PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > パナソニック、LUMIX DC-GH5が「4:2:2 10bit ALL-I記録」や「4K HDR動画撮影」に対応する新ファームウェアを発表

News

パナソニック、LUMIX DC-GH5が「4:2:2 10bit ALL-I記録」や「4K HDR動画撮影」に対応する新ファームウェアを発表

2017-08-31 掲載

パナソニック株式会社は、同社のデジタル一眼カメラ「LUMIX DC-GH5」に、「LUMIX Tether」や、「4:2:2 10bit ALL-I記録」「4K HDR動画撮影」などの機能に対応するファームウェアバージョン2.0のダウンロードサービスを2017年9月下旬より同社Webサイトにて公開する。

■PCからカメラの制御制御が可能になる「LUMIX Tether」

「LUMIX Tether」は、PCとカメラをUSB接続する新たに対応するカメラ制御PCソフト。シャッターレリーズのほか、絞り、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、フラッシュなどの各設定をPC上で行えるようになり、スタジオなど撮影現場でのワークフローをサポートする。

■1フレーム単位で圧縮する「4:2:2 10bit ALL-I記録」に対応

「4:2:2 10bit ALL-I記録」は、1フレーム単位で圧縮するイントラフレーム方式と呼ばれる記録モード。特に4K記録時には最大約400Mbpsの高ビットレート記録を実現する。

▶︎ALL-I動画記録モード表

■明るい部分の階調も肉眼に近い状態で再現する「4K HDR動画記録に対応」に対応

HDR(High Dynamic Range)動画記録は、暗部の階調を表現しながら明るい部分の階調も再現できる技術。これまでのSDR(Standard Dynamic Range)動画では再現できなかった太陽や空、光線の反射などの被写体でも、黒潰れと白飛びを抑えた肉眼に近い階調の映像を記録することが可能になる。

▶︎4K HDR対応フォーマット一覧

このほかにも、有効画素数約18メガの4:3画角で動画撮影できる「高解像アナモフィックモード」を追加。従来のアナモフィックモードよりもさらに高精細なシネマスコープサイズの映像の記録に対応。また、アナモフィックレンズを使用した撮影中にシネマスコープサイズ相当に引き伸ばした状態を画面上で確認できる「アナモフィックデスクイーズ表示」機能を追加した。

▶︎アナモフィック動画記録モード表


[ Category : ]
[ DATE : 2017-08-31 ]
[ TAG : ]

関連する記事

KPI、MOVCAM「パナソニックGH5用ケージキットブラック」を発売

株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)は、同社が取り扱うMOVCAMの新製品としてパナソニック社製GH5用ケージキットブラックの受注を2017年10月12日に開始し... 続きを読む

[IBC2017]パナソニック、IBC 2017出展概要を発表。「スタジオソリューション」「プロダクション」「ライブプロダクション」の3つのエリアで提案

コンパクトシネマカメラ「AU-EVA1」 パナソニック株式会社は、2017年9月15日~19日にオランダ・アムステルダムのRAIセンターで開催中の「IBC 2017」に出展し... 続きを読む

パナソニックとNTTグループ、野外「高臨場感パブリックビューイング」を実施

パナソニックとNTTグループ4社は9月16日、大阪市立吹田サッカースタジアムで開かれるイベント「吹田スタジアムフェスタ2017」(主催:株式会社ガンバ大阪、吹田市)にて、ガンバ大阪... 続きを読む

システムファイブ、「5.7Kコンパクトシネマカメラ!パナソニックAU-EVA1デビューセミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2017年9月22日(金)に「5.7Kコンパクトシネマカメラ!パナソニックAU-EVA1デビューセミナー」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR... 続きを読む

パナソニック、Thunderbolt 3採用のexpressP2ドライブ「AU-XPD3」の発売日が決定

パナソニック株式会社は、Thunderbolt 3を採用したexpressP2ドライブ「AU-XPD3」の発売日が2017年9月20日に決まったことを発表した。以前、ソフトウェア修... 続きを読む

トップ > ニュース > パナソニック、LUMIX DC-GH5が「4:2:2 10bit ALL-I記録」や「4K HDR動画撮影」に対応する新ファームウェアを発表