PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルム、小型・軽量ボディの4K対応放送用ズームレンズ「FUJINON UA24×7.8BERD」を発表

News

富士フイルム、小型・軽量ボディの4K対応放送用ズームレンズ「FUJINON UA24×7.8BERD」を発表

2017-09-06 掲載

富士フイルム株式会社は、全長約220.5mm、質量約1.98kgの小型・軽量4K対応放送用レンズ「FUJINON UA24x7.8BERD」(以下:UA24x7.8)を2018年1月に発売する。希望小売価格はオープン。

UA24x7.8は、広角7.8mmから187mmの焦点距離をカバーする24倍高倍率ズームを搭載したポータブルズームレンズ。小型・軽量ボディのため、4Kカムコーダーとの組み合わせによる肩担ぎスタイル撮影の負担を軽減するとしている。同社独自の多層コーティング処理HT-EBC(High Transmittance Electron Beam Coating)により、光の透過率や色再現性を高め、また、画面周辺の解像力低下と各種収差を抑制しているため、よりHDRを活かした撮影が可能だという。9枚絞り羽根の採用により、円形に近い絞り形状を実現。

ズームやフォーカスの位置情報などのレンズデータを高分解能で出力できる16bitエンコーダーを標準装備しており、CG映像とライブ映像を合成するバーチャルスタジオなど、さまざまなシステムと連携可能。

なお、UA24x7.8は2017年9月14日から19日(現地時間)の期間中にオランダ・アムステルダムで開催される国際放送機器展示会「IBC2017」の同社ブース(ブースNo.12.B20)にて展示予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

富士フイルム、「FUJINON映像機器内覧会2018」を開催。これからの4K制作に向けた製品を一堂に展示

富士フイルム株式会社は、6月12日および13日の2日間、東京・青山にある青山テピアにて、レンズ製品を中心とした内覧会「FUJINON映像機器内覧会2018」を開催中だ。 同内... 続きを読む

[NAB2018]富士フイルム、NAB2018出展概要を発表。開発中の4Kズームレンズを参考展示

※写真は昨年の様子 富士フイルム株式会社は、2018年4月9日から12日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2018に出展する(セントラルホール/C7225)。同社... 続きを読む

富士フイルム、Xマウント対応のシネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」を発表

富士フイルム株式会社は、シネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」(以下:MKX18-55mm)と「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」(以下:MKX... 続きを読む

富士フイルム、ボディ内5軸・最大5.5段手ブレ補正機能を搭載した「FUJIFILM X-H1」を発表。フィルムシミュレーションに階調表現豊かな「ETERNA」モードを搭載

富士フイルム株式会社は、同社の「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-H1」(以下:X-H1)を2018年3月1日に発売する。希望小売価格... 続きを読む

[InterBEE2017]富士フイルムブース:MKレンズをENGやワンマンオペレーションスタイルで展示。待望のXシリーズ向けMKレンズも初公開

富士フイルムブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルム、小型・軽量ボディの4K対応放送用ズームレンズ「FUJINON UA24×7.8BERD」を発表