PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 「IBC2017」ARRI、Skypanelファミリーで最大サイズの「ARRI SkyPanel S360-C」を発表

News

「IBC2017」ARRI、Skypanelファミリーで最大サイズの「ARRI SkyPanel S360-C」を発表

2017-09-18 掲載

ARRIは、IBC 2017にてSkypanel LEDファミリで最大サイズを実現した「ARRI SkyPanel S360-C」を発表した。S360-Cの照射面は幅1280mm×高さ870mmで、幅645mm×高さ300mmの同社ミッドレンジモデル「ARRI SkyPanel S-60C」の約6倍を実現。ビーム角は105°でソフトで均一な光を提供する。

明るさは120,000ルーメン以上で、S60-Cと比較して4倍以上の明るさ。また、1,500ワットと消費電力が抑えられているが、4,000ワットのタングステンの柔らかいライトの2倍の明るさを実現。1ワットあたり80ルーメン以上のエネルギー効率で、最も環境にやさしいLEDソフトライトとしている。

出力やカラー調整を行うコントロールには、DMX、RDM、Art-Net、sACN、5ピンXLR、イーサネットをサポート。このほかにもワイヤレスDMXの内蔵も大きな特徴となっている。

SkyPanelは従来からLED前面の拡散パネルが変更可能だが、S360-Cでも引き続き変更可能。ライト、スタンダード、ヘビー、インテンシファイアを用意している。インテンシファイアはS360の輝度を50%向上させるもので、遠くまで明るくすることが可能だとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2017-09-18 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ARRIとRoberto Pintore、Orbiterブランドの永続的な共存に合意

ARRIとOrbiter Research/Roberto Pintoreは、両社でOrbiterブランドの共存を可能にする合意を発表した。 ARRIとRoberto Pin... 続きを読む

ARRI、Signature Primeレンズの全ラインナップ出荷を発表

ARRIは、LPLマウントラージフォーマット対応の「Signature Primeレンズ」全ラインナップの出荷を発表した。今回の出荷により全焦点距離すべてが利用可能となった。 ... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[NAB2019:ARRI]シネマ業界大注目のホットなカメラ「ALEXA Mini LF」を展示

ARRIブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Ch... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.02(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。Sonyブース、Tokinaブース、ARRIブース、Leitzブース、SHARPブースからお届けします... 続きを読む

トップ > ニュース > 「IBC2017」ARRI、Skypanelファミリーで最大サイズの「ARRI SkyPanel S360-C」を発表