナダ・MuxLab(マックスラボ)社製品の取扱いを開始したことを発表した。 MuxLabは、ビデオ・放送・オーディオ関連機器を製造しており、商... 続きを読む

麻布プラザがKarisma RDLを使用して番組編集を開始

ジャパンマテリアル株式会社によると、麻布プラザが番組編集に関わる多くの人々の労働時間改善の一環としてKarisma RDLシステムを採用したという。 Karisma RDLは... 続きを読む

[InterBEE2017]ジャパンマテリアルブース:Matrox、VRi、BrightSignなどのデジタルサイネージ、エンコーダー製品を幅広く展示

ジャパンマテリアルブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブ... 続きを読む

[InterBEE2017]ジャパンマテリアル、InterBEE 2017の出展概要を発表。4K対応マルチチャンネル・エンコーダー「Matrox Maevex6150」などの同社取扱い製品を多数展示

※写真は昨年の様子 ジャパンマテリアル株式会社は、2017年11月15日から17日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2017」に出展す... 続きを読む

ジャパンマテリアル、BrightSign内蔵のタッチディスプレイ「AVNU BrightSign Built-inシリーズ」を発売

ジャパンマテリアル株式会社グラフィックスソリューション事業部は、米国AVNU社が開発した、デジタルサイネージプレーヤーBrightSign内蔵のタッチディスプレイ「AVNU Bri... 続きを読む

トップ > ニュース > ジャパンマテリアル、デジタルサイネージプレイヤーBrightSignシリーズ専用のスマートフォンアプリを発表